それぞれ違うデバイスのインターフェースに表示されている、スタイリッシュな赤、ピンク、紫のPDFデザイン。

ACROBAT

PDFを素早く作成する4つの方法

PDFを作成する様々な方法を学びましょう。

プロの仕事や大学関係、また、個人の設定において、PDFはどこにでも見られます。PDF(Portable Document Format)は、様々な理由により、最も広い範囲で好まれているファイル形式です。

 

クリーンで完璧な仕上がりは、プロの品質そのものです。Webページでも印刷物でも、最高の機能を発揮します。Eメールでの共有、Webページの保存、または最終的に印刷しても、美しく安心できるフォーマットで製品が仕上がります。PDF文書は、常にフォーマットとデザインを維持します。PDFはアクセスの容易さという点でも秀でています。どんなオペレーティングシステムでもどんなデバイスでも、表示及び共有ができます。 

こうした便利な機能で、PDFはデジタルと印刷物の世界をつないでいます。また、違う職務を担う人同士や、それぞれ違ったソフトウェアにアクセスする人々の間の、橋渡しともなっています。

幸いなことに、PDFを作成したり編集したりすることは、PDFを表示するのと同じくらい簡単です。自分のワークフローを向上させ、コミュニケーションをさらに高めるため、PDFの表示や編集、印刷だけでなく作成方法を学びましょう。このガイドでは、PDFを作成するためのすべてのメソッドとツールを説明します。自分のニーズ、目標、使いたいツールによって、適切な方法を選びます。

PDF作成ツールとは?なぜ便利なのか?

PDFをまっさらな状態や他のファイルから作成、変換、編集、共有するために使うアプリ、プログラム、プラグインはすべて、PDF作成ツールです。Adobe AcrobatにはPDFMakerという機能があり、Microsoft Office、AutoCAD、Lotus Notesなど、他のアプリケーションの中で作動します。Adobeにはこの他にも、 Acrobat、Acrobat Pro、 Acrobat Pro DC、AcrobatオンラインサービスといったPDF作成ツールがあります。

PDF作成ツールを使う利点

PDF作成ツールは、PDFの表示ソフトとは異なります。PDF作成ソフトは、どんな文書からでもPDFを作成でき、またPDFに変換することができます。また、テキストや画像、その他のコンテンツを作成及び調整するのに必要となる機能が含まれています。さらにPDF作成ツールは、他のソフトウェアやプログラムの中でも作動するため、自分が使っているアプリの中からPDFの作成を始めることができます。PDF作成ツールを作動中に文書を編集することも、または元のプログラムで編集し、そのファイルを、PDF作成ツールで直接変換することもできます。 

PDFファイルの作り方を表示するパソコン

PDF作成ツールの色々な種類とは?

アプリには、それぞれの機能を持った様々な種類があります。中には他のプラットフォームに組み込まれているものもあります。有料のもの、無料のものがあります。オンラインで使えるものとオフラインのもの、また両方で使えるものがあります。デスクトップ用にデザインされている場合も、モバイルデバイス用にデザインされている場合もあります。  

デスクトップでPDFを作成する

Windows 10の場合、印刷できるアプリケーションならどれでも、PDFを作成できます。印刷のオプションから Print to PDFを選んでください。作成したPDFに名前を付け、保存し、共有してください。

 

Macのデスクトップの場合、ほとんどの文書をデジタルPDFとして印刷できます。ファイル/印刷を選択して、PDFボタンをクリックしてください。または、PDFボタンの下向き矢印を選び、PDFとして保存を選択してください。

 

どのデスクトップでも、Adobe AcrobatまたはAdobe Acrobat ProでPDFを作成できます。 

モバイルデバイスでPDFを作成

PDF作成ツールの中には、モバイルとデスクトップ両方で使えるものもありますが、全てがそうではありません。携帯電話を使って、別のファイルからPDFを作成する場合は、AndroidまたはiPhoneに内蔵されているソフトウェアをお使いください。

 

Androidデバイス:

 

  1. ファイルを開きます
  2. 共有メニューを開きます
  3. 印刷を選択します
  4. PDFで保存を選択します

 

iPhone:

 

  1. ファイルを開きます
  2. 画面の下部にある共有アイコンをタップします
  3. 印刷のオプションまでスクロールしてください。プレビューが表示されます
  4. 右上にある共有ボタンを押します

 

紙に印刷された文書を携帯電話でPDFにするには、文書をスキャンするか、写真を撮り、画像をPDFとして保存してください。Adobe Scanは無料のスキャナーアプリで、鮮明で美しい画像を得ることができ、テキストも自動に認識します。

最高峰のPDF作成ツールで PDFを作成

PDFの開発者としてAdobeは、最高峰のPDF作成ツールをお届けします。Adobe Acrobatを使ってPDFを作成し編集しましょう。モバイルデバイスをお使いの場合は、オンラインサービスでそれができます。WindowsでもMacでも、モバイルでもデスクトップでも、またオンラインでもオフラインでも、Acrobatは信頼性と完全な機能性をお届けします。PDFをさらに上のレベルに高めたいなら、Acrobat Proがさらに高度なツールを提供します。 

最初からPDFを作成する方法

多くのPDF作成ツールは、別の種類のファイルをPDFに変換するのみですが、 Adobe Acrobatを使えば、最初からPDFを作成することができます。

 

  1. Acrobatを開き、ツール PDFを作成を選択します
  2. 空白ページを選択します
  3. 作成ボタンをクリックします

 

これで、空白のキャンバスと、クリエーティブなツールが十分手元に揃いました。「PDFを編集」ツールペインから選択すれば、スタートするのに必要なものが全て見つかります。テキストを追加、画像、ヘッダーとフッターなど、ボタン付きのツールバーが表示されます。

空白のPDFにテキストを加える

テキストを加える場合は、テキストボックスを最初に作成してください

 

  1. ツールバーのボタンを使うか、 ツール「PDFを編集」「テキストを追加」と進んでください
  2. バウンディングボックスのラインの上にポインターを置き、カーソルがポインターになるまで、テキストボックスを動かしてください。次に、それを表示したい場所までドラッグしてください
  3. テキストボックスのサイズを変更したい時は、それを選択してハンドルをドラッグしてください
  4. ボックスにテキストを加え、フォーマットのオプションを選んでください

空白のPDFに画像を加える

次の指示に従って、空白のPDFに画像や別のオブジェクトを加えてみましょう。

 

  1. ツールPDFを編集画像を追加を選択します
  2. 「開く」ダイアログボックスで、ファイルを探します
  3. 画像ファイルを選択して、 「開く」をクリックします
  4. 画像を表示したい位置をクリックするか、画像をその場所に持って行く時に、クリックアンドドラッグしてサイズを変更してください
  5. バウンディングボックスのハンドルを使ってサイズを変更するか、オブジェクトの右側パネルからツールを使い、画像を反転回転または切り抜きしてください

 

ツールバーや右側パネルの「PDFを編集」 の中にある、その他のツールも試してみましょう。フォーマットリストからフォントを選んでアップデートしたり、透かしを入れたり、注釈を加えることができます。最後にファイルを保存することを忘れないようにしましょう。

 

既にあるファイルまたは、別の種類のファイルからでも、ステップに従ってAdobe Acrobatを使えば、簡単に作成できます。

 

  1. Acrobatを開き、ツール PDFを作成を選択します
  2. PDFにしたい元ファイルの種類を、単一ファイル、複数のファイル、スキャン、その他から選択します
  3. ファイルの種類により、作成または 次へをクリックします
  4. 画面の指示に従ってPDFに変換し、任意の場所に保存します

 

これらはPDFを作成する方法の、ほんの数例に過ぎません。そのほかに、 AcrobatオンラインやAcrobat Proを使って、他のファイル形式を変換することもできます。

PDFをオンラインで作成する方法

無料で簡単に使えるPDF作成ツールをお探しなら、Acrobatのオンラインサービスで、必要なものがすべて見つかります。いつもお使いのウェブブラウザーでAcrobat オンラインを開けば、20種類以上のオンラインツールにアクセスすることができます。

Adobe Acrobat のオンラインサービス

これは、別のファイルの種類からPDFに素早く変換したい時、注釈を加える時、ファイルを共有する時に最適な方法です。PDFからの変換、PDFへの変換編集、署名、PDFの保護などができます。以下は、最もよく使われているツールです。

 

 

使いたいツールをクリックして、無料または有料のアカウントにログインするだけです。あとは、画面の指示に従ってください。 

PDF 作成方法を表示するさまざまなデバイス

Acrobat Pro

Acrobat Proなら、PDFの作成、変換、注釈をつけるといった作業以上のことができます。例えば、スキャンした文書を編集及び検索可能にする、表示されている情報を墨消しする、2つのPDF文書を比較して違いを見つける、ロゴを加える、Webフォームを作成する、そのほか、さらに多くのことができます。

 

Acrobat Proを使うと、PDFを最初から作成できるほか、さらに4種類のPDF作成方法があります。次のことが可能です。

 

  1. PDFファイルを編集し注釈を加えて更新する
  2. PDFを結合または分割して新しいファイルを作成する
  3. 他のファイル形式をPDFに変換する
  4. スキャンした文書をPDFにする

 

それぞれの方法について、さらに説明します。 

1. PDFを編集し注釈を加える

Adobe AcrobatまたはAcrobat Proを使うと、PDFに注釈を加えられます。これで、共同作業やプロジェクトへのフィードバックが簡単になります。時には、編集を直接加えなければならないこともあります。学生の場合、印刷可能な文書をPDFから他の形式に変換しないで、編集したいこともあるでしょう。職場では、既にPDFとして公開された文書の情報を、更新する必要があるかもしれません。PDFを編集可能にすることで、こうしたことを素早く行えます。

 

Acrobat ProでPDFを編集可能にするには、右側パネルの「PDFを編集」をクリックしてください。すると、編集可能な項目の周りに、バウンディングボックスが表示されます。

 

  • テキストの新規追加や編集、またはフォントの変更は「書式」のドロップダウンリストにある選択肢から、編集ツールを使用してください
  • 画像を移動、追加、置換したり、画像のサイズを調整するには、「オブジェクト」のリストにあるツールを使ってください

2. PDFの結合と分割

同じプロジェクト、または同じトピックに関するPDFファイルが複数あり、そしてそれを1つのファイルとして共有あるいは保存したい時、簡単なステップに従って素早くファイルを結合できます。

 

結合するには:

 

  1. ツールメニューを開きます
  2. 「ファイルの結合」を選択します
  3. 「ファイルを追加」をクリックするか、ファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップします
  4. 必要に応じてファイルを整え、出力オプションの設定をします
  5. 結合をクリックしてファイルを結合させます
  6. 新しくできたPDFを保存します

 

時には、PDFファイルの中に、進行中のプロジェクトには関係の無いページが複数含まれているかもしれません。分割したいページを素早く指定して、新しいファイルにすることができます。 

 

分割するには:
 

  1. ツール「ページを整理」を選択します
  2. 分割ツールを選択して、設定を調節します
  3. 「出力オプション」を使って、分割したファイルに名前を付け、保存する場所を決めます
  4. 分割を選択

3. 他の種類のファイルをPDFに変換する

最初からPDFを作成したくない場合は、Acrobat Proなら別のアプリケーションからファイルを検索し、PDFに変換することができます。その後でそのファイルを調整します。 

 

Microsoft WordやExcelファイル、JPGやPNGといった画像ファイルを含む、膨大な種類のファイルをPDFに変換することが可能です。

 

  1. Acrobat のファイルメニューから、作成「ファイルからPDF」を選択します
  2. 「開く」のダイアログボックスの中から、変換したいファイルを選択します
  3. 画像ファイルからPDFに変換する時は、設定をクリックして変換オプションを変更します
  4. 「開く」 をクリックしてファイルをPDFに変換します
  5. 新しいPDFが開いたら、 ファイル保存または、ファイル「別名で保存」 を選択し、名前と保存場所を選択します

4. 文書をスキャンしてPDFに

紙に印刷された重要文書をデジタルでバックアップしたい場合、または印刷物を共有したい場合は、Adobe Acrobatでその文書をスキャンし、PDFとして保存することができます。

 

Acrobatで紙の文書をスキャンしてPDFファイルにするには、ツールPDFを作成を選択します。どんな書式のインタフェースでも、「PDFを作成」が表示されます。スキャナーを選択して、どんなオプションがあるかご覧ください。

 

JPGファイルとスキャンした文書をPDFに変換するには:

 

  1. Acrobatでファイルを開きます
  2. 右側のパネルのEnhance Scansツールをクリックします
  3. 変換したいファイルを選択します
  4. PDFを編集します
  5. 新しいPDFファイルとして保存します

PDFの上級テクニック

PDFを作成したら、さらに高度なPDF作成テクニックとそのツール使ってみましょう。入力可能なフォームを作成したり、機密情報を墨消ししたり、あるいはOCR(光学文字認識 )を使うこともできます。

PDF ファイルの作り方を表示する携帯電話、書類、ノートパソコンのイメージ

OCRとPDFで作成したもの

PDFは元々、仕上がった製品のために開発され、多くの場合その目的で使われていますが、 OCR技術のおかげでPDFはさらにアクセスしやすく、もっと便利になりました。印刷したフォームから手動で情報を打ち込む代わりに、大量のテキストをスキャンし、即座にアクセスし、電子的に編集することができます。データの入力にかかる時間と手間を大幅に減らすだけでなく、OCRにより情報の整理と検索がスピードアップしました。文書をスキャンしてデジタル文書にすると、検索可能なデータベースを作成することができます。

 

この技術により、スキャンした画像のテキストを編集するのが楽になり、PDFを新鮮にアップデートできるようになりました。

 

OCRを使う時は最初に、スキャンした文書を編集することから始めましょう。

 

  1. スキャンした画像を含むPDFを、MacまたはPCのAcrobatで開きます
  2. 右側のパネルの「PDFを編集」ツールをクリックします。自動的に文書にOCR(光学式文字認識)処理が施され、完全に編集可能なPDFに変換されます。
  3. 編集するテキストをクリックし、入力を開始します。新しく入力するテキストの外観は、スキャンされた元の画像のフォントと同じになります
  4. ファイル名前を付けて保存を選択し、編集可能な文書に新しい名前を付けます

もっと詳しく知る

Acrobatロゴ

Adobe Acrobat Proの豊富な機能