目を見張るアニメーションをびっくりするほど短時間で

 

単発のアニメやアニメシリーズ、生放送用のアニメーションを作成したりソーシャルメディアでキャラクターをライブ配信したりして友達をあっと言わせてみましょう。

  • キャラクターを数秒で作成
  • キャラクターを数秒で作成

    webカメラと、Adobe Sensei AIを利用した新しいキャラクタライザーによって、アート作品の一部をアニメーションのキャラクターにすることができます。Character Animatorに用意されているキャラクターテンプレートを変更したり、IllustratorやPhotoshopからアート作品を読み込んだりすることで、キャラクターを作成できます。

  • 最高の表情を

    自分自身を利用して、キャラクターに簡単に命を吹き込むことができます。Character Animatorは、webカメラとマイクを使って、唇や目の動き、顔つきに至るまで、あなたの表情をリアルタイムでキャラクターに再現させてアニメーション化します。あなたが驚いた顔、幸せな顔、怒った顔をすると、キャラクターも同じ表情をします。

  • 最高の表情を
  • 手足と頭を動かそう
  • 手足と頭を動かそう

    キャラクターを動かす処理がより簡単になります。キーボードやMIDI機器で演奏するようにキャラクターを操作できます。動きをボタンとして保存できるため、キーコマンドよりも楽に覚えることができます。

  • ショータイム

    非常に高速で、他のアドビアプリと連携してシームレスなアニメーションのワークフローを可能にします。自分のキャラクター達をリアルタイムでアニメーションしたり、Premiere ProまたはAfter Effectsに取り込んで大きなプロジェクトに追加することもできます。まさに、次世代のアニメーションツールです。すぐにご利用いただけます。

  • ショータイム
 

新しい機能をご体験ください

新機能が定期的に更新されることで、Character Animatorは常に向上しています。メンバーシップがあれば、リリース後すぐに利用できます。
キャラクタライザーを使って数秒でアニメーションに

 

キャラクタライザーを使って数秒でアニメーションに
アート作品、webカメラおよびキャラクタライザーを使用して、定型化されたアニメーションキャラクターを作成できます。Adobe Sensei AIテクノロジーによって、キャラクタライザーはアート作品をすばやく簡単にアニメーション化できます。
ベストテイクの再利用も簡単

 

ベストテイクの再利用も簡単
新しい再生機能を使えば、一番いい笑顔やタイミングばっちりのグータッチを選んでトリガーを作成しておくことで、ライブや次回のレコーディング時に簡単に再利用できます。場面に合うように再生トリガーの長さを調整できます。
マグネットでアニメーションをもっと生き生きと

 

マグネットでアニメーションをもっと生き生きと
パペットは、ものを投げたり、落としたり、拾ったり、握手のように他のパペットと交流したりできるようになりました。
歩行ビヘイビアーの強化

 

歩行ビヘイビアーの強化
新たに追加された左右の肩と腰のタグによって、全体の3/4の部分が描画されたキャラクターの歩きがより自然に見えるようになりました。

初心者でも簡単にスタート

チュートリアルをご活用ください。基本から高度なテクニックまですべてを網羅しており、ステップバイステップで学ぶことができます。
初心者でも簡単にスタート
        

あらゆるモーショングラフィックスや

アニメーションプロジェクトに最適のアプリ

アドビは、アイデアを思い通りに実現できるフルセットのアニメーションアプリを提供しています。キャラクターのリアルタイムアニメーションならCharacter Animator。ゲームやアプリ、webに対応するインタラクティブなコンテンツを制作するためのベクターアニメーションツールならAnimate、映画のようなタイトル、イントロ、トランジションなどの作成ならAfter Effects、各アプリが密接に連携、統合されているため、シームレスに切り替えが可能です。

最適なプランをお選びください

Creative Cloudコンプリートプラン
Character Animatorを含むすべてのクリエイティブアプリが月額 5,680円/月(税別)
学生・教職員
最大65%OFFの初年度特別価格。月額わずか1,980円(税別)
法人向けCreativeCloud
ライセンス管理が容易になる法人向けCreative Cloudグループ版は3,780円(税別)から

Creative Cloud

フォトプラン、動画、デザイン、UX。思い浮かんだものはCreative Cloudで何でも形にできます。