必要システム構成

Windows
  • SSE2をサポートする2GHz以上のプロセッサー(HDVまたはAVCHDの編集、およびBlu-rayまたはAVCHDの書き出しにはデュアルコアプロセッサーが必要、XAVC-SにはインテルCore i7プロセッサーが必要)
  • Microsoft Windows 7日本語版またはWindows 8日本語版(32-bit版は32-bitシステムに、64-bit版は64-bitシステムにインストールされます)
  • 2GB以上のRAM
  • 10GB以上の空き容量のあるハードディスク(コンテンツのダウンロードには、さらに5GB以上の空き容量が必要)
  • 1,024x768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(倍率100%時)
  • Microsoft DirectX 9または10互換のサウンドドライバーおよびディスプレイドライバー
  • DVD-ROMドライブ(CD作成には記録対応ドライブが必要)
  • DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7
  • Windows Media Player(Windows Mediaフォーマットの読み込み/書き出しに必要)
  • プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)およびコンテンツのダウンロードのためにインターネット接続*
Mac OS
  • インテルマルチコアプロセッサー(64-bit対応必須)
  • Mac OS X v10.8からv10.9
  • 2GB以上のRAM
  • 10GB以上の空き容量のあるハードディスク(コンテンツのダウンロードには、さらに5GB以上の空き容量が必要)
  • 1,024x768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(倍率100%時)
  • DVD-ROMドライブ(CD作成には記録対応ドライブが必要)
  • DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7
  • プロダクトアクティベーション(ライセンス認証)およびコンテンツのダウンロードのためにインターネット接続*

各国語バージョン

Windows
  • チェコ語
  • オランダ語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • ポーランド語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
Mac OS
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語
Adobe Premiere Elementsの主な対応ファイル形式:
AVCHD、Blu-rayディスク(書き出しのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、Dolby Digital Stereo、H.264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証を行う必要があります。ライセンス認証は、短時間で簡単に完了する無料の手続きです。

思い出いっぱいの写真とビデオをいつでもどこでも楽しみましょう。感動ムービーや写真の加工をすばやく完成させて、どこでも手軽に閲覧、共有。思い出をあらゆる形でどこにいても楽しめます。*

Photoshop Elements 13 & Premiere Elements 13
しばらくお待ちください...
Photoshop Elements & Premiere Elements 9,800 円 Photoshop Elements & Premiere Elements 14,800 円
不課税

期間限定のお得な特別価格をご用意しています。

お得な学生・教職員版をご用意しています。



*インターネット接続が必要です。本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)への連携またはアクセスが可能な場合があります。オンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー(www.adobe.com/go/terms_jpを参照)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。Adobe Revelでは、Elementsファイル形式の一部はサポートされていません。