ベストテン
Creative Cloud ベストテン

これまでCreative Cloud追加されてきた数え切れないほど機能サービスからユーザー皆様から特に評価の高いものアドビ製品担当者が厳選してランキング化。
定番機能から最新機能まで、Creative Cloud 絶対おすすめベストテン紹介

coediting
Vlogにインパクトを与える
Vlogのイメージを変えてみる
Vlogのクオリティを上げる
Vlogのイメージを変えてみる

グラフィックデザイン部門

icon-crown01.svg
クラウドドキュメント

ニューラルフィルター

Adobe Sensei 技術を活用した⾵景写真の季節や時刻などを1「⾵情、齢、変える「スなど、幅広く探求できます。

icon-crown02.svg
被写体の選択

Adobe Fontsフォントサービス

20,000以上の高品質なフォントをIllustratorやPhotoshopなどのアプリ内から直接検索して使用できるフォントサービス。「ヒグミン」や昭和書体のフォントなどが新たに追加され、日本語フォントも500以上とさらに充実しました。

icon-crown03.svg
adobe fonts

クラウドドキュメント

IllustratorやPhotoshopで制作したデザインをとして保存し、およびiPadからいつでもしてルを保ち、ンのす。

刷新した3D効果

回転、回転体、押し出しによるオブジェクトの立体化から、ベベル、ライト、シャドウの調整、さらにAdobe Substanceマテリアルの適用、レンダリングまでを1つの3Dパネルから実行できます。

5

オブジェクト選択ツールの向上

画像上でカーソルを合わせてクリックするだけでオブジェクトを自動的に選択できます。さらに、選択されたすべてのオブジェクトに対してワンクリックでマスクを生成することも可能です。

Creative Cloudライブラリ

クラウド上に用意された「素材置き場」です。写真やグラフィック、ブラシ、カラーなどの素材をこのライブラリに保存しておくことで、複数のアプリ間、ユーザー間で簡単に共有できます。

パフォーマンスの向上

Photoshop、Illustrator、InDesignがAppleシリコン搭載デバイスにネイティブ対応 MI Mac上において全体的なスピードとパフォーマンスが飛躍的に向上しています。

レビュー用に共有

アプリ内からすばやくデザインのレビューを開始できます。関係者はブラウザーでドキュメントを表示し、フィードバックを返すことができ、それをアプリ内で確認しながら編集できます。

コンテンツに応じた塗りつぶし

Photoshopの代表的機能が、Adobe Senseiのパワーで大幅に進化。結果をプレビューしながら画像のサンプリング領域を選択できるほか、回転、拡大縮小、ミラーによる塗りの適用も可能です。

デフォルト設定の見直し

ユーザー様からの声を反映し、Illustratorの文字ツールを使用する際に自動で挿入されるサンプルテキスト(山路を登りながら)のオプションが、デフォルトではオフの設定となりました。

この機能もおすすめ!

  • 被写体の選択(Photoshop)
  • PhotoshopとIllustrator間連携強化(Photoshop、Illustrator)
  • Adobe Stock(ストック素材サービス)

Web&UXデザイン部門

icon-crown01.svg
コンテンツに応じたレイアウト

コンテンツに応じたレイアウト

「自動高さ調整」機能により、テキストボックス内の文字量を変更すると、それに合わせてボックスの高さが自動的に追従します。パディングやスタックと組み合わせると、レイアウトも自動的に調整されるため、修正作業がスピードアップします。

icon-crown02.svg
リアルタイム共同編集

リアルタイム共同編集

複数のデザイナーが1つのXDクラウドドキュメントを共有し、同時にデザインや更新作業を行えるため、作業の重複や競合を避けることができます。作業中は、他の人がドキュメントのどの部分で作業しているかが明確にわかります。

icon-crown03.svg
デザインシステムのサポート

デザインシステムのサポート

カラー、文字スタイル、グラフィック、コンなどを含むデザインシステムをCreative Cloudライブラリで作成、ムが大規模なトを手がける場合でも、ドの一貫性を維持できます。

コンポーネント

ナビゲーションバーやボタンなど、一度の作成で繰り返し再利用できるコンポーネント。変更内容はデザインやドキュメント全体に瞬時に反映されるため、反復作業や修正時間を大幅に減らせます。

バージョンの管理

クラウドドキュメントの活用により、作業履歴のキーとなるバージョンを容易に作成し、Adobe XD内から迅速にアクセスできます。また、Dreamweaverでは、Gitとの連携によるバージョン管理が可能です。

レスポンシブデザイン

Bootstrapと連携するDreamweaverを使用して、レスポンシブなWebサイトをすばやく構築できます。XDでは、画面サイズに合わせてグループ化されたオブジェクトやコンポーネントを簡単にリサイズできます。

強力で豊富なプラグイン

開発者コミュニティが作成した多彩なプラグインを追加して、ワークフローや連携用にXDの機能を拡張できます。プラグインマネージャーにより、XD内からプラグインの検索や参照、インストールが簡単にできます。

ライブプレビュー

デスクトップで作成したモバイルデザインをスマートフォンやタブレット上でリアルタイムに表示し、外観や動作を確認できます。デスクトップで加えた変更は、すべてのプロトタイプに自動的に反映されます。

ビデオの再生

Adobe XDプロトタイプにビデオを配置し、共有リンクからブラウザーで再生できるようになりました。ビデオをトリミングしたり、再生タイミング(自動、タップで開始など)を設定したり、カスタムサムネイル画像をアップロードしたりすることも可能です。

デザインからコード生成

IllustratorやPhotoshopで作成したデザイン、またはXDのデザインスペックからCSSコードを自動で生成し、Dreamweaverなどにコピー&ペーストしたり、ファイルに書き出して開発者に渡すこともできます。

この機能もおすすめ!

  • Lottieアニメーションの再生(XD)
  • アセット書き出し(XD、Photoshop、Illustrator)

フォト部門

icon-crown01.svg
ニューラルフィルター

高度なマスク機能

数種類の部分補正ツールが新しい集約され、好みの方法で特定の領域を編集できます。人物やなどの被写体、または空を1すばやく選択できるAdobe Sensei搭載ツールも追加されました。

icon-crown02.svg
空を置き換え

 AIを活用したプリセット検索

Adobe SenseiのAI技術を活用し、それぞれの写真に合ったおすすめのを1ク表示します。合わせるだけで、補正結果をでき、1ク写真に適用することができます。

icon-crown03.svg
カラーグレーディング

ニューラルフィルター

Adobe SenseiのAI技術を活用して、画像に対する複雑な調整を瞬時に適用できるです。芸術的なスタイルを画像に1ク適用したり、白黒写真をカラーに変換したり、写真の背景を写実的にぼかしたりできます。

スーパー解像度

RAWまたはJPEGやTIFFなどの画像の解像度を縦横それぞれ2倍、総ピクセル数4倍まで上げることができます。遠くにある被写体をトリミングして拡大するときなどに威力を発揮します。

アルバムの共同編集

自分のアルバムを共有し、他のユーザーを招待して写真の追加や編集をしてもらうことができます。共有アルバム機能は、デスクトップ版およびモバイル版のLightroomで利用可能です。

オブジェクト選択ツールの向上

画像上でカーソルを合わせてクリックするだけでオブジェクトを自動的に選択できます。さらに、選択されたすべてのオブジェクトに対してワンクリックでマスクを生成することも可能です。

被写体を選択

Adobe SenseiのAI技術により、画像内の目立った人物やオブジェクトを1クリックで自動的に選択できます。さらに「選択とマスク」ワークスペース内で細かい部分の調整が行えます。

プレミアムプリセット

著名なフォトグラファーたちが細部までこだわりを持って作成した高品質なプリセットを利用できます。ポートレート、旅行、映画、ビンテージなどさまざまなカテゴリーに対応しています。

お互いの写真を編集し合える「リミックス」

Lightroom内で他の写真家が編集した写真を表示して内容を参考にしたり、編集を加えてコメントを投稿したりできます。自分の写真を共有して他のユーザーに編集を許可することも可能です。

切り抜きオーバーレイ

切り抜きと回転パネルで、グリッド、対角線、中央、黄金比、黄金螺旋などのオーバーレイを選択することができ、それらを表示しながら思いどおりの切り抜きが行えます。

この機能もおすすめ!

  • Apple ProRaw画像用の新しいプロファイル(Lightroom)

ビデオ部門

icon-crown01.svg
Adobe Stockオーディオとの連携

音声のテキスト化

動画内の音声から文字起こしデータを生成し、さらにとして追加するまでをPremiere Pro内で自動化できます。日本語を含む13の言語に対応。文字起こしまたは作成後も変更や編集が可能です。

Adobe Premiere icon
icon-crown02.svg
シーン編集検出

マルチフレームレンダリング対応

パブリックベータ版として提供されていたレー正式リービューに、CPUのすべてのコアを最大限に活用することで、最大4倍のフォー発揮します。

icon-crown03.svg
ロトブラシ2

ボディートラッカー

体を使ってキャラクターメーショライブで実行す。Adobe Sensei搭載のBody Trackerは、webカメラを使用して人体の動きを自動的に検出し、それをキャターに適用してメーションを作成

テキストグラデーション・複数シャドウ対応

エッセンシャルグラフィックスパネルで、テキストにカラーグラデーションを設定できるようになりました。また、テキストレイヤーに複数のシャドウを追加する機能も追加されています。

Adobe Premiere icon

リモート通知機能

レンダリングが完了したときに、Creative Cloud デスクトップまたはモバイルアプリで通知を受け取ることができます。通知をスマートウォッチへリンクさせることも可能です。

シーケンスを簡易化

シーケンスの簡易的なコピーを作成して、空のトラック、トランジション、グラフィック、マーカーなどの不要な要素を削除し、すっきりした体裁のタイムラインを表示します。

Adobe Premiere icon

レガシータイトルをエッセンシャルグラフィックスで編集可能に

レガシータイトルをソースグラフィックに変換することで、他のプロジェクトと一緒に保存したり、エッセンシャルグラフィックスパネルの最新ツールを使用して編集したりすることができます。

Adobe Premiere icon

シーン編集の検出の高速化

自動的にフッテージの編集ポイントを検出する「シーン編集の検出」機能が、macOSWindowsで最大2倍、Apple M1デバイスで3倍高速になりました。

Adobe Premiere icon

3D操作の向上

3D変形ギズモや3Dナビゲーション用のカメラツールを含む「3Dデザインスペース」の導入により、After Effectsで3Dコンテンツをより高速かつ正確にデザイン、複合することができます。

スマートリプレー

新しいシーンでの録音中にトリガーされたリプレーは、トリガーバーとして表示されるようになり、タイムラインがよりシンプルでコンパクトになり、変更しやすくなりました。

この機能もおすすめ!

  • M1 Mac 対応(Premiere Pro、Character Animator)

知らないと損をする

Creative Cloudのキホン

 

おすすめの機能やサービスはまだまだありますが、ここで基本のおさらいを。Creative Cloudには、さまざまなメリットがあります。

いつでも最新のアプリや サービスが使える

いつでも最新のアプリやサービスが使える

随時アッデーされるアプリやサーすぐに使えます。

MacでもWindowsでも 2台までOK

MacでもWindowsでも2台までOK

1人の使用者につき、OS問わず2台までのコンピュータにインストール可能です(同時起動はできません)。

フォントなどの サービスも使える

フォントなどサービスも使える

20,000以上ものフォントを利用できるAdobe Fonts、クラウドレーポーサーなどが、追加料金なしで利用ます。

最適なCreative Cloudプランをお選びください

個人向け

6,480 円/月  (税込)

20以上のCreative Cloudアプリとサービスをご利用いただけます。
製品一覧を見る | 詳細を見る

学生・教職員向け

1,980 円/月  (税込)

20以上のCreative Cloudアプリが69%以上の割引価格でご利用いただけます。
詳細を見る

法人版

4,380 /月(1ライセンスあたり) (税込)

優れた作品を制作するために必要なすべてが揃っています。さらにライセンス管理が簡単になり、高度なサポートなども提供されます。
詳細を見る

電話でのご注文:0120-921-104