マスコットデザインの制作

スポーツチームやブランドのマスコットキャラクターを制作するために、専門家のアドバイスを参考にしましょう。

ワシを使ったマスコットロゴデザイン

マスコットの出番

 

マスコットはさまざまな場面で利用されています。例えば、野球場で踊る面白いキャラクターなどが見受けられます。また、コマーシャルで企業のマスコットを使ったり、マーケティング用の素材に使ったりすることもあります。

「肝心なのは、マスコットが組織や会社を代表する、動くキャラクターである、ということです。マスコットはロゴの世界から飛び出て活躍します」(レノーア・ウイェバー)

マスコットはスポーツチームやブランドに個性を与え、組織を人格化するのに有用な存在です。

 

その種類はさまざまで、動物キャラクターから無機質な物体、人の似顔絵まで、多岐に渡ります。

「ある組織が強い個性を必要としている時、または強い個性を持っている時にマスコットの存在が求められます。しかし、没個性的な組織には、マスコットは不向きです」(アシュリー・リッパード)

 

マスコットを作る時には、ロゴも作る必要があります。ロゴと一緒に必ずマスコットを使用するブランドもあります。マスコットを動くキャラクターとしてイベントで使ったり、アニメ化されたキャラクターがコマーシャルで話したりすることもあります。

「スポーツチーム以外では、ブランドのマスコットは通常、メインロゴではなく、ロゴの補足的な存在となります」(アシュリー・リッパード)

マスコットロゴをどのような場合に使うかによって、デザイン、レイアウト、色が決まっていきます。

 

 

競合を参考にする

 

制作を始める前に競合する組織のマスコットを見てみましょう。例えば大学のマスコットをデザインするなら、他の大学がどのようなマスコットを使っているか調べます。eスポーツのマスコットであれば、他のゲームや他のチームを見ましょう。ブランド関連のマスコットであれば、業界の競合状態を分析し、他社とどのように差をつければ良いのか、その方法を探りましょう。

さまざまなマスコットロゴデザインのコラージュ

「なぜライバルのリサーチをするかというと、大学のマスコットの場合、その大学に対して人々が抱くイメージがあるからです。マスコットが既にある場合、その外観を維持し、見てすぐにその大学だと分からなければなりません」(レノーア・ウイェバー)

また、リサーチすることで、既に使われているキャラクターや、色、アイデアなどの使用を避けることができます。印象が強く残るマスコットは群を抜いて目立ち、どのブランドやチームなのかがすぐに分かります。しかし、リサーチなしに際立つデザインを作ることはできません。

 

 

個性を表す

 

「マスコットは個性が全てだと考えています。ブランドを代表して際立ち、楽しく、メディア受けするような個性を表すのがマスコットなのです」(アシュリー・リッパード)

マスコットのデザインを任されたら、まずブランドやスポーツチームの個性を理解することから始めましょう。どのような事業を行っていますか?どのようなスポーツをするチームですか?このような情報を基に、キャラクターに関する色々なデザインを考え、効果的にメッセージを伝えるには、どのような動物や物を使うべきか決定していきます。

キングをモチーフとしたマスコットロゴデザイン
コアラをモチーフにしたマスコットロゴデザイン

「キャラクターはシンプルな絵でなくても構いません。複雑な部分があってもいいのです。しかし、それなりの個性が必要です。そのため、犬を擬人化するなら、ただの犬に見せてはいけません。犬にクラシックバレーの衣装を着せてもいいかもしれません。個性を引き出して、ユニークな方法で擬人化するのです」(アシュリー・リッパード)

 

 

キャラクターを決める

 

動物を選ぶ

顧客や見る人にアピールし、その国や地域で気に入られる動物やキャラクターを考えます。そのキャラクターは、マスコットのために選んだ個性に合うものでなければなりません。怖そうなマスコットにしたいなら、ヘビトラといったキャラクターが、意外性のあるマスコットにするのであれば、キリン象などが良いでしょう。ブランドにもよりますが、ターゲットとする消費者に合わせ、可愛くて安全なイメージにしてみましょう。特に子供が対象の場合はなおさらです。その場合、ウサギユニコーン パンダ などが良いかもしれません。どのような動物を選ぶにしても、明確な考え方に基づいて選ぶ必要があります。

虎をモチーフにしたマスコットロゴデザイン

ディテールに重点

次にテーマとなる色とデザインスタイルを選びます。しかし、これも何か根拠を基に選択する必要があります。キャラクターの顔の形や色は、マスコットの特徴や面白いところを強調し、また性格や雰囲気を象徴する役目を果たします。

 

マスコットの使用方法

マスコットをデザインする時は、それがどこで使われるか考えます。ロゴの場合は、キャラクターの顔だけで良いかもしれません。しかし、マスコットは衣服になることもあります。その場合はキャラクターの体も含めて全体を考える必要があります。コマーシャル用にアニメ化されることもあります。その場合は言葉を話すこともあります。ロゴ用にマスコットの一部分だけをデザインする場合でも、キャラクターが他の用途に使われることがありますので、マスコットの他の部分も含めて考え、全体的に自然に見えるようにデザインしましょう。

 

 

デザインを目立たせる

 

名刺のロゴでも、Tシャツに印刷されているゲームのロゴでも、マスコットデザインは大胆かつ目立たなければいけません。

「クライアントが既にマスコットを作っていて、デザイナーはそれを使ってロゴを作る場合があります。ごくシンプルなロゴで良い場合もあれば、いろいろな状況で使えるように、ベクターのバージョンを作ることもあります」(レノーア・ウイェバー)

そのような場合は、色を限定し、輪郭を暗くしてキャラクターが目立つようにします。ロゴのデザインは常にベクターファイルで作ります。それにより、どのような用途においてもサイズを合わせることができます。

狼をモチーフにしたマスコットロゴデザイン

マスコットロゴは、ほとんどの場合風刺画のように誇張されています。このようなロゴでは、シンプルな形でブランドやチームの個性を伝えようとします。また、マスコットロゴもやはりロゴの一種です。そのため、読みやすく、しかもシンプルで個性的でなければいけません。ロゴの中には、チームや企業のフルネームを含む必要があるかも知れません。また、ある特定の雰囲気を出すことでキャラクターの個性を伝える必要もあります。デザインを始める前に、他のロゴデザイナーが、どのようにしてマスコットロゴをデザインしているのかを参考にしましょう。

 

 

マスコットロゴは楽しみながらデザインしましょう。シリアスな感じのマスコットは、ほとんどありません。誇張された個性とその形は、マスコットをいつも楽しい存在にします。Adobe Illustrator でマスコットロゴの作成を試して、会社やスポーツチームに活気を与えましょう。

寄稿

Adobe Illustratorでさらに試してみる

ロゴアイコンチャートタイポグラフィハンドレタリングその他のベクターアートを作成します。

その他のおすすめ...

ロゴの作成とデザインのベクターイラスト

ロゴ作成の基本ポイント

ブランドイメージを形にする作業について技術とデザインの両面から掘り下げます。

月面の風景を描いたピクセルアート

ピクセルアートの制作技法を学ぶ

ファイナルファンタジーやスーパーマリオなど、ゲームからインスパイアされたデジタルアートの技法を学びます。

異なる色で2分割された、風船を持つ手の画像

クリエイティブに写真の色を変更する

Adobe Photoshopで色相と彩度のレベルを変更し、写真のカラーパレットを調整しましょう。 

月夜に佇むチーターのベクターアート画像。

ベクターアートとは何か

汎用性の高いファイル形式でアートやイラストを作成することについて解説します。

Adobe Illustratorを購入

印刷、Web、動画、スマホに向けた高品質なアートワークやイラストを作成

7日間の無料体験の後は月額2,728 (税込)