トランスコードで動画のパフォーマンスを向上

Adobe Premiere Proで色々な形式をトランスコードする方法を見いだし、動画の再生パフォーマンスと品質を最適化しましょう。

コーヒーを片手にノートパソコンでトランスコードソフトを使う人

トランスコードとは?なぜ重要なのか?

動画では大きなサイズのファイルが使われます。動画の品質が良いほど、また、作業する映像が多いほど、そうした動画ファイルはコンピューターシステムへの負担を大きくします。トランスコードは、動画ファイルを 新しい形式でコピーし、ワークフローをスムーズにして編集プラットフォームで効率よく再生できるようになります。

 

動画トランスコードの処理

編集アプリで複数の種類のファイルを処理すると、アプリがそれらをリアルタイムで解読しようとしてフレームを落としてしまいます。それは、つまり映像の画質を落とすことになります。トランスコード(デコード、リフォーマット、リエンコード)はさまざまなタイプの元映像を、1つのビデオコーデック、つまり1つのファイル形式に再コード化します。これは編集プログラムの機能性を向上させるだけでなく、映画制作者の使用満足度をも向上させます。他のクリエーターやエディターと一緒に作業する時にそのことに気が付きます。トランスコードを実行すると、すべての関係者が作業できる共通のファイルタイプを生み出すことができます。

 

トランスコードは、元の動画ファイルと同じフレームレートで、同じフレームサイズです。1時間の映像であれば、トランスコードも1時間です。しかし、複数の動画形式で混乱するよりもトランスコードした映像の方がより早く編集できます。トランスコードは編集プログラムの負担を軽くするので、コンピューターがより早く作動します。その結果、編集作業の効率性が高まります。

 

例えば、多くのエディターはスマートフォンの映像を編集します。この動画クリップの多くは、 H264 またはHEVCファイル形式で、この形式はコンピューターのプロセッサーに負担をかけます。それはつまり、コンピューターの動きが遅くなるということを意味します。これらのファイルを ProRes DNx のような動画形式にトランスコードすると、より早く編集作業ができるようになります。

木の枝に座っているオオハシの写真とトランスコードのためのAdobe Premiere Proのエクスポート設定とビットレート設定のウィンドウ

Adobe Premiere Proで動画をトランスコードする方法

ファイルをトランスコードできる時は2回あります。編集作業の前または途中、そして編集作業が完了した時です。

 

バックグラウンドでトランスコードする

作業を始める前に、すべてのファイルをトランスコードできますが、より早くトランスコードをしたい場合もあるでしょう。編集作業中に動画コンテンツをトランスコードするに当たり、Premiere Pro Adobe Media Encoder をバックグランドの動画トランスコーダーとして使います。すなわち、元の形式でファイルを編集することになります。ファイルがトランスコードされると、Media Encoderが新しいバージョンにリンクしなおします。

 

Media Encoder によるさまざまなコーデックスへのファイルのトランスコードとPremiere Proの進行状況パネルで変換を追跡する方法を学びましょう。

 

高画質表示のために動画をトランスコードする

トランスコードは、編集作業の流れをスムーズにするだけではありません。動画の表示も最適化する重要な処理です。このトランスコードの一部にトランスレートがあります。これはビットレートを変換して、4K のように大きなファイルサイズの動画でも、高画質の動画ストリームやその他の出力形式に変換します。この機能により、大きすぎる動画ファイルに起きるバッファリングやその他の帯域幅に関する問題の発生を防ぐことができます。

 

Premiere Proで作品を最終的に仕上げましたら、後は簡単なトランスコードが待っています。

 

  • 「ファイル」に移動し、「エクスポート」をクリックして「メディア」を選択します
  • 使いたい出力形式を選択します。何を使っていいか分からない場合は、 HD64にすると利用範囲が広くて便利です
  • 高、中、低のどれかのビットレートのレベルを選択します。選択したレベルによって、数字による予想ビットレートがダイアログボックスに表示されます。動画をどこに投稿するか、既に決まっている場合は、ビットレートを正確な数字に直す必要があります。これは固定ビットレート(CBR)と呼ばれます
  • 可変ビットレート(VBR)でエクスポートすることもでき、この場合、ビットレートが動画の再生中、ビットレートのレベルを調整して、いつでも最適な状態で再生されるようにします
  •  「エクスポート」をクリックします。動画がターゲットとするデバイス、または 再生したいプラットフォーム用にトランスコードを始めます
デスクトップコンピュータでトランスコードソフトを使っている人

エディターと視聴者のユーザー体験を向上するトランスコード

初めて動画をトランスコードする時は、まず動画の一部分をエクスポートしてみましょう。これで、正しく圧縮できるかどうか確かめます。トランスコードにかかる時間は、動画の再生時間と同じなので、このようにすれば、間違えた場合に、最初から全部をやり直すなど時間を無駄にすることを防げます。

 

また、将来作る作品のために、エクスポートのプリセットを作っておくと時間を節約できます。トランスコードをして、それをエクスポートする時の設定を保存します。

 

面倒なように見えますが、トランスコードは動画の処理のため、また動画を最適な状態で表示するためには重要なツールです。この作業を円滑にするのがPremiere Pro とMedia Encode です。これらのツールで、最高の動画クリップを作成し、好みのプラットフォームに最適な形式でエクスポートできます。トランスコードで時間を節約すれば、その分作品を完成度の高いものにするための時間がとれます。

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

ノートパソコン上の Adobe Media Encoder インターフェイス部分の図の表示

Adobe Media Encoder で動画サイズを縮小する

品質を落とさずに動画のサイズを縮小する方法を学びます。

ソファで映画鑑賞する人の画像

フレームレートのガイド

映像が正しく見えるようにするフレームレートの基礎を学びます。

スタジオでオーディオファイルを見る2人の画像

オーディオコンプレッサーの基礎

オーディオコンプレッサーを使う方法を学び、ミュージックトラックとポッドキャストの音質をさらに向上させましょう。

ノートパソコンで音声ソフトを使っている男性

オーディオファイルを素早く、簡単に変換する方法

さまざまなタイプのオーディオファイルを理解し、1つのタイプから別のタイプへ変換する方法を学びましょう。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)