アドビが#創造する#持続可能#な#オペレーション

アドビの#目標は、#2035年#までに#業務で#使用する#電力を#100%#再生#可能#エネルギー#に#移行#する#こと#です。#アドビが#新設している#ノース#タワー#は、#シリコンバレー#初の#オール電化#ビル#に#なる#予定です。#そして#これは、#アドビが#推進する#脱炭素#と#無駄の#削減#の、#ごく#一部#に#すぎません。#

脱炭素の推進

太陽光発電所

#- アドビ#は#Science Based Targets#で認められた目標を設定しています。

 

#- 2035年#まで#に#再生#可能#な#資源を#使用#した#電力に#100%#移行#する#よう#取り#組んで#います。#

 

#- 従業員#の#70%#が#LEED#認証#を#受けた#オフィス#で#働いて#います。#

新しいエネルギーの未来を実現

 

再生可能エネルギーとストレージへのコミット

アドビは数年前に、#再生可能エネルギー#へ#100%#移行する#ことを#目標に#設定し、#RE100に#コミット#すると#ともに、#Science Based Targets#イニシアチブ#にも参加し、#目標の認定を#受け#ました。#アドビでは、#自治体、#地域および#連邦政府の#政策に沿って、#自社の送電網を#脱炭素化して#最新化し、#再生可能#エネルギー#を#取り入れることを#目指しています。#しかも、#アンバンドル#の#再生可能#エネルギー#証書や#カーボン#オフセット#を#いっさい#購入#することなく、#この目標を#達成#しようとしています。#

 

2017年と2018年、#アドビは#グリッドスケール#の#買電契約(PPA)2件#を#締結#したことで、#RE100の#目標達成#に#近づきました。#1件目は、#インドの#バンガロール#オフィス用に、#2.5メガワット#の#グリッド#スケールで#「オープン」#アクセス#の#ソーラーPPA#を#締結#しました。#つまり、#CO2#ベースの#電力を#相殺するために#アンバンドル#の#再生#可能#エネルギー#証書#を#購入#するのではなく、#太陽#エネルギーを#購入して#そのまま#現地の#送電網#で#使用する#ことに#したのです。#そして2件目は、#Facebook#およ#び#Enel Green Power#と#パートナー関係#を結び、#テクノロジー業界#で#初となる、#風力エネルギー#の#共同購入契約#を#締結#しました。#これは、#米国の#再生可能#エネルギー市場#を#開放し、#エネルギーコスト#の#安定化と#環境汚染の#低減を#図るうえで、#重要な#一歩#と#なりました。#また、#地元の#農業経営者、#牧場経営者、#土地所有者#にも、#収益の機会#が#生まれました。# 

 

エネルギーの測定と管理

アドビの監視システムは、#電力、#水、#天然ガス#の#使用量#から、#全データ#センター#の#電力使用効率#(PUE)#まで、#ありと#あらゆる#観点に#基づき、#エネルギー#消費と#重要な#運用#データを#収集#しています。#アドビが#所有、#リース#している#すべての#施設で#スコープ1#と#スコープ2#の#CO2排出量を#測定・#報告#している#だけでなく、#共同データセンター#における自社#の排出量も#測定・報告#しています。#アドビでは#スコープ3#の#排出量についても#真剣に考えており、#Science Based Targets#で#認定された#目標の#一環#と#して、#ビジネス#が#成長#していても#社員の出張#を#減らすことを#目指#しています。#これらの#情報は#すべて#CDP#に#報告し、#アドビの#webサイト#に#掲載#しています。#

アドビデータセンター

グリーンビルディングの推進

 

アドビは、#米国グリーンビルディング協会#のLEED#(Leadership in Energy and Environmental Design)#認証を#いち早く#取得した#企業#の#ひとつです。#この認証取得#に#取り組んだことで、#環境へ#の#影響を抑えるとともに、#コストの#安定化を#図る#ことができ、#企業と#しての#運用効率#が#向上#しています。#LEED認証に#ついては、#新築と#改築#だけでなく#自社ビル#の#継続的な#運用#と#メンテナンス#でも#取得#しており、#世界で#最も#環境に#やさしい#職場の#ひとつと#なっています。#データセンターでも、#サーバールーム#の#統合や#仮想化#など#を#実践#することで、#省エネを#促進#しています。#アドビの従業員の#70%以上が#LEED認証を#取得した#施設で#働いており、#きれいな#空気を吸い、#安全な水を飲み、#自然光の下で仕事をし、#先進的デザインの#利点を享受しています。#

 

環境にやさしいデータセンターのデザイン

 

アドビが大規模なデータセンターを#開設する場所としてオレゴン州の#ヒルズボロを選んだのには、#いくつか#理由があります。#「エンタープライズゾーン」#という税#インセンティブ#が#導入されているため、#低コストで#水力発電の割合が#高い電力が利用でき、#100%#再生可能#エネルギー#へ#徐々に#移行できる#可能性#があります。#オレゴン州の#穏やかな#気候は#エネルギー効率的#にも#適しており、#洪水の#リスク#や#年間の#温度差#が#少ないうえに、#ワシントン郡#は#元々#半導体産業#が#盛んな#土地柄#で#あることから#ヒルズボロ#の#電力網#や#通信網#にも#信頼性#があります。#再生可能エネルギーへの#移行を目指す#他のテクノロジー企業#も#このエリアで#事業を#運営しているため、#電力調達の#面での#連携が#期待できます。#このサイトは将来的に#太陽光発電設備を#設置できるよう#設計されており、#気候関連の#シナリオ分析でも、#水に対する#安全度が#非常に高く、#マテリアルリスク#が#非常に#低くなっています#(渇水が少ない、#極端な気温変化#が#少ない、#燃料燃焼率#の#上昇#が#起きにくいなど)。#

このデータセンターは、#大規模サイト#の#サーバールーム#統合に#よる#スケール#メリット#について、#研究開発の#中心と#なっています。#また、#アドビは#エネルギー#効率分野#における#リーディング企業#と#連携#しながら、#ホット/#コールドアイル#や#熱リユース#などの#テクノロジー#を#導入するとともに、#サーバー、#ストレージ、#ネットワーク#などの#設備を#一新#しています。

さらにアドビは、#共同設置#している#データセンター(COLO)#とも#持続可能性の#取り組みで#緊密に連携しており、#協力して#政策への#働きかけを#おこなっている#ほか、#各社の#再生可能#エネルギー#目標の設定や、#その目標を#運営地の#送電網#で#達成する#手段の#特定を#支援#しています。#  

 

 

廃棄物の削減

 

アドビでは、#物理的な#サプライチェーン#から#完全な#デジタル#サプライチェーン#へと#移行#するにあたって、#製品が#廃棄物#など#に#よって#環境に#与える#影響を#95%以上#削減#しました。#廃棄物の発生に関しては、#アドビの従業員#や#SIMS RecyclingGreen Standards#など#地#域#の#パートナーと#連携し、#責任を持って#コンポストや#リサイクル#に#まわしています。#その結果、#アドビでは#廃棄物からの#転換率#が#毎年90%#を#超えています。#


環境保全への取り組み

環境保全への取り組み

 

環境に対する#アドビ#の#取り組みに#ついて#詳しくは、#環境保全ポリシー#を#参照してください。