Breakouts

Alloy.jsなら、eVarやMboxのタグ付けが不要に

Corey Spencer、Brandon Pack - アドビ

この数年にわたり、アドビが新しいテクノロジーを構築または取得する中で、AppMeasurement.js、mbox.js、at.js、DIL.js、Visitor.jsといった、多数のJavaScriptライブラリが使われるようになりました。それぞれに独自の強み、機能、歴史、関数、スキーマ、特徴、相互依存性があります。Adobe Experience Platform Launchでは、これらのライブラリの管理が可能な限り簡単になってはいるものの、単一のJavaScriptタグとライブラリにできないかと、何年にもわたり顧客から質問を受けてきました。 

やっとその日が来ました。新しいAlloy.jsを紹介します。チームの懸命な努力によって、現在のライブラリの優れた機能をすべて取り出し、Adobe Experience Platform、Adobe Analytics、Adobe Audience Manager、Adobe Targetをサポートする新しいライブラリを構築しました。単一のライブラリとビーコンが、ひとつの宛先に送信されて、マッピングされ、サーバーサイドのあらゆるアドビソリューションに送られます。そして、それはスタートにすぎません。

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。