アドビとMicrosoftのロゴ

両社の提携で実現した最高の生産性

Adobe Signは、Microsoftが推奨する電子サインソリューションであり、Microsoftアプリケーションとのシームレスな連携機能を備えています。また、Adobe Acrobatは、Microsoft 365、Teams、Dynamicsなどのツール上でPDFの作成、編集、共有を実現する連携機能を備えています。

画像
アドビとMicrosoftのロゴ

両社の提携で実現した最高の生産性

Adobe Signは、Microsoftが推奨する電子サインソリューションであり、Microsoftアプリケーションとのシームレスな連携機能を備えています。また、Adobe Acrobatは、Microsoft 365、Teams、Dynamicsなどのツール上でPDFの作成、編集、共有を実現する連携機能を備えています。

画像

生産性とわかりやすさを最大限に高めた、アドビとMicrosoftの連携ソリューション

アドビとMicrosoftは協力関係を結び、ネイティブな連携機能を実現しました。チームを組んで働く皆様が、普段利用しているアプリケーションをより便利に使いこなし、生産性を発揮することができます。これらの連携機能は、いずれも30日間無料でお試しいただけます。クレジットカードのご登録は必要ありません。

Microsoft 365アプリから直接、PDFを作成して共有できます。文書への署名依頼の送付と進捗状況のトラックもWord、PowerPoint、Outlook上でおこなえます。


文書への署名依頼、進捗状況のトラック、共同作業を、Teams上でおこなえます。Teamsの承認機能に電子サイン機能を付加することもできます。さらに、Live Signによる対面での署名機能も近日提供予定です。


アドビソリューションとSharePointの連携によって文書ワークフローを合理化できます。PDFをシームレスに取り扱い、契約書などの署名作業を迅速に処理できます。


Adobe PDF Tools APIおよびAdobe Signと連携したPower AppsとPower Automateにより、文書プロセスの自動化、合理的なカスタムアプリケーション開発が可能です。


Microsoft Dynamics 365 Sales内でAdobe Signを利用し、契約書の送信、署名、トラック、ファイリング処理を、時間や場所を問わず様々なデバイスで実行できます。


Dynamics 365 Customer ServiceとDynamics 365 Field Service

文書ワークフローにAdobe Signを追加して、顧客体験の質を高め、フィールドサービスの作業を充実させることができます。


OneDrive for Businessのオンライン環境で実行できる作業の内容がさらに充実します。OneDrive内でMicrosoft 365ファイルをPDFに変換し、文書を1つのファイルにまとめることができます。


Microsoft Information Protectionソリューションで保護されたファイルを、Adobe Acrobat DCおよびAcrobat Reader DCで開くことができます。


Intune

Microsoft Intuneを使うと、組織全体でAdobe Acrobat Readerモバイル版アプリを安全かつ手軽に管理できます。

画像

導入のご相談はこちら

アドビのソリューションに関する情報や独自の環境に合わせた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。

導入のご相談はこちら

アドビのソリューションに関する情報や独自の環境に合わせた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。