目を釘つける文字アニメーション

言葉を動きで表現する文字アニメーション。Adobe After Effectsには動的タイポグラフィの活用に必要なすべてが揃っています。ロゴをアニメーション化して、3Dテキストにモーションを加えましょう。プロ制作のプリセットとテンプレートでエフェクトを作成できます。

文字に躍動感を与える

伝えたいストーリーを、アニメーションテキストに乗せて

目を奪うタイトルシーケンスからシンプルなエンドロールまで、After Effects文字アニメーションツールでは様々な動きのあるテキスト作成できます。プリセット選択することも、わかりやすいキーフレーム機能独自にアニメーション作成することもできます。

文字を動かす

テキストアニメーター

どの要素を動かすか、どの種類のアクション設定選択します。文字がジャンプする、フレーズがぶ、ロゴまわるなど、位置、不透明度、カラーモーションしょう。

グラフで動きを調整

グラフエディター

グラフエディターを使用してアニメーションの速度をコントロールできます。 変更率を観察し、シーンに合わせて調整しましょう。

3D 文字で奥行きを作り出す

3Dテキストアニメーション

3Dテキストレイヤーやプリセットに遠近感加えう。アニメーションテキストを360度回転し、なく、画像の中で実際にどのように確認ます。

パスに沿って文字表示

マスクパス

アニメーションテキストにするパスを描画します。シンプルなマスクパスを作成しましょう。選択した任意のラインに沿ってテキストがシーンを移動します。

 

動きを加速する

テキストアニメーションソフトを効率的に使えるようになりました。モーショングラフィックステンプレートにはアドビ提供またはその他の用途別に作成された高度な保存済みプリセットが含まれ、これを使用することでプロセスをスピードアップできます。

モーショングラフィックのテンプレート作り

プロフェッショナルモーショングラフィックス

動くテキストのモーショングラフィックステンプレートし、Adobe Premiere Proエディター用して保存すれば、独自に編集す。シンプルなタイトルや名前の変更ために、何度も切り替えて更新する必要ん。

プリセットを利用しよう

すぐに使えるプリセット

After Effects各種テキストアニメーション選択するか、独自作成して保存ば、あらゆるビデオ使用できます。必要なときすぐに使えます。

テキストアニメーションの基本テクニック

テキストアニメーションの基本テクニック

わかりやすい操作方法ガイドで動的タイポグラフィの基本を押さえましょう。まずはアドビのプロの手順に習い、それから独自のシーンを構成しましょう。

言葉の入力から始まる文字アニメーション

言葉を動きで表現

まずテキストを追加します。次に、After Effectsアニメーションプリセットを選択すれば簡単でが、アニメーションメニューで動くカスタマイズることもできます。

下三分の1に配置

ローワーサードを追加

シーンに登場する人物の名前など、キャプション追加必要なことがあります。このステップバイステップでは、シンプルなローワーサード加える方法を説明します。

3D文字に流動的な動き

タイトルを3D化

3Dアニメーションでシーンに登場する文字作成う。テキストアニメーションプリセットCinema 4Dレンダラー使用することで、驚きの遠近感す。

最適なプランをお選びください

Adobe After Effects

2,480 /月(税別)

After EffectsはCreative Cloudの一部として入手可能


Creative Cloudコンプリートプラン

5,680 /月(税別)

After Effectsをはじめ、すべてのクリエイティブアプリをご利用いただけます。
詳細を見る


学生・教職員向け

1,980 /月(税別)

Creative Cloudすべてアプリ使最大65%OFF  詳細を見る


法人向け
業界最高峰クリエイティブリ。管理簡単です。
月額3,780 (税別)から

 | 

法人向け
業界最高峰クリエイティブリ。管理簡単です。
月額3,780 (税別)から