デザイン表現のひきだしを増やす
IllustratorAdobe Stock&Adobe Fonts活用術

デザイン表現のひきだしを増やす
IllustratorAdobe Stock&Adobe Fonts活用術

 最大38%OFF!Black Fridayセールは12月2日(金)まで​ 
法人なら最大35%OFF 、学生・教職員は最大73%OFF​

新たな力をもう1つ - Plus One

エディトリアルデザインで培った編集的視点を生かした多角的なデザインで、多くのクライアントから信頼を集めるデザイン会社・soda design。その名の示す通り、“鮮やかな色でシュワっと刺激的なソーダ水”のような新鮮なデザインをユーモアを交えながら提案するスタイルで、常に時代の半歩先をいくクリエイティブを生み出しています。活動するフィールドは冊子のみならず、ブランディングパッケージ、広告等、非常に多岐に渡り、その仕事の一つ一つに整理された情報と高度なビジュアルディレクションのワザが光ります。

見る人を惹きつけるアウトプットをスピーディに導き出すために、デジタルツールをどのように活用しているのか。同社の創立者にしてアートディレクター・柴田ユウスケさんとタキ加奈子さんによる、Adobe Illustrator、Adobe Stock、Adobe Fontsの活用法を紹介します。

"Adobe StockとAdobe Fontsがあれば限られた時間で最大限の品質と変化を追求できる"

Adobe Stockの素材で効率アップ+Adobe Fontsで常にデザインに変化を

Adobe Stockの素材で効率アップAdobe Fonts常にデザインに変化を

「エディトリアルデザインは時間も予算も限られているなかで、読者が何十ページ読んでも飽きがこないように、変化をつけることが求められます。デザインに変化をつける方法は、レイアウトに動きを出す、テクスチャで質感を増す、イメージ写真を加える、フォントで変化をつける、文字に動きを与える、目を引く色や飾りを入れる等、選択肢はさまざまです。これまでは自作の素材や紙を撮影して素材にしたり、使えそうなフォントを購入するしかありませんでしたが、最近ではまず、Adobe StockとAdobe Fontsをチェックしています。

正直言うと、サービススタート当時のAdobe Stockはいまほど点数もなく、クオリティも高い印象はありませんでしたが、あらためて見てみると品質、点数、素材として使いやすさ、どれも非常に充実していてコスパもいい。イメージカットに使える写真、地に敷くテクスチャやパターン、アイコンやピクトグラム等、デザイナーが使いやすい素材が揃っているので、Adobe Stockに契約してからは、“もう少し質感、素材感、リアリティがほしいな”というとき、素材を気軽に買うようになりました。以前ならいくつものストックサービスを吟味していましたが、いまはAdobe Stockがあれば十分ですね。

デザインに常に変化を出すために、同じフォントを何度も使うのはなるべく避けているのですが、このときもAdobe Fontsがあれば、新しいフォント、イメージに合うフォントが見つかります。

Illustratorの新機能やAdobe Stock、Adobe Stockによってデザインの効率はあがりましたが、一方で利便性ばかり求めて品質が下がってしまっては意味がありません。時間をかけるべきところに注力するために、こうした機能・サービスを使って、それ以外の部分を効率化する。使いどころの見極めが何より重要だと思います」

ステップ1

1. 文字タッチツールを使い、テキストをアウトライン化せずに文字に動きをつけます

ステップ2

2. リピート機能を使ってオブジェクトからすばやく装飾素材を追加

ステップ3

3. Adobe Stockで用意した写真を背景とタイトル文字の中に入れます

Adobe Stock

画像もベクターも充実!バリエーション豊富なAdobe Stock & Adobe Fonts

 

画像もベクター充実!バリエーション豊富なAdobe Stock & Adobe Fonts

「スピード感が求められるエディトリアルデザインの現場では、素材やフォントの引き出しを多く持っていることが大切です。Adobe StockとAdobe Fontsは、この引き出しを大幅に増やしてくれるツールだと思っています。Adobe Stockは、テクスチャやパターンを敷きたいというとき、背景や文字に写真を加えたいときによく使っています。ベクターデータの素材も充実していて、自作するには時間のかかるアイコンやピクトグラム、飾り罫、パターンがベクターデータで落とせるので使いやすい。自分が作るよりクオリティが高いものもあります。実際の仕事ではたとえば『subi』のパッケージデザインでは木のベクターデータを利用してデザインをしました。時間もコストもかけられないときにちょうどいい素材があるのがAdobe Stockのいいところです。最近では素材作りにAdobe Frescoを使ったり、アナログ素材のデジタル化にAdobe Captureを活用してスキャンの時間も効率化しています。

フォントを決めるときは、海外での使用例やトレンドを見て、使いかたの参考にすることが多いのですが、Adobe Fontsなら使われているフォントや、イメージが近いフォントをすぐに見つけることができるので、いまやデザインに欠かせないツールになりました。Adobe Fontsのサイトも定期的にチェックをして気になる書体があったらアクティベートしています。ほかにも、Adobe Fontsは、名刺や社内ドキュメントのようなテンプレートデザインの仕事にも活用しています。クライアントがAdobe Creative Cloudユーザーなら、使っているフォントを買ってもらわなくても、まったく同じ環境で開くことができますから」

illustrator

魅力的なデザイン素材をすばやく作る!Illustratorのリピート機能

 

魅力的なデザイン素材をすばやく作る!Illustratorのリピート機能

「円環状に複製できるリピート/ラジアルは、ふきだしやちょっとしたデザイン素材、装飾パーツを作るのに便利な機能で、今回の誌面デザイン例の背景はすべてこの機能で作られています。元になるオブジェクトを編集するとコピーされた全体にも適用されるのも便利なポイントで、自分でも思いがけないかたちを作れることもあります。

タイル状に複製できるリピート/グリッド(上図)はパターンにも似た機能ですが、パターンスウォッチを作成してパターン編集モードに入らなくても、適用する範囲をドラッグするだけで密度や並びを調整しながらオブジェクトを敷き詰めることができます。厳密な調整が必要なときはパターンを使い、すばやく作りたいときはリピート/グリッドを使うと効率的にデザインが進められる思います。

使ってみたら意外と便利な機能だったのが文字タッチツールです。これまでならアウトライン化して1文字ずつバラさないと難しかった、一文字ずつ文字に動きをつけるという作業が、テキスト属性のまま直感的に操作できるようになりました。これなら後から修正が入っても、文字のアウトラインからやり直す必要がありません。特殊なオブジェクトになるわけではなく、編集した設定が文字パネル上に反映されるという点もいいところです。最近のIllustratorは、これまで数手順かかっていた作業を省力化してくれる機能が増えていて、進行がタイトなデザインの現場では非常に助かりますね」

Illustratorをはじめとするアプリから、フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。

soda design

soda design

柴田ユウスケ(左)タキ加奈子(右)によるデザインスタジオ。ともに1982年生まれ、東京造形大学卒業。柴田は2007年に大学院秋田研究室卒業後、デザイン社勤務を経て2010年独立。タキはアキタ・デザイン・カン、CAPを経て2012年独立。2009年よりsoda designとして活動を始め、2013年に法人化。ブランディングとエディトリアルデザインを中心に、カテゴリにとらわれず様々な分野に携わっている。

web | Instagram

第一線のクリエイターが
さまざまな「プラスワン」仕事術を紹介!

その他の記事を読む ›

時短勝負!CCだとどれくらい早い?

IllustratorやPhotoshopでよく行う作業を、新旧バージョンを使用した場合で比較してみました。
デザイナーの仕事を早くする時短テクをご覧ください。

Illustratorでチラシ制作
Illustratorで企画書制作
Photoshopでポスター制作
Photoshopでバナー制作
コンプリートプランがおとく

3アプリ以上ならコンプリートプランがお得

使わない製品の分だけ割高になるのでは?と思われがちですが、3本以上の製品をご利用になる場合は、コンプリートプランのほうが割安です。

例えば、Illustrator、Photoshop、Acrobatの3製品を単体で購入するよりも、コンプリートプランのほうがお得。続々追加される新しいアプリやサービスも、追加料金なしで利用可能です。

*Creative Cloud個人版の通常価格で比較(税込)

個人版を購入法人版を購入

最適なCreative Cloudプランをお選びください

 最大38%OFF

個人向け

3,960 円/月 (税込)

Premiere Pro, Acrobat Proも使えるコンプリートプラン通常価格6,480円が最大38%OFF。Black Fridayセール!12/2まで。

 最大73%OFF

学生・教職員向け

1,738 円/月 (税込)

学割価格が今だけさらにお得。個人向け通常価格から73%OFF。Black Fridayセール!12/2まで。
詳細を見る

最大35%OFF

法人版

6,248 円/月 (税込)

法人向けもコンプリートプランが セール中。Black Fridayセール!12/2まで。

詳細を見る

電話でのご注文:0120-921-104