ラスターファイル

ラスターファイル形式は、ベクターファイル形式と並んで、デジタル画像に使用される主要な2つの画像形式のひとつです。ラスターファイルの強みのひとつは、詳細なグラフィックや、デジタルカメラで撮影された高品質の写真を記録できることです。ラスター画像の主な機能、最も一般的な用途、ベクター画像との違いを説明します。 

ラスターファイル画像

学習内容

 

  • ラスターファイルとは

 

  • ラスターファイルの用途

 

  • ラスターファイルのメリットとデメリット

 

  • ラスターファイル:よくある質問

 

 

様々なラスターファイル形式の詳細を見る

 

ラスターファイルとは

デジタル画像ファイルには、ラスターとベクターという、2つの主要な形式があります。デジタル写真と詳細なグラフィックは、いずれもラスター形式で提供されます。一般的なラスターファイルとしては、JPEGPNGおよびGIF画像があります。

 

ただし、ピクセル数は固定であるため、配置するスペースに合わせてサイズを拡大縮小すると、ラスター画像がゆがんだり、ぼやけたりすることがあります。そのため、ベクター画像の方が、イラストやロゴに一般的に使用されます。ベクターは、無限に拡大縮小できる数式で構成されているためです。つまり、ベクターは、ピクセルに比べて、サイズが変更されたときに解像度が低下しません。

 

RAW写真ファイルには、カメラのセンサーで直接撮影された非圧縮画像データが含まれています。このファイルは通常、編集後にラスターファイルに変換されます。

 

ベクターファイルの詳細を見る

 

RAWファイルの仕組みの詳細を見る

 

 

ラスターファイルの用途

ビットマップとしても知られるラスターファイルは、高品質の写真の保存と表示が必要な場合に最適です。ほとんどの写真は、印刷とデジタルのどちらの用途でも、ラスターファイル形式で提供されます。

 

Adobe Photoshopなどのソフトウェアでラスターファイル内の個々のピクセルを編集して、写真の外観を変えることができます。ただし、各ラスター画像は、それぞれの寸法とピクセル数に限定されており、これは、サイズと解像度に影響します。ピクセル数が十分ではない画像のサイズを拡大すると、画質が荒くなり、通常は望ましくない結果となります。このため、様々なサイズで使用する必要のあるイラストやロゴは、多くの場合、ベクター形式で提供されます。

 

 

ラスターファイルのメリットとデメリット

次回のプロジェクトでラスターファイルの使用を検討している場合は、開始前にメリットとデメリットを調べておきましょう。

 

ラスターファイルのメリット

主なメリットは、次のとおりです。

 

  • 細部への配慮
    正しい寸法で表示されたラスターファイルには、高解像度の写真の精巧な細部と色が見事に表示されます。含まれるピクセル数が多いほど、画質が向上します。

 

    精度の高い編集
    ラスター形式のグラフィックや写真の編集時には、ユーザーが各ピクセルを個別に変更できます。このため、自分のニーズに合わせて画像を加工したり、調整したりできます。

 

  • 幅広い互換性
    ラスターファイルは、様々なプログラムやwebブラウザーで開くことができるため、画像の表示、編集、共有が容易です。

 

ラスターファイルのデメリット

ラスターファイルのデメリットは、次のとおりです。

 

  • 限定された解像度
    ベクターファイルとは異なり、ラスターファイルでは、サイズが変更されると、解像度が維持されません。その色と細部は、拡大するとゆがむ場合があるため、画像の使用方法が限られます。

 

  • 大きいファイルサイズ
    ラスターファイルには、数百万個のピクセルが含まれる場合があります。これにより、非常に精細な画像が作成されますが、ファイルサイズが大きくなり、読み込み速度が低下します。
 
  • 生地の印刷の問題
    ラスターファイルを構成する正方形のピクセルは、生地や衣類には適切に印刷されません。 このため、Tシャツのロゴやプリントを作成する場合は、一般的にベクター画像が選ばれます。

 

 

ラスターファイル:よくある質問

主なラスターファイル形式は何ですか?

画像が圧縮されるJPEGファイルは、主にデジタル写真に使用されます。一方、PNG(Portable Network Graphic)ファイルは似ていますが、透明な背景を表示することもできます。ラスターグラフィックアニメーションは、多くの場合、GIF(グラフィックインターチェンジ形式)ファイルで作成されます。最後に、TIFF(Tagged Image Format File)を使うと、グラフィックデザイナーは、品質を低下させずに、編集中の画像を保持できます。

 

ラスターファイルを見分けるにはどうすればよいですか?

サイズを200%以上拡大するとぼやけたり、ゆがんだりする画像は、通常、ラスター画像です。サイズを変更しても、まったく同じ解像度を維持できるのは、ベクターファイルのみです。ラスター画像のファイル拡張子は、通常、次のいずれかです。

 

JPEG

 

PNG

 

GIF

 

TIFF

 

ラスター画像は、会社のロゴとして使用できますか?

1か所で、同じ寸法でのみ使用する場合(名刺など)は、ラスター画像をロゴとして使用できます。ポスター、名刺、webページなど、印刷やオンラインの他の用途のためにロゴのサイズを変更する必要がある場合は、解像度の変わらないベクターファイルの方が適しています。

 

JPEGファイルとPNGファイルの違いは何ですか?

JPEGファイルとPNGファイルを比較する場合は、それぞれの形式による、画質とサイズの処理方法に注目してください。画像が圧縮されるJPEGファイルの方が、サイズが小さく、読み込み時間が短くなりますが、データの一部が失われるため、品質が低下することになります。これに対し、PNG画像の縮小に使用される圧縮プロセスは、品質には影響しませんが、画像ファイルがJPEGより大きくなります。

 

ラスターファイルにはどれくらいのピクセル数が含まれますか?

各ラスターファイルには、画像の品質と複雑さに応じて、異なる数のピクセルが含まれます。ハイエンドのデジタルカメラで撮影した精細な写真には、数百万個のピクセルが含まれる場合が多く、これは、表示されたときの細部のレベルを反映しています。ただし、ピクセル数が多いほど、通常はファイルサイズが大きくなることを忘れないでください。