Photoshopで白黒フィルターを作る方法

白黒画像には、フルカラー写真には無い効果があります。その効果を利用して、過ぎ去った時代を思わせる雰囲気を作り出したり、被写体に注目を集めたりしましょう。

鮮やかな色彩は生活を豊かにします。しかし、写真に関して言えば、色があることで気が散ってしまう場合もあります。線や形や質感に注目させたいなら、画像を白黒に変えてみましょう。簡単な方法で写真の色を必要な分だけ取り除き、より興味を引く一枚を作りだすことができます。

白黒フィルターの作り方

Photoshopで白黒画像を作るには、明暗のレベルを調整する必要があります。手順は簡単です。

レイヤー/新規調整レイヤー/白黒を選択すると、画像を構成するそれぞれの色の明るさを調整できます。ここを操作して、グレートーン以外の色を取り除くことができます。

レイヤー/新規調整レイヤー/レベル補正を選択すると、入力チャンネルと出力チャンネルの明暗レベルを調整できるコントロール画面が開きます。これらのコントロール機能を色々と試して、印象的な白黒画像を作ることができます。

以下に説明するひと手間をかけると、画像のフォーカルポイントにもっと注目を集めることができます。まず、楕円形選択ツールを使ってフォーカルポイントの周りを選択し、選択範囲を反転すると、反転させた範囲をそのレイヤー上で非表示にできます。次に、反転した選択範囲の境界にぼかし(ガウス)効果を適用します。すると、画像の境界周辺では光を少なくし、フォーカルポイント周辺では光を多くするエフェクトを作り出せます。

レトロ調にしたいときも、ミステリアスな効果や無気味な効果を狙うときも、被写体の一部に特に注目を集めたいときも、白黒フィルターを使えば、邪魔な色を取り除いたり抑えたりすることができます。

その他の写真制作に役立つテクニックも探してみましょう。

また、**Adobe Photoshop**のフィルターを使って写真をもっと面白くする様々な方法も見てみましょう。