Scott Belsky(スコット ベルスキー)

Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CPO(最高製品責任者)

スコット ベルスキーが最も重視していることは、「Creative Cloudをすべての人が使える創作プラットフォームにする」ということです。スコットは、Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CPOとして、Creative Cloud製品とサービス、Adobe Spark、Behance(1,000万人のクリエイターが集うアドビのコミュニティ)の製品管理とエンジニアリングを指揮しています。また、全アドビ製品のUI/UXデザインを担当するアドビのデザインチームの監督者でもあります。

2017年12月にアドビに入社する前は、米国サンフランシスコのBenchmarkでベンチャー投資家をしていました。彼がアドビに在職するのは、これが2回目です。最初は、2012年にアドビがBehanceを買収したときです。そのときはCreative Cloudのモバイル戦略を指揮しました。彼は2006年にBehanceを共同設立し、CEOを6年間勤めました。 

アディダス、Pentagram、Pinterest、P&G、Facebook、米国連邦政府など、多くの大手企業や機関にも、デザインと製品管理に関する助言をおこなってきました。2010年には、Fast Companyの「ビジネス業界で最もクリエイティブな人々100人」に選出されました。

もしアドビにいなければ、小説家になっていたかもしれません。


alt
カメラアイコン

 

 

 

次世代の創造性

スコットは、ロサンゼルスで開催されたAdobe MAX 2018で、クリエイターが作業をスピードアップし、創造性を解き放ち、新しいメディアを推進するために次世代のCreative Cloudがどのように役立つかを語りました。

ビデオを見る

ビデオ

スコットとつながる

Twitterアイコン
LinkedInアイコン