ダウンロード
Adobe Photoshop 7.0.1アップデート
Adobe® Photoshop® 7.0.1アップデートはPhotoshop 7.0リリース後に発見された問題点を修正します。

7.0.1へのアップデートで修正される主な問題点は以下の通りです。

Targaファイルに含まれるアルファチャンネルの不透明度データは、以前のバージョンと同様に保存できるようになります。
カラー設定のカラーマネジメントポリシーが「オフ」に設定されている場合、他の編集作業が加えられない限り、変更の保存を確認しなくなります。
インキ総量は、以前のバージョンと同様、300%の初期設定になります。
JPEG形式で保存されたCMYKファイルの白色の領域がずれなくなります。
製品 Photoshop
バージョン 7.0.1
プラットフォーム Windows
リリース日 10/17/2002
ファイル名 ps701up-j.exe
ファイルサイズ 12.8MB

LZW圧縮したTIFFファイルは正確に記述されるようになります。
Photoshopで作成されたファイルと、 Microsoft Windows XPの自動サムネール生成との競合がなくなります。
「お気に入り」が開くダイアログボックスの中で正確に機能するようになります。
カスタムページレイアウトを使用中に不適当な形式のファイルを扱っても、ピクチャパッケージが動かなくなることがなくなります。
JPEGファイルにおけるメタデータの保存が改善されます。
KPT3のフィルタを適用してPhotoshopが動かなくなることがなくなります。
Intel Pentium III 使用のハードウェアとの互換性が改善されます。
サイズの大きい16ビットドキュメントを再サンプルしても、プログラムエラーは発生しなくなります。
レイヤー効果を含むファイルをPhotoshop 7.0で編集するとPhotoshop 6.0で開くことができないという問題が修正されました。
Photoshop(PSD)形式でファイルを保存する際、環境設定で「Photoshop形式で下位互換性を優先」を選ぶと、ファイル保存オプションの設定(Photoshop)のダイアログボックスで「互換性を優先」のチェックボックスが正確に指定されるようになります。
必要システム構成
Adobe Photoshop 7.0 Windows版

Intel® Pentium® III または4 クラスプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータ
Microsoft® Windows® 98 日本語版、Windows 98 Second Edition 日本語版、Windows Me 日本語版、Windows 2000(Service Pack 2)日本語版、Windows NT® 4.0(Service Pack 6a)日本語版、Windows XP 日本語版
128 MB 以上のRAM(Photoshop/ImageReady両アプリケーション起動の場合。192 MB 以上推奨)
350 MB 以上の空き容量のあるハードディスク(仮想ディスクには大容量のハードディスク推奨)
16 ビット以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード
800 × 600 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1024 × 768 以上推奨)
CD-ROM ドライブ

インストール方法
Windowsに「.exe」ファイルをダウンロードした後、ダウンロードした「.exe」ファイルをダブルクリックします。

ダウンロードに関するヘルプはこちらをごらんください。

Photoshop 7.0.1アップデートのインストール方法:
1. ウィルス対策ソフトウェアをすべて終了します。
2. Setup.exeファイルをダブルクリックします。
3. 画面上の指示に従います。 アップデートの対象となるアプリケーションが見つからない場合、Photoshop 7.0を再インストールし、アップデータを起動します。

ダウンロードサイト
ファイル名 ps701up.exe
ファイルサイズ 12.8MB
HTTP http://download.adobe.com/pub/adobe/photoshop/win/7.x/ps701up-j.exe
使用許諾契約書

お客様がAdobe Systems Incorporatedまたはその子会社(以下「アドビ」)の本ソフトウェアをダウンロードされることにより、お客樣には下記の使用許諾契約の諸条件に同意いただいたものとみなさせていただきます。 同意いただけない場合には、本ソフトウエアをダウンロードまたは使用することはできませんのでご注意ください。 ダウンロードまたはインストール後において特定のソフトウェアにエンドユーザ使用許諾契約の条件が別途付されている場合は、かかる条件がそのソフトウェアについて優先して適用されるものとします。

アドビのソフトウエア製品の輸出および再輸出は米国輸出管理規則により規制されており、キューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国への輸出および再輸出は許可されません。 さらに、アドビのソフトウェア製品は、TDO(Table of Denial Orders)、Entity ListまたはList of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者へ頒布することは許可されておりません。

アドビのソフトウェア製品をダウンロードすることにより、お客樣にはキューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、スーダンもしくはシリアまたはその他米国政府が輸出を禁ずる国の国民でないこと、TOD、Entity Listまたは List of Specially Designated Nationalsの取引禁止対象者リストの対象者ではないことを証していただきます。

本ソフトウエアが他のアドビ製品(以下「ホストソフトウエア」)との併用を予定している場合、アドビは本ソフトウェアを専らホストソフトウエアと併用するために使用できる非排他的な権利を許諾します。ただし、かかる許諾はお客様がホストソフトウエアの正規ライセンスを有していることを条件とします。 下記に定める規定を除き、本ソフトウエアの使用条件はホストソフトウェアの使用について適用されるアドビのエンドユーザ使用許諾契約の規定によるものとします。

保証の放棄:本ソフトウェアは現状有姿にてお客様に提供されるものです。 アドビおよびサプライヤーは、本ソフトウェアに関し明示または黙示を問わず何らの保証も致しません。特に、商品性、特定の目的に対する適合性または第三者の権利を侵害しない旨の保証は、一切行いません。 本項はお客様の法律上の権利行使を制限するものではありません。

限定責任:本ソフトウェアのインストールまたは使用に関連してお客様に直接的または間接的に発生する一切の損害(ハードウェア、他のソフトウェアの破損、不具合等を含む。また、通常損害、特別損害、結果損害を問わない)および第三者からなされる請求についてアドビまたはサプライヤーは一切責任を負担しません。 本項はお客様の法律上の権利行使を制限するものではありません。