生み出したのは、優れたテクノロジーと、優れたテクノロジー企業

Dr. Charles Geschke(チャールズ ゲシキー)
Dr. John Warnock(ジョン ワーノック)

Dr. ジョン ワーノックとDr. チャールズ ゲシキーは1982年にアドビを共同で創設しました。彼らが最初に手掛けたのは、自分たちが働きたいと思う会社をつくること。それは、競合他社よりも徹底的に革新と開発をおこなう会社であり、かつ、従業員が信頼と尊敬の念もって他人と接する文化がある会社ありました。ゲシキーの言う「前向きな考え方、抜け目のないマーケティング、タイミングと運の、比類のないコンビネーション」のおかげで、アドビは、デジタルコンテンツ制作および利用方法一変させるテクノロジー開発しました。

ワーノックとゲシキーが共有するビジョンと情熱、ひたむきな姿勢は、アドビが創設してから世界で最も称賛されている企業のひとつなるまで、大きな役割を担ってきました。業界を代表する製品、幅広いイノベーション強い財務体制だけでなく、企業責任果たす会社、働きたい会社として広く認められるようになりました。

ワーノックとゲシキーは現在、アドビ取締役会の一員として、これからのデジタル世界の創造を支援するアドビの未来に影響を与え続けています。


ニュースと受賞歴

Commonwealth ClubのLifetime Achievement Award(2016年)

 

従来の枠組みを超えた活動によりチャールズ ゲシキー受賞

National Medal of Technology and Innovation(2008年)

 

科学者、エンジニア、発明家に贈られるアメリカ最高の栄誉ひとつ

 

Association for Computing Machinery(ACM)のSoftware System Award(1989年)

 

Adobe PostScriptの開発により受賞

San Francisco Business Times紙(2016年)

 

チャールズ ゲシキー考える成功原則とは。Marconi Prize(2010年)

 

IEEE Computer SocietyのComputer Entrepreneur Award(2008年)

 

コンピューター業界における重要な技術的貢献が認められて受賞

 

American Philosophical SocietyAmerican Academy of Arts & SciencesおよびNational Academy of Engineeringのメンバー

ジョン ワーノック受賞 

チャールズ ゲシキー受賞

 

IT分野におけるノーベル賞に等しく、誰もが切望する年に1度の賞を受賞

 

American Electronics AssociationのMedal of Honor(2006年)

 

ソフトウェア会社の幹部として初めて受賞


注目の基調講演

イノベーションパートナー

数学科の学生だった頃からゼロックスパロアルト研究所での画期的業績、アドビの創設リーダーシップまで、ジョン ワーノックチャールズ ゲシキー歩んだこれまでの道のりご覧ください。


アドビの創業者達のタイムラインを見る


ビデオ

イノベーションとリスク

 

真新しいマーケット作るためには、リスクとってでも、従業員共に革新していくための力になるように。それはアドビ システムズ社の創業者達築き上げた文化によるものです。

社会におけるアドビの目的

 

社会的責任を果たすことは、アドビ文化では重要なことなっています。