Adobe XDの新機能

Adobe XDベータ版は定期的に更新していますので、新しい機能をぜひご確認ください。

Experience Design CC(ベータ版)v. 0.6

次世代のレイヤー

レイヤーに最新の機能性を導入。作業中のアートボードに関連するレイヤーのみハイライト表示されるので、必要なものがすぐに見つかり、パネルが整理され、作業を効率化できます。

再設計されたシンボル

XDに新しいシンボルが搭載されます。ダブルクリックするだけで、アイコン、ヘッダーとフッター、ボタン、その他のシンボルを編集でき、編集モードにする必要はありません。ドラッグ&ドロップでキャンバスに配置すれば、周囲のキャンバスの外観を変更することなく、デザイン全体で自動的に更新できます。

共有プロトタイプにコメントを追加

プロトタイプに直接コメントを書き込めるので、デザインに関するフィードバックを効率よく取得できます。プロトタイプの特定部分を対象とするコメントも、アートボード全体に対する総合的なフィードバックも作成可能です。

今後の計画

リリース公開前ですが、開発中の新機能をご紹介しています。
Adobe XDブログを見る ›

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.22

モバイルデバイスでのライブプレビュー

作成したモバイルデザインをスマートフォンやタブレット上でライブプレビュー。もちろん、設定したすべてのインタラクションを確認できます。デスクトップで加えた変更がすべてのプロトタイプに自動的に反映されるため、どのデバイスでも適切な画面サイズですぐに変更を確認できます。
アプリケーションを入手

選択範囲をズーム

アートボード上で範囲を選択してショートカットキー(Command + 3)を押せば、選択範囲にズームインできます。

新しいアニメーション

新しいトランジションをご利用いただけます。先月、「スライド」トランジションの名前を、アートボードの動きをより忠実に表す「プッシュ」に変更しました。今月は、その名のとおり「スライド」するトランジションが追加されています。

ユーザーフィードバックによる改善

Adobe XDの最新リリースでは、お客様のご要望に基づき、いくつかの機能強化をおこなっています。例えば、アートボードの垂直方向のスクロール、ピクセルグリッドの整合、および要素の縦横比の固定を指定するコントロールがプロパティインスペクターに追加されています。

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.16

線形グラデーション

カラーピッカーを使って線状グラデーションの作成と編集をおこない、カンバス上のオブジェクトに適用することができます。

インスタントトランジション

アニメーションの効果を「なし」に設定すると、画面がイージングなしで即座に切り替わります。

Hexショートハンド

カラーピッカーでのHex(16進数)コードの入力に簡略形式を使用できます。例えば、「#AB」と入力するだけで「#ABABAB」を指定できます。

韓国語をサポート

Adobe XDには、韓国語版があります。

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.10

ズームツール

作品の特定の部分をズームインして、デザインをより詳細に表示できます。

PDFの書き出し

アセットやアートボードを個別または1つのPDFとして書き出して、共有できます。

スピーディなアートボードフロー

ターゲットリストから「前のアートボード」を選択して前の画面に戻り、プロトタイプをすばやく結び付けることができます。

既存のアセットの再利用

Bohemian Coding Sketch、Adobe InDesign CC、その他のアプリケーションから、アートワークをAdobe XDにコピー&ペーストできます。精度を維持したまま、テキストやベクターの編集を続けることができます。

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.6

ピクセルパーフェクトな測定

オブジェクト間の正確な距離が測定できるので、位置を完全に揃え、チームのメンバーに正確な寸法を伝えることができます。

ぼかし効果

特定のオブジェクトや背景全体をぼかすことで、デザインの焦点を変更できます。

プロトタイプの埋め込み

埋め込みコードを使用すれば、Behance、Dribbbleなど、任意のWebサイトでインタラクティブプロトタイプを共有できます。

テキストスタイルの機能強化

新しいテキストコントロールでは、テキストブロック全体ではなく、一部の文字についても個別にカラーを変更できます。

言語サポートの拡張

XDには、フランス語版、ドイツ語版、日本語版があります。

社内でのオンライン共有に対応

オンライン共有サービスを使用すれば、社内でAdobe XDプロトタイプのリンクを共有できます。

企業でのデプロイメントに対応

Creative Cloud Packagerツールを使用すれば、Adobe XDおよび定期的なアップデートを管理者が簡単にデプロイできます。

ユーザーフィードバックによる機能強化

新Adobe XDリリースではお客様のご要望に基づき、アートボードグリッドの改良などの機能強化をおこなっています。

今後の計画

リリース公開前ですが、開発中の新機能をご紹介しています。
XDブログを見る ›

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.4

正確なカラーコントロール

色相、彩度、輝度、アルファスライダーを使用するか、フィールドに直接値を入力して、カラーを特定できます。カラースウォッチを作成し、保存して、デザインで使用することもできます。

スクロール可能なアートボード

長いアートボードは、プレビューウィンドウでスクロールできます。また、共有プロトタイプでデザイン全体を表示することもできます。

テキストスタイルの機能強化

テキストコントロールが柔軟になり、テキストブロック全体ではなく、一部の文字のスタイルについても個別に変更できます。

ブールグループ編集

ブール演算を使用してオブジェクトグループを組み合わせれば、複雑なシェイプも簡単に作成できます。

アートボードの整列と割り振り

アートボードを基準にオブジェクトを整列、または複数のアートボードを相互に整列させ、カンバス全体に割り振ることができます。

フルスクリーンモード

共有プロトタイプは、フルスクリーンで表示し、全体像をつかむことができます。

ユーザーフィードバックによる機能強化

新Adobe XDリリースではお客様のご要望に基づき、Adobe Illustrator CCのシンボルとシャドウのコピー&ペースト機能、主要な機能のキーボードショートカットヒントなど、各種機能強化を追加しています。

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5.2

グリッドにスナップ

アートボード要素を描画、サイズ変更、移動する際に「グリッドにスナップ」機能を使用すれば、目標にぴったり収まり、時間の短縮と一貫性の維持に役立ちます。

テキストの機能強化

行間隔を調整できるので、テキストをデザインの構図にぴったり合わせることができます。

プロトタイプホットスポット

プロトタイプのホットスポットをハイライト表示して、インタラクティブ要素やクリック領域をわかりやすく示すことができます。

複数のURL

同じファイルから複数のURLを生成できるので、プロトタイプの複数のバージョンを関係者と共有することができます。

テキストのドラッグ&ドロップによる配置

テキストファイルをリピートグリッドにドラッグすれば、文字が入力された本物に近いデザインを作成できます。テキストがすべてのグリッドセルに自動的に入力されます。カンバスへのドラッグ&ドロップでも、テキストを配置できます。

ユーザーフィードバックによる機能強化

お客様のご要望に基づき、ファイルの保存機能、SVGの読み込み/書き出し、Illustrator CCからのコピー&ペースト、ファイルメニューにUIキット追加など、数多くの機能強化をおこなっています。

Experience Design CC(プレビュー版)v. 0.5

カスタマイズ可能な描画ツール

選択、長方形、楕円形、線、ペンツールを使用して、デザインを作成。プロパティインスペクターを使用して、シェイプを微調整できます。境界線のカラーと厚みを選択、塗りのカラーを追加、シャドウを適用、不透明度と回転を調整できます。
詳細を見る ›

ペンツール

ペンツールを使えば、簡単で効率的にシェイプを描画できます。カスタムパス、アンカーポイントの追加と削除、曲線と斜線パスの切り替えなどもすべて同じツールを使えます。
詳細を見る ›

スタイル指定テキストの追加ツール

テキストを簡単に作成、配置し、カラーとサイズを調整できます。
詳細を見る ›

レイアウト調整ツール

レイアウトツールでは、デザイン要素のグループ化、ロック、整列、割り振りができるほか、シェイプによるマスクと順序の並べ替え機能もあります。
詳細を見る ›

マルチスクリーンアートボード

アートボードを使用して、各種の画面とデバイス向けにデザインをレイアウトできます。プリセットサイズから選択することも、独自のサイズを定義することもでき、デザイン要素の配置が崩れることなく、アートボード間でコピーできます。
詳細を見る ›

特定のデバイス向けデザインツール

Adobe XDのUIキットには高品質のインターフェイス要素が入っているので、iOS、Google Material Design、Microsoft Windowsデバイス向けデザインが簡単に作れます。

リピートグリッド

連絡先リストやフォトギャラリーなど、デザイン内のアイテムを選択した後、オリジナルのスタイルと間隔を維持したまま、それを水平または垂直方向に何回でも複製できます。変更は、一度の更新ですべてに反映されます。
詳細を見る ›

最終アートワークの書き出し

iOS、Android、Web向けに、画像とデザインをPNG形式とSVG形式で書き出せます。
詳細を見る ›

PhotoshopとIllustratorの連携

Adobe Photoshop CCとIllustrator CCのアセットを、直接Adobe XDにコピー&ペーストできます。
詳細を見る ›

 

プロトタイプをビデオに録画

プレビューのクリック操作をMOVファイルに録画し、それをチーム内や関係先と共有できます。プロトタイプのリンクを生成して共有することもできます。
詳細を見る ›

インタラクティブなプロトタイプ

インタラクティブ機能、アニメーション、ジェスチャーを追加して、デザインのユーザーエクスペリエンスを正確にテストできます。デザインとプロトタイプの切り替えも、アプリケーション内で簡単にできます。
詳細を見る ›

プロトタイプ管理

プロトタイプは、Creative Cloudアカウントから簡単にアクセスでき、削除することもできます。サムネールをクリックして、公開リンクを開きます。チーム間で共有できるプロトタイプの数に上限はありません。