EMF ファイル

EMF は、高画質プリント用に大量の精細画像を保管する目的で設計された Windows のファイル形式です。EMF は、従来のWMF(Windows Metafile)を改良したものです。細部まで鮮明に表現され、色のバリエーションも豊富なため、グラフィック印刷に最適です。 

 

このガイドで、EMF、そのメリットとデメリット、使い方について詳細を見る。 

EMF マーキー画像

学習内容

 

 

 

EMF ファイルとは?

EMF Enhanced Metafile の略で、グラフィックデザインや印刷業界でよく使われる大容量のメタデータファイルです。Windows メタファイルなどの類似のメタデータエクステンションよりも優れており、より大きい容量の画像データを保持できます。

 

ファイルサイズが大きいことで、多彩な色の表現やグラフィック表示の向上など、精細な画像メタデータを保持できます。EMF のファイルサイズは、従来のメタファイルよりも大きいものの、RAW など、他のポストスクリプトファイルに比べると小さい方です。 そのため、重要な画像情報を、小さく使いやすいデジタルパッケージで保管するのに適しています。

 

EMF は32ビットのデータファイルで、多くの場合、グラフィックや印刷用写真のキャッシュされたバージョンを含んでいます。 

 

 

EMF ファイルの歴史

EMF (拡張メタファイル)は、1992年に公開されたWindows NT 3.1のファイル形式として採用されました。デベロッパーは、標準的な WMF ファイルを改良して、グラフィックデザインやプリントサービスの改良に対応できるファイル構造の形式を開発しました。

 

以前のものと比べてより大量のデータを保管できるだけでなく、32ビット RGB カラー情報とクロスプラットフォームディスプレイが可能です。つまり、グラフィック画像をさまざまなソフトウェアパッケージで同じように表示することができます。 

 

 

EMF ファイルの用途

このファイル形式の用途にはいくつかありますが、デザイン業界やプリント業界では最もよく使われています。 

 

クロスプラットフォーム表示

EMF には、画像のサイズ、寸法、色など、画面上での表示方法に関する重要なデータが大量に保存されています。そのため、EMF 画像を開くと、どのような機器、またどのようなプラットフォームでも同じように表示されます。 

 

印刷のパフォーマンス

プリンターによる文書印刷中に、プリンターに送信された追加のファイル要求は、すぐにプリンターの内部メモリに保管されます。つまり、いつでもその文書を呼び出したり、印刷したりできるということです。

 

EMF ファイルは、プリンターの内部ドライブに収めることができる小さく キャッシュされたメタファイルです。EMF ファイルは、プリントジョブに関するすべての情報を保管し、プリンターが使用できる場合に備えています。 

 

他のベクターファイルを見る

 

 

EMF ファイルのメリットとデメリット

EMF には、形式のオプションを選択する際に検討すべきメリットとデメリットがいくつかあります。

 

EMF ファイルのメリット

  • 小さなファイルサイズとキャッシュされた情報とは、多数の画像メタデータを軽量で保持することができるということです。プリントデバイスがビジーの状態の場合に、プリントジョブを待機させるのに便利です。
     
  • EMF は、RGB カラー情報、寸法など 他の形式よりも画像についてより多くの情報を保管しています。
     
  • プラットフォームや機器に依存しないため、どの機器を使ってファイルの表示、処理、印刷をおこなっても、意図したとおりに画像が表示されます。

EMF ファイルのデメリット

  • EMF のようなメタファイルは、データにエラーがあった場合は、変更することが大変難しくなります。そのような場合には、もう一度最初からやり直すとよいでしょう。
     
  • EMF は、macOS で開くことができる Adobe Illustrator を使わない限りは、Windows Microsoft ソフトウェアまたは機器内でのみ使うことができます。

 

 

EMF ファイルを開く方法

Microsoft 社の製品であるため、EMFは、Windows OS で機能するように作られています。通常、Windows システムの標準デスクトップに搭載されているWindows フォトビューアで開くことができます。 

 

  1. EMF ファイルを右クリックします。
  2. メニューから「プログラムから開く」を選択します。
  3. Windows フォトビューアを選択します。
  4. ファイルを表示します。 

 

 

EMF ファイルを作成して編集する方法


EMF の作成と編集には、Adobe Illustratorのようなプログラムが必要となります。

 

  1. EMF ファイルを右クリックします。
  2. メニューから「プログラムから開く」を選択します。
  3. Adobe Illustrator またはその代わりに使用したいプログラムを選択します。
     
  4. 必要に応じて、Illustrator でグラフィックを編集します。
     
  5. ファイルを保存します。「別名で保存」で「EMF 」を選択します。
  6. ここで、別の画像ファイルタイプに再度保存することもできます(PNGなど)。
     
  7. これで編集した EMF が保存されました。

 

 

EMF ファイル:よくある質問

EMF はベクターファイルですか?

EMF はベクターファイル形式です。つまり、ラスタライズしたグラフィックをそのまま表示するのではなく、線、形状、全体の寸法などの情報を表示する形式です。詳しくは、ベクターファイル形式をご覧ください。

Mac でEMF ファイルを開くにはどうすればよいですか?

EMF はWindows 用のファイルです。EMF をMac で開くことはできますが、PNG、JPEG など Mac OS に対応する他のタイプのファイル形式に変換する必要があります。この変換を行うには、Adobe Photoshop などのプログラムを使い、EMF を対応するファイル形式で保存します。

WMF EMF に変換するにはどうすればよいですか?

WMF をEMF に変換するには、変換用のソフトウェアが必要です。この場合、いくつかの変換ツールがあり、オンラインでダウンロードまたは購入できます。

ラスターファイル形式の詳細

PSD ファイルの画像

PSD ファイル

Adobe Photoshop 用の人気のデザインファイル形式です。

AI ファイルの画像

AIファイル

Adobe Illustratorで使用するベクターベースのファイル形式です。

DWG ファイルの画像

DWG ファイル

CAD に使用する2Dや3Dデザイン機能による形式について詳細を見ていきましょう。 

SVG ファイルの画像

SVG ファイル

デザインの作業でもよく使用される SVG(スケーラブルベクターグラフィック)のメリットを確認しましょう。

Adobe Illustratorを購入しましょう

美しいベクターアートとイラストを作成できます。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円(税別)