Adobe Fireflyエンタープライズ版

独創的で目を引くコンテンツがこれまでになく必要とされています。Firefly生成AIを利用すれば、コスト効果の高い魅力的なコンテンツの大規模な制作がこれまでになく簡単になります。現在、多くのCreative CloudアプリとAdobe Expressで商用利用が可能です。

画像はFireflyを活用してクリエイターが作成したものです。

制作チームとマーケティングチームの強い味方となる生成AI

アドビの世界クラスのクリエイティブアプリが、革新的な生成AIでさらにパワーアップ。Adobe PhotoshopAdobe Illustrator、およびAdobe ExpressにFireflyが搭載され、制作やマーケティングの担当者は、簡単なテキストを入力するだけで魅力的なアセットをすばやく作成できるようになりました。生成AIを活用することで、卓越したカスタマーエクスペリエンスを提供しながら、組織全体の創造性と生産性を高めることができます。

制作チームを強力に支援

アイデアをすばやくカタチにできるよう、クリエイティブのプロをサポート。Fireflyエンタープライズ版では、Photoshop、Illustrator、およびAdobe Expressでベータ版の生成AIモデルにアクセスできるほか、web版のテキストから画像生成のすべての機能を利用できます。アドビと生成AIの技術を利用すれば、コンテンツサプライチェーンを合理化し、記憶に残るカスタマーエクスペリエンスを提供するのは簡単です。

マーケティングやコミュニケーションを強化

全社規模でAdobe ExpressのFirefly機能を利用できるため、組織のクリエイティビティの底上げにつながります。テキストから画像生成機能とテキスト効果機能を活用することで、マーケティング担当者、セールスチーム、人事など、あらゆる社員が創造性を発揮して、簡単なテキスト入力により多様なチャネルでコンテンツを作成、適用、編集できます。

自信を持って制作

アドビの生成AIは、アドビのAI倫理原則に沿って、安全に商用利用できるように設計され、ライセンス保護されたAdobe Stockの画像および著作権の切れた一般画像でトレーニングされています。一般向けかつ商用利用を目的にコンテンツを生成できますのでご安心ください。Fireflyを利用した一部のワークフローで生成されたコンテンツについて、お客様はアドビからIP補償を受けることもできます。* Fireflyの法律上の注意について詳しくは、よくある質問をご覧ください

カスタマイズと自動化

Fireflyは常に改善されています。アドビでは、制作を自動化するAPIや、ブランド固有のコンテンツを生成できるようトレーニングしたカスタムAIモデルの開発を進めています。需要とともに成長する生成AIにより、ブランドの規模を拡大し、コンテンツニーズの変化に対応し続けることができます。

Fireflyエンタープライズ版について詳しくはお問い合わせください。

*Fireflyを利用した一部のワークフローで生成されたコンテンツについては、アドビが提示する条件のもと、アドビからIP補償を受けることもできます。規約が適用されます。

よくある質問

Fireflyは、アドビ製品に搭載される予定のクリエイティブな生成AIモデルの新しいファミリーで、初期段階では画像やテキスト効果の生成に注力しています。Fireflyはアイデア、創造、コミュニケーションの新しい方法を提供し、クリエイティブなワークフローを大きく改善します。Fireflyは、「誰もが自分のアイデアをイメージ通りに表現できるべきだ」という信念のもと、アドビが過去40年以上にわたって開発してきたテクノロジーの一環として生まれたものです。

Fireflyの初代モデルは、Adobe Stockの1億点以上もの高解像度画像、オープンライセンスのコンテンツ、著作権の切れた一般コンテンツでトレーニングされており、商用利用可能なコンテンツを生成できるように設計されています。

Adobe Stockの画像はプロフェッショナルグレードかつライセンスで保護されており、市場で最高品質を誇ります。Fireflyは、他のユーザーやブランドの知的財産をもとにしたコンテンツを生成しません。

Adobe IDまたはFederated IDをお持ちであれば、Firefly web版にアクセスして、各種機能をお試しいただけます。

アドビではCreative Cloud、Experience Cloud、Document CloudへのAdobe Fireflyの搭載に取り組んでいますが、現在Firefly機能が導入されているのは、Adobe Express、Photoshop、Illustrator、Adobe Stock、およびfirefly.adobe.comです。

いいえ。Creative CloudまたはExperience Cloudをご利用のお客様のコンテンツが、トレーニングに使用されることはありません。

ユーザーが自身のコンテンツを使用して独自のモデルをトレーニングする機能を検討していますが、現時点で発表できることはありません。

ベータ版ではないFirefly機能については、商業利用制限が解除されました。一部のFirefly機能はまだベータ版(商業利用制限中)であるため、各アプリでFirefly機能がベータ版かどうかを確認する必要があります。すべてのCreative Cloud製品およびサービスの使用と同様、Fireflyの出力を違法な方法(他人の権利の侵害を含む)で使用したり、AI/機械学習モデルの作成、トレーニング、その他の改善に関連して使用したりすることはできません。詳細を見る

はい、組織が適切な利用資格を購入している場合(別途契約手続きが必要です)、該当する規約、利用条件および制約事項が適用されます。 詳細を見る

エンタープライズ版のお客様は、Adobe ExpressおよびFireflyのサイトライセンス、または特定のCreative Cloudエンタープライズ版を通じて、Fireflyによる一部の生成物に対する契約上の知的財産権(IP)の補償が付属する利用資格を購入できます。 お問い合わせはこちらから。

現在のFirefly生成AIモデルのトレーニングには、Adobe Stockのデータと、オープンライセンスの作品および著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。

アドビでは、Fireflyの進化に伴い、クリエイターが自身のアセットでFireflyをトレーニングできる方法を模索しています。これが実現すると、クリエイターは、他のクリエイターのコンテンツによる影響を受けることなく、独自のスタイル、ブランディング、デザイン言語でコンテンツを生成することができます。アドビでは、継続的にクリエイティブコミュニティの声に耳を傾け、ともに協力して、Fireflyモデルのトレーニング方法を開発していきます。

Adobe Stockコントリビューター向けに報酬モデルを用意しています。詳しくはAdobe Stockコントリビューター向けのFireflyに関するFAQをご覧ください。

該当地域の法制度によって異なります。この問題の詳細については、アドビの主任著作権弁護士によるCopyright Allianceに関するブログ投稿をご確認ください。