2Dキャラクターを活き活きとしたアニメーションに

Character Animatorなら、Photoshop CCやIllustrator CCで作成した2Dキャラクターを、Webカメラで捉えた表情の動きや、音声に合わせて簡単かつリアルタイムにアニメーション化できます。

Character Animator(ベータ版)

振り向きも口パクもリアルタイムに

組み込みのキャラクターテンプレートを使用するか、PhotoshopやIllustratorファイルからパペットのパーツを組み合わせて、インタラクティブなパペットをすばやく作成。口の動きでアクションをコントロールするか、キーボードショートカットで頭、腕、脚を動かします。Character Animatorが自動的にユーザーの声を取り込み、ユーザーの口の動きを忠実に再現します。
テンプレートまたは既存のアートワークを使用
IllustratorまたはPhotoshopを使い、キャラクターを新規作成することも、Character Animatorの組み込みテンプレートを使用することもできます。
歩行サイクル
1つのポーズから歩いているアニメーションを作成。歩幅を選択すると、キャラクターの足の長さと歩行速度に自動的に適用されます。
パペットを新規作成
Webカメラを使い、ユーザーの顔の表情を2Dアートワークにマッピングして動きを合わせ、アニメーションキャラクターに変換できます。
動作で動きをコントロール
頭を振る、自動的に瞬きするなど、動作の追加と削除で、パペットの動きを簡単にコントロールできます。
 
ミスター・ビーン  

ミスター・ビーンのFacebookライブをアドビがサポートしました。後はミスター・ビーンの独り舞台でした。

この愛すべき、失敗ばかりしているアニメーションの製作者が、ミスター・ビーンのFacebookの数千もの熱狂的なファンとジェスチャーゲームを開催した様子をご覧ください。(ヒント:Character Animatorを使用。)そして、アプリケーションを使って自分の2Dキャラクターをアニメーション化してみましょう。
関連アプリケーション
映像コンテンツを思いのままに制作
モーショングラフィックなどを作成
直感的なビデオ取り込みとログ作成
Premiere Pro 25周年記念

Premiere Pro 25周年記念

多くの映画制作および映像クリエイターがPremiere Proの25周年記念に参加しています。世界でも高い評価を得ている映像編集ツールが、業界をどのように変革してきたのでしょうか。その歩みをご覧ください。