EXIFファイル

EXIFファイルは、カメラの設定、日時、撮影場所など、写真に関する情報を格納するデータ保存形式のひとつです。ここでは、EXIF形式のメリットとデメリット、使い方などについて説明します。

EXIFマーキー画像

学習内容

 

  • EXIFファイルとは
  • EXIFファイルの歴史
  • EXIFファイルの使用方法
  • EXIFファイルのメリットとデメリット
  • EXIFファイルを開く方法
  • EXIFファイルを作成して編集する方法
  • EXIFファイル:よくある質問

 

EXIFファイルとは

EXIF(Exchangeable Image File Format)ファイルには、写真に関する重要なデータが格納されます。ほとんどのデジタルカメラでは、写真を撮るたびにこのデータファイルが作成されます。EXIFファイルには、露出レベル、撮影場所、使用した設定など、画像自体の情報がすべて含まれています。

 

そのため、ストレージデバイス上の写真を特定の画像特性で容易に絞り込むことができます。EXIF形式の読み方と特性を理解しておくと、画像のカタログ作成が容易になります。

 

Webサイトに掲載されている写真を見て詳細を知りたいと思ったとき、そのwebサイトでオリジナルの写真ファイルが使用されていれば、EXIFデータにアクセスできる場合がよくあります。しかし個人的な画像の場合は、GPSの位置情報などの個人情報を保護するため、EXIFファイルを削除してからwebサイトに読み込む人もいます。

 

また、EXIFファイルには、映像のデシベルレンジ、ビットレート、モノラル/ステレオ情報などのオーディオデータが含まれていることもあります。

 

 

EXIFファイルの歴史

EXIFが初めて登場したのは1995年のことです。日本電子工業振興協会(JEIDA)が開発したファイル形式で、当初は日時などの基本メタデータ(この場合は画像データに関するその他のデータ)と画像をフォルダー構造で表示する際の小さいサムネールが格納されていました。

 

その後10年間で、各種データ機能を追加したバージョンがリリースされてきました。約30年が経過し、現在のEXIFには写真とオーディオのデータを含む、画像とビデオの様々なメタデータが格納されています。

 

EXIFの大部分は、TIFFファイル構造を利用しています。TIFFと同様に、EXIFには画像のメタデータが格納されますが、その目的はTIFFのように画像の編集と加工機能ではなく、保存とカタログ作成を容易にすることです。

 

 

EXIFファイルの使用方法

プロの写真家でも、アマチュアでも、EXIFは記録ツールとして非常に便利です。以下のような様々なシーンで活躍します。

 

ライブラリのストレージ

EXIFファイル形式を使用することで、写真の保存と検索が非常に簡単になります。EXIFにはメタデータ(写真の画像データに関するデータ)が保存されるため、GPS位置情報、日時、カメラ設定など、特定の条件にもとづいて分類できます。

 

スタイルの再作成

ネットサーフィン中や写真家のデジタルポートフォリオを見ていて気に入った写真を見つけたら、その画像のEXIFデータをリクエストするか、アクセスできる場合があります。そうすれば、その写真のオリジナルの設定を調べて、自分でそのスタイルを再現できます。もちろん、元の写真家のクレジットは必ず明記する必要があります。

 

他のラスターファイル形式を見る

 

 

EXIFファイルのメリットとデメリット

EXIFにはメリットとデメリットがあるため、よく把握して写真を撮影する必要があります。 

 

EXIFファイルのメリット

  • EXIFを使用すれば、デジタル画像ライブラリへの写真情報の保存と検索が容易にできます。
  • 気に入った写真のEXIFファイルの設定データを確認することで、他の写真家からテクニックやコツを学ぶことができます。
  • 過去に撮影した写真の設定記録から、簡単に効果を再現できます。

 

EXIFファイルのデメリット

  • 他の写真家が自分のEXIFデータにアクセスして、似たようなスタイルの写真を作成する可能性があります。
     
  • EXIFにはGPSの位置情報が保存されるため、個人情報の取り扱いが気になる場合は懸念材料となる可能性があります。
  • 画像内に格納されるEXIFデータは、webサイトのスペースを取ります。これにより、サイトの速度を低下させ、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

EXIFファイルを開く方法

主要なほぼすべてのOSでEXIFファイルを開くことができます。Windowsでは、EXIF画像ファイルを右クリックしてデータを表示します。「プロパティ」までスクロールして、「詳細」をクリックします。

 

macOSでは、「写真」で対象の画像を開きます。画面上部のツールメニューを選択します。「インスペクタを表示」を選択します。次に、「EXIFデータ」タブを選択して、記録された情報を表示します。

 

 

EXIFファイルを作成して編集する方法

EXIFは、写真を撮影するとデジタルカメラにより自動的に作成されます。情報は写真のプロパティに保存されます。

 

EXIFを編集する、または他人にアクセスされたくない情報を非表示にするには、画像のメタデータの編集と削除ができるツールが必要です。無料または有料の様々な対応ツールがオンラインで提供されています。

 

例えば、Adobe Bridgeでは、画像のメタデータを編集できるだけでなく、写真を公開する際に表示/非表示にする情報を選択できます。

 

画像のメタデータの編集は簡単です。Adobe Bridgeで画像を開きます。編集/環境設定を選択して、メタデータのドロップダウンオプションを選択します。

 

そこで、メタデータのオプションを編集または削除します。 

 

 

EXIFファイル:よくある質問

FacebookではEXIFデータが削除されますか?

Facebookなど一部のソーシャルメディアは、画像をアップロードする際にEXIFデータを削除します。ポートフォリオの一部としてFacebookに写真をアップロードすると、場所、時刻、日付などの個人データは画像から削除されます。

 

メタデータとEXIFの違いは何ですか?

デジタル写真では、使用したカメラ設定や撮影場所など、画像内に記録した情報のことをメタデータといいます。EXIFはこのメタデータを格納するファイルです。

 

EXIFデータはすべての写真にありますか?

削除されていない限り、ほとんどのデジタル写真にはEXIFデータがあります。スマートフォンで撮影した写真やビデオにも、デジタルカメラに保存されるメタデータほど詳細ではありませんが、一部のEXIF情報が含まれます。スマートフォンの画像に含まれるEXIFを削除または編集するには、専用のツールやソフトウェアが必要です。

 

EXIFに著作権や透かし情報を追加できますか?

ほとんどのデジタルカメラでは、撮影時にEXIFデータに著作権や透かし情報を付加します。カメラの撮影設定で著作権を選択して追加します。設定はカメラの機種ごとに異なるため、取扱説明書を確認してください。 

EXIFに類似するファイル形式の詳細

GIFファイルの画像

GIFファイル

このガイドでGIF動画ファイルの詳細を確認しましょう。

SVGファイルの画像

SVGファイル

ベクター画像の詳細とSVGによる画像の編集について説明します。

JPEGファイルの画像

JPEGファイル

標準的デジタル画像ファイル形式である、JPEGについて説明します。

HEICファイルの画像

HEICファイル

Appleの画像ファイル規格の基本を紹介します。

EXIFと他のファイル形式との比較

ラスターとベクターファイルの画像

ラスターとベクター

画像とグラフィックの業界標準ファイルを比較します。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)