Scott Belsky(スコット ベルスキー)

Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CPO(最高製品責任者)

スコット ベルスキーが最も重視していることは、「Creative Cloudをすべての人が使える創作プラットフォームにする」ということです。スコットは、Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CPOとして、Creative Cloud製品とサービス、Adobe Spark、Behance(1,000万人のクリエイターが集うアドビのコミュニティ)の製品管理とエンジニアリングを指揮しています。また、Creative CloudとDocument CloudのUI/UXデザインを担当するアドビのデザインチームの監督者でもあります。

 

2017年12月にアドビに入社する前は、米国サンフランシスコのBenchmarkでベンチャー投資家をしていました。彼がアドビに在職するのは、これが2回目です。最初は、2012年にアドビがBehanceを買収したときです。そのときはCreative Cloudのモバイル戦略を指揮しました。彼は2006年にBehanceを共同設立し、CEOを6年間勤めました。

 

長年にわたり、他のプロジェクトでクリエイター集団の編成をサポートし、支援してきました。携わってきたプロジェクトには99U、Behanceのクリエイティブシンクタンクとカンファレンス、ベストセラーとなった著書『Making Ideas Happen』などがあります。

アディダス、Pentagram、Pinterest、P&G、Facebook、米国連邦政府など、多くの大手企業や機関にも、デザインと製品管理に関する助言をおこなってきました。2010年には、Fast Companyの「ビジネス業界で最もクリエイティブな人々100人」に選出されました。

 

コーネル大学で学士号を取得し、ハーバードビジネススクールでMBAを取得しました。独立したプロのクリエイターのキャリアを支援するリファーラルプラットフォーム、Globalityの理事のほか、コーネル大学の起業家プログラムの諮問委員、クーパー・ヒューイット・スミスソニアン国立デザイン博物館の評議会の委員も務めています。



関連メディア

制作方法に変革を

 

オンラインで世界同時開催されたAdobe MAX 2021において、スコットは、共同作業の促進、イノベーションの推進、クリエイターとしてのキャリア形成の支援など、Creative Cloudがどのようにクリエイターの制作に貢献しているかを語りました。

ビデオを見る

スコットのブログ投稿

ブログを読む(英語)

新時代のクリエイティビティにふさわしい新しいバージョンのCreative Cloudの発売開始

Creative Cloudの新バージョンのリリースにより、クリエイターの共同作業の促進、イノベーションの推進、クリエイターとしてのキャリア形成の支援に貢献
詳細を見る(英語)

優れたインタラクションデザインにより信頼を構築する方法

アドビによるFrame.ioの買収が完了

 

詳細を見る(英語)

Announcing_Adobe_Substance_3d

次世代のクリエイティビティのためのツール Adobe Substance 3Dを発表

詳細を見る(英語)

Adobe IllustratorがiPadに対応

成長し続けるモバイルデザインツールが変革する、新しいクリエイティブワークフロー

 

詳細を見る(英語)


ビデオ

アドビ、MAX 2020クリエイティブカンファレンスで革新的な機能を発表(英語) 

スタートアップのための『Messy Middle』を使ったレッスン(英語)

コンテンツの信頼性(英語)

 


スコットとつながる

Twitterアイコン
LinkedInアイコン