手軽な写真のぼかし加工

Adobe Spark Postのツールを使って、写真をぼかす

今すぐ写真をぼかす

Adobe Sparkで画像をぼかす

通常、プロ向けの画像編集ソフトでぼかし効果を入れるのは、それ相応の技術が必要です。しかし、Adobe Spark Postなら、画像を部分的にぼかすための編集スキルは必要ありません。ワークスペースに画像をアップロードし、ぼかし効果の画像編集エフェクトを試してみましょう。

今すぐ写真をぼかす

Adobe Sparkで画像をぼかす方法

アップロードした写真をぼかす
Adobe Spark Postスマホアプリの場合は、まず緑の(+)ボタンをクリックします。ここから、デスクトップやスマホの写真フォルダから画像をアップロードしたり、新しいデザインを作成したりすることができます。アップロードした写真をタップしたら、「Look」タブをタップしてフィルターの種類を最後までスクロールします。すると、「効果」の「ぼかし」スライドバーが出てくるので、これをスライドするだけで写真全体をぼかすことできます。 PCブラウザの場合もまず追加(+)をクリックし、ぼかしたい写真をアップロードします。次に「フィルター」オプションをクリックし、下までスクロールすると、スマホと同じく「効果」にある「ぼかし」のスライドバーが表示されます。これをスライドさせることで、イメージ写真を適度にぼかしましょう。
ぼかした写真の上にテキストを打ち込む
ぼかした写真データはそのまま書き出して使用できますが、テキストやグラフィックを追加してメッセージ入りの画像を作ることも可能です。また、「レイアウト」オプションを使えば、複数の画像を組み合わせたフォトコラージュを作れます。
デザインの見直しと修正も可能
Adobe Spark Postはデザイン途中の画像を保自動存してくれるので、ぼかし加工を入れた後に改めて追加の変更を行うことが可能です。また、ぼかし編集を加えた写真はいつでも元のバージョンに戻せます。

今すぐ写真をぼかす

オンラインで写真をカスタマイズして自分のものに

ほかの多くの画像編集ツールと同様、Adobe Spark Postの画像ぼかしツールを使えば、写真の上にテキストを載せるオリジナルのグラフィックを簡単に作成できます。このように、さまざまな画像編集オプションをうまく活用し、ユニークかつ友人に評価してもらえるようなデザインを作成してみましょう。