マクロ撮影:iPhoneで撮影する際のヒント

マクロ写真について理解を深め、iPhoneでマクロ写真を撮影するのに必要な機材と、拡大写真を撮る際のヒントを学びましょう。

マクロ撮影は、初心者も上級者も楽しめる撮影方法です。マクロ撮影とは、被写体を至近距離から撮影する技法のことで、虫や花などの非常に小さな被写体を拡大したり、大きな被写体の一部を切り取ったりして写真に収めます。マクロ撮影は必ずしも簡単ではありませんが、ヒントやコツをいくつか覚えておけば、すぐにiPhoneで素敵なマクロ写真を撮れるようになります。

小さな被写体で大きなインパクトを出す

マクロ写真の素晴らしいところは、ほとんどどこにいても被写体を見つけられることです。家から出なくても、たくさんのインスピレーションが湧いてきます。

試しに、クリップや鉛筆削りのような毎日目にしている物を撮ってみましょう。食べ物もまた、マクロ撮影にうってつけです。小さな冒険に出る準備が整ったら、近所に咲いているや、地面にいる虫に目を向けてみましょう。

必要な機材

iPhoneだけでも、かなり綺麗なマクロ写真を撮影できますが、写真をさらに美しく仕上げるための機材も市販されています。

外付けレンズOlloclip、SquidCam、Photojojoなどの市販のレンズを使えば、7倍、14倍、21倍といった倍率に拡大して撮影できます。

三脚カメラの揺れを防ぎ、安定させて撮影するために三脚を使いましょう。三脚がないときは、テーブル、壁、地面などを使ってスマートフォンを固定します。

マクロ撮影のヒント

光量に注意光が足りないと、写真が暗くなりすぎてぼやけてしまいます。一方で、光が多すぎると、細部の鮮明さが失われ、マクロ写真のインパクトが弱くなります。

手動モードで撮影する自動モードでは、どこにピントを合わせるべきかカメラが判断できません。

ピントを固定するピントを合わせたい所を決めたら、画面をタップしてそこに固定します。そうすると、背景はわずかにぼかしつつ、被写体は鮮明に写し出すことができます。

さらに多くの、試してみたい写真のヒントとテクニックも見てみましょう。

いろいろなマクロ撮影を試すときには、**Adobe PhotoshopLightroom**の多彩な機能も確認してみましょう。