グラフィックに命を吹き込む!
IllustratorAfter Effectsで作るモーションロゴ

グラフィックに命を吹き込む!
IllustratorAfter Effectsで作るモーションロゴ

最大36%OFF! Cyber Mondayセール​

12/3(金)まで​

新たな力をもう1つ - Plus One

日本を代表する広告・デザイン制作会社 日本デザインセンターに所属し、webを中心にデザインとエンジニアリングを結びつけた有機的なクリエイティブを展開する後藤健人さんは、同社が手がけるさまざまなデザインのなかで、モーショングラフィックスも担当。コミュニケーションがwebや映像にも広がりを見せるなか、グラフィックに動きをつけるニーズは日々高まっていると言います。

今回は、Adobe IllustratorAdobe After Effectsを組み合わせ、グラフィックに時間軸を加えることで、よりデザインを伝わりやすく、表現力豊かなものに変えていく、後藤さんのモーションアプリ活用法について紹介します。

"動きでコンセプトを体現すれば、デザインをより機能させることができる"

Frescoでイラストレーション作成 →Photoshopで最終調整&仕上げ処理

Illustratorでロゴを作成
After Effectsで命を吹き込む

「Osaka Metro 案件はロゴの提案時点から、モーショングラフィックス担当としてチームに加わっていたのですが、制作の過程で(クリエイティブディレクターの色部義昭さんから)Osaka(大阪)の“O”とMetro(メトロ)の“M”という2面性をモーションで表現できないかという相談を受けました。

当初、After Effectsで作ろうと考えましたが、よりシームレスに2面性を実現するために、After Effectsに付属する3Dアプリ・MAXON Cinema 4D Liteで3Dモデルを作り、動きをつけ、After Effectsで仕上げたのがこのモーションロゴです。

実はそれまでAfter Effectsを入れると、Cinema 4Dもインストールされることは知らなかったのですが、触ってみるとIllustratorのパスも読み込めますし、After Effectsとも連携がしやすい。今後、ますます使用頻度が上がっていくと思います。

コミュニケーションの中心が映像に移り変わるなかで、いま、ロゴを動かすというケースは増えています。ロゴは企業の考えを視覚的に示すものですが、そこにコンセプトを体現した動き加えると、静止画で見ている以上に正しくメッセージを伝えることができますし、SNSや映像でもより効果的な訴求ができるようになりますから」

ステップ1

1. Illustratorで作られたロゴデータ。これがモーションロゴの原型となります

ステップ2

2. After Effectsに付属するCinema 4D Liteで3Dモデルと基本的な動きを作成

ステップ3

3. After Effectsで3Dアニメーションを読み込み、色やレイアウト等を調整

After Effects

グラフィックデザイナーの
“動かしたい”に応えるAfter Effects

 

グラフィックデザイナーの“動かしたい”に応えるAfter Effects

「環境省の『国立公園』の仕事*では、映像の最後に挿入されるロゴのモーションを担当しました。After EffectsはIllustratorのパスをそのまま読み込むことができるので、パーツごとに読み込ませて、そこに動きを加えています。

もともと、After Effectsを使い始めたのは、社内のグラフィックデザイナーからロゴを動かしたいという要望をもらったのがきっかけです。

After Effectsというと、“難しい映像系のアプリケーション”と思われがちですが、Illustratorで作ったロゴを動かすだけなら、それほどスキルを必要としませんし、社内でAfter Effectsの使いかたを説明するときも、“こんなに簡単にロゴを動かせるんだ”と言われるほどです。

いまはグラフィックデザインにも、時間軸を持たせたコミュニケーションが求められていると感じます。After Effectsはそうしたグラフィックデザイナーの“動かしたい欲”に応えられるアプリケーションだと思います」

*業務名:平成29年度国立公園統一マークを核としたブランディング素材作成等業務

Illustrator

揃える基準を確認しながらデザインできる
Illustratorの「グリフにスナップ」

 

 揃える基準を確認しながらデザインできるIllustratorの「グリフにスナップ」

「ロゴを作るときに特に便利な機能がフォントが持つベースライン、xハイト、仮想ボディのラインや、文字の各部分にオブジェクトを合わせることができる『グリフにスナップ』です。

これまでの『スマートガイド』は、どこを基準にスナップしているのかがわかりにくいことがありましたが、『グリフにスナップ』ならスナップの瞬間にその基準が表示されるので、安心して作業ができます。

たとえば、『グリフにスナップ』の『ベースライン』をオンにすれば、Oのような膨らみを視覚的に考慮して揃えることができますし、『グリフの境界』なら文字のかたちそのものにピッタリ揃えることができます。

文字のかたちにオブジェクトを合わせたいというときに便利なのが『角度ガイド』と『アンカーポイント』です。文字をアウトライン化しなくても、オブジェクトと文字の角度を揃えたり、文字の角に正確に合わせることができるようになりました。

『グリフにスナップ』は、デザイナーがこれまで経験的にやっていた作業を機械的にアシストしてくれる機能ですね」

Illustrator、After Effectsをはじめとするアプリから、フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。

 

詳細無料で始める

西脇和馬

後藤健人

Webデザイナー/モーションデザイナー

1988年生まれ。名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科卒業。Web制作会社を経て、2016年、日本デザインセンター入社。Webデザイン、フロントエンドの実装を中心に、映像・モーショングラフィックスなど、横断的にオンスクリーンメディアのデザインを手がける。おもな仕事に「FONTPLUS」「Fontworksコーポレートサイト」のアートディレクション、「Osaka Metro」モーションロゴ等がある。

日本デザインセンター Webサイト
日本デザインセンター オンスクリーン制作室 Webサイト

第一線のクリエイターが
さまざまな「プラスワン」仕事術を紹介!

その他の記事を読む ›

時短勝負!CCだとどれくらい早い?

IllustratorやPhotoshopでよく行う作業を、新旧バージョンを使用した場合で比較してみました。
デザイナーの仕事を早くする時短テクをご覧ください。

Illustratorでチラシ制作
Illustratorで企画書制作
Photoshopでポスター制作
Photoshopでバナー制作
コンプリートプランがおとく

3アプリ以上ならコンプリートプランがお得

使わない製品の分だけ割高になるのでは?と思われがちですが、3本以上の製品をご利用になる場合は、コンプリートプランのほうが割安です。

例えば、Illustrator、Photoshop、Acrobatの3製品を単体で購入するよりも、コンプリートプランのほうが年間で最大23,232円*もお得。続々追加される新しいアプリやサービスも、追加料金なしで利用可能です。

*Creative Cloud個人版の通常価格で比較(税込)

個人版を購入法人版を購入

最適なCreative Cloudプランをお選びください

個人版コンプリートプラン

月額6,248 (税込)

20以上のクリエイティブアプリとサービスをご利用いただけます。 製品一覧を見る

学生・教職員向けコンプリートプラン

2,178 /月(税込)

20を超えるCreative Cloudアプリが最大65%OFFご利用す。 詳細を見る

法人向け

4,158 /月 (税込) ~(1ライセンス)

容易なライセンス管理や、エキスパートよるサポートなど、法人利用適した機能サービス提供

詳細を見る

電話でのご注文:0120-921-104