ほんのひと手間写真魅力映像変える

Photoshop Premiere Pro & After Effects

ほんのひと手間写真魅力映像変える
Photoshop Premiere Pro & After Effects

最大36%OFF! Cyber Mondayセール​

12/3(金)まで​

新たな力をもう1つ - Plus One

グラフィックから映像、webとメディアを超えたデザインを展開する株式会社パレイドで代表を務めるクリエイティブディレクター真辺庄帝さんグラフィックデザイン始まったキャリアは、時代の流れに合わせて柔軟に変化、拡張していき、いまやあらゆるメディアの、あらゆるクリエイティブを手がけるまで至ってます。

幅広いジャンルのなかでも、その中心ある常にグラフィックデザイン。そこからこれほどまでメディア拡張することできたなぜでしょうか。Adobe PhotoshopAdobe IllustratorいったグラフィックアプリケーショAdobe Premiere ProやAdobe After Effectsといった動画アプリショ組み合わせて、グラフィック+1デザインでより効果的な提案をしていく、真辺さんクリエイティブメソッドついて伺いした。

“いまや映像もデザイナー領域ティ世界広がる

Photoshopで人物を切り抜き →After Effects & Premiere Proで動きをつける

Photoshopで人物を切り抜き

→After Effects & Premiere Pro動きつける

「時代に合うミュケーショ考えたとき動画もアップできるInstagramTwitter、サイネージ静止画済ませてしまうなく、(この例のように写真動きある文字加えるだけでも、より多くの人の目を引く、リッチなコンテンツにすることできます。

動画映像制作専門家の仕事と思いがちですが、この動画はPhotoshopの『被写体を選択』写真から人物切り出しておき、After Effects作成したメーショともPremiere Proムービーして書き出しいるだけです。いわゆる映像編集のスキルは必要としません。

たとえば、Tシャツの絵柄がグラフィックデザイナーの領域であるのと同じように、こうした写真に動きを与える表現もまたグラフィックデザインの領域にあると考えています。メディアや表現によって自分のフィールドではないと線引きするのはもったいないと思います。グラフィックデザイナーだからこそできる動画表現があるはずです。

グラフィックにアクセントを加えるためだけにAfter EffectsとPremiere Proを使う、そうした贅沢な使いかたができることはAdobe Creative Cloudのメリットです。とにかく触ってみればPhotoshopやIllustratorと基本構造同じあること、操作の親和性高いことは実感できる。平面の静止画表現にとらわれることなく、時代の変化に合わせて表現の幅を広げていくことは、必ず次の仕事につながるきっかけになると思います」

ステップ1

1. Photoshopで写真を開き、「被写体を選択」を使って人物選択範囲設定して切り抜き、ライブラリ登録します

ステップ2

2. After Effectsを使って、人物の背景に表示させ動きあるテキスト(テキストアニメーション)を作成します

ステップ3

3. Premiere Proで下から順に背景写真テキストアニメーション人物写真を配置すれば、人物うしろに文字が浮かぶ映像に

Photoshop

複雑な選択範囲をコマンドひとつで作成

Photoshopの「被写体を選択」

複雑な選択範囲をコマンドひとつで作成 Photoshopの「被写体を選択」

「Photoshopの『被写体を選択』を使うと、これまで1時間かかっていたような複雑な選択範囲作成が、コマンドひとつで80〜90点のところまで一気に到達できる。複雑な背景でもまるで白バックで撮影した写真のようにきれいに選択できるAIAdobe Sensei)の精度は驚異的です。ここから100点を目指してブラッシュアップするだけでも大幅な時間短縮になりますし、サイズの小さいサムネール画像であれば、これで充分というケースもあるでしょう。

ここまでのクオリティが出せるのなら、『被写体を選択』をアクションに組み込み、手間のかかっていた切り抜きを自動化する、被写体と背景を個別に自動補正するという使いかたもできますし、背景に動画を合成して、よりリッチなコンテンツに仕上げることもできる。効率だけでなく、トータルの品質も上げることができる、非常に便利な機能だと思います」

Premiere pro

動画編集アプリで写真に動きを加えて

SNSに強いリッチなコンテンツに

動画編集アプリで写真に動きを加えて SNSに強いリッチなコンテンツに

「今回の例のようなグラフィックに+α表現を加えるだけなら、映像編集の知識はそれほど必要ありませんし、なにより“Premiere ProとAfter Effectsは映像制作使うもの”思い込んでしまうもったいない思います。

人物のうしろにただ動く文字を入れるだけなら、PhotoshopPremiere Proだけ完結させることできますが、ここではふわり文字が浮かび上がるようしたかったで、テキストアニメーションだけAfter Effects作成しています。Premiere ProにAfter Effectsを組み合わせることで、映像写真文字さまざま効果つけようなります。

動画にはビジュアルの見せかたや構図、文字の組みかたなど、グラフィックのスキルを活かせる部分もたくさんあります。むしろ動画・映像こそ、これからグラフィックデザイナーが関わるべき、取り組むべき領域なのではないかと思っています」

Photoshop、Premiere Proをはじめとするアプリから、
フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。

 

詳細無料で始める

真辺庄帝

真辺庄帝

クリエイティブディレクター

2001年よりグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタート。2015年にブランディング、映像、webを主軸とした制作会社・株式会社パレイドを設立し、ブランディング、映像、web、ファッションなど、メディアの垣根を越えたクリエイティブを展開している。

株式会社パレイド 公式webサイト
SHOMA Online Store ›
YouTubeデザイン専門学校 「クワガタデザイン研究所」›

第一線のクリエイターが
さまざまな「プラスワン」仕事術を紹介!

その他の記事を読む ›

時短勝負!CCだとどれくらい早い?

IllustratorやPhotoshopでよく行う作業を、新旧バージョンを使用した場合で比較してみました。
デザイナーの仕事を早くする時短テクをご覧ください。

Illustratorでチラシ制作
Illustratorで企画書制作
Photoshopでポスター制作
Photoshopでバナー制作
コンプリートプランがおとく

3アプリ以上ならコンプリートプランがお得

使わない製品の分だけ割高になるのでは?と思われがちですが、3本以上の製品をご利用になる場合は、コンプリートプランのほうが割安です。

例えば、Illustrator、Photoshop、Acrobatの3製品を単体で購入するよりも、コンプリートプランのほうが年間で最大23,232円*もお得。続々追加される新しいアプリやサービスも、追加料金なしで利用可能です。

*Creative Cloud個人版の通常価格で比較(税込)

個人版を購入法人版を購入

最適なCreative Cloudプランをお選びください

個人版コンプリートプラン

月額6,248 (税込)

20以上のクリエイティブアプリとサービスをご利用いただけます。 製品一覧を見る

学生・教職員向けコンプリートプラン

2,178 /月(税込)

20を超えるCreative Cloudアプリが最大65%OFFご利用す。 詳細を見る

法人向け

4,158 /月 (税込) ~(1ライセンス)

容易なライセンス管理や、エキスパートよるサポートなど、法人利用適した機能サービス提供

詳細を見る

電話でのご注文:0120-921-104