簡単無料の画像編集アプリで

グラフィックデザインの知識は必要ナシ。ほんの数分で画像編集が完了

今すぐ写真を加工

無料サイトや無料アプリで画像や写真を編集しよう

Adobe Sparkは、スマホからもPCからも使える無料のデザインアプリです。その機能の1つ、写真・画像加工ツール「Adobe Spark Post」を使えば、ブラウザの画面上あるいはスマホのアプリ上で、写真の拡大・縮小やサイズ変更、フィルター、補正、文字入れなど、イメージ通りの画像を作成できます。完成したお気に入りの画像や写真は、SNSのプロフィールやタイムラインに投稿してみましょう。また、バナーやWebサイトで使うグラフィック、さらに印刷用の手紙やポスター、招待状などに掲載する素材にもなります。

今すぐ写真を加工

Sparkで写真を加工する手順・やり方

「新しいSpark Postプロジェクト」を作成する
PCの場合はAdobe Sparkウェブサイト(https://spark.adobe.com/)にアクセス、スマホの場合はAdobe Sparkのアプリを起動し、ログインします。新規でフォトエディタを使うには、PCの場合はブラウザ左側の青い(+)ボタンを、スマホアプリでは画面下部の緑の(+)ボタンをクリックしましょう。すると、カメラ、フォトライブラリ、LightroomやCreative Cloudなどのオンラインストレージに入っている写真、さらにSpark Postユーザー用の無料写真素材へアクセスする画面が出てきます。複数の写真を選択し、コラージュすることも可能です。
写真を加工する
メイン画面から写真をタップして、画像エディタのメニューオプションを開きます。「フィルター」タブでは、あらかじめ用意されたフィルターをかけて写真を加工したり、ぼかしを加えたりすることができます。調整タブからは、写真の回転、拡大・縮小、微調整、反転も。「写真を強化」をクリック(タップ)すると、コントラスト、明るさ、彩度、色温度、シャープネスなど、スライドエディタを左右に動かすことで簡単に画像を編集・調整できます。
SNS投稿に合わせた写真サイズを選ぶ
写真やデザインが決まったら、次はサイズを変更してみましょう。各SNSの投稿用やプロフィール写真、ヘッダーやカバー、ストーリー用に最適なサイズから、地域イベントのポスター、季節の挨拶状、カードまで、さまざまなサイズのテンプレートを用意しています。もちろん指定の大きさに切り取ることも可能です。
ズームインとズームアウトも意のままに
とってもシンプルなズーム機能で、写真の一部を強調して見せることもできます。「調整」タブで「スケール」を選択すると、スライドタイプのエディタまたは指先の簡単な操作だけで、写真を拡大・縮小できます。
画像にテキストを追加してみよう
フォントや特殊効果、カラーパレットを使って画像を仕上げましょう。やり方は、写真をアップロードするメインページから「追加」→「テキスト」→「テキストを追加」を選択するだけ。Spark Postでは、豊富なフォントや写真の色調に合わせたカラーパレットを用意しています。さらに、テキストボックスの不透明度、位置、サイズなど、画像の上に載せたテキストを自由自在にカスタマイズできます。
公開して共有する
写真の編集が終わったら「共有」→「公開」をクリックし、「共有」画面を表示させましょう。投稿したいSNSに直接アップロードしたり、編集した写真をメールで送信したり、リンクをコピーしてネット上に保管したり、カメラロールに保存したりも可能です。さらに、テンプレートを共有可能にしておけば、他の人が同じ画像を編集できるよう設定することもできます。

今すぐ写真を加工

写真を編集して「映える」画像を作ろう

プロ用の本格的な画像編集ソフトを使えるようになるには、お金や時間をしっかり投資しなければいけません。しかし、Adobe Sparkを使えば、デザインの知識がなくても、まるでプロがつくったような画像が短時間で完成します。

何気なく撮影した写真も、一手間かければよりよい画像になるものです。画像編集ソフトはいろいろありますが、無料かつ直感で操作できるAdobe Sparkをぜひお試しください。始め方は、スマホやWebアプリからAdobe Sparkにアクセスするだけです。自分だけの素敵な写真に仕上げましょう!

Adobe Sparkで作った画像をもっと見る