写真を仕事にするには

写真を趣味から実益にレベルアップしませんか。写真を仕事にし、情熱をキャリアに変える方法を学びましょう。

開業費用の検討

写真を仕事にするには相当のお金がかかります。開業する前に、どれだけの費用がかかるのか、どうやって支払うのか、よく考えてみましょう。

写真スタジオの開業に主にコストがかかのるは、次のようなものです。

カメラ、レンズ、フラッシュなどの標準的な写真機材

高性能なグラフィック機能を備えたパソコン

メモリカードと外付けハードドライブ

Adobe PhotoshopやLightroomなどの写真編集ソフト

Webサイトのホスティング

保険

会計ソフト

スタジオやオフィスのスペース

ポートフォリオの作成

作品を見ずに写真家を採用する人はいません。写真をビジネスとして始める際には、魅力的なポートフォリオの作成が不可欠です。

ポートフォリオを作るときは、作品を見せる相手のことを考えましょう。例えば、ポートレート写真を専門にしたいなら、風景写真をポートフォリオに入れても意味がありません。ポートフォリオは、希望する分野での実力を示せるものにしましょう。

料金プランの提示

撮影料金はいくらに設定すればいいでしょうか?撮影の料金プランを作るには、希望する1時間あたりの収入を考えます。

気を付けるべき点は、労働時間の多くは撮影以外に費やされるということです。1時間の撮影には、約3時間の編集作業が伴います。1時間あたり50 ドルの収入を望むとすれば、1時間の写真撮影で200 ドルを請求する必要があります。

マーケティングの必要性

ただ待っているだけではお客さんは来ません。世間に名前を知ってもらわなければなりません。実力を広くアピールするために、マーケティングに投資しましょう。

Webサイト

名刺

ソーシャルメディア

検索広告

ネットワーク作り

作品が多くの人の目に触れるようになれば、あなたに興味を持ってくれる将来のお客さんが増えることになります。

また、写真の腕をさらに磨くのに役立つ、写真撮影のヒントも見てみましょう。

**LightroomPhotoshop**を使って、将来のお客さんを魅了する写真でポートフォリオをいっぱいにしましょう。