オリジナルフォントを自由にデザイン

大切な言葉は、オリジナルデザインのフォントに乗せましょう。Adobe Illustratorでは、理想のフォントを自由にデザインできます。

Adobe Illustratorで独自のフォントを作成

カスタム書体の作成

言いたいことが伝わるフォントを選ぶのは難しいこと。Illustratorを使えば、レイアウトやデザインに寄り添ったタイポグラフィが叶います。

カスタムフォントで既存フォントを使って調整
既存フォントを使って調整

Illustratorのバリアブルフォントを選ぶ文字の太さ、字幅、傾斜を調整するだけでオリジナル文字が完成します。 

Illustratorでカスタムフォントをスケッチするか、Photoshopから読み込む
手書きスケッチをもとにデザイン

Illustratorにフリーハンド自由にフォント描いたり、手書き文字デジタルアートPhotoshopから読み込んだりできます。

Illustratorの画像トレース機能でカスタムフォントを変換します。
作品の仕上げ

画像トレース機能を使用して、読み込んだカスタムフォント編集しやすいベクターグラフィック変換します。文字詳細シェイプ微調整し、思い通り形状します。

カスタムフォントの仕上げと管理に役立つサードパーティ製プラグインもあります。
他プロジェクトでデザインを応用

フォント仕上げと管理に役立つサードパーティプラグイン使用すれば、簡単に新しいスタイルツールボックス追加し、それを今後プロジェクト使用できます。

タイポグラフィツールを活用

自分のオリジナルフォントをはじめ、世界中のプロがデザインした多数のフォントの中からタイポグラフィをデザインしましょう。

カスタムフォントデザインを読み込む
好みのフォントデザインを読み込む

Adobe Creative CloudAdobe Fonts使用すれば、カスタムフォントデザインPhotoshop、InDesign、XD、Premiere Proにも読み込めます。

カスタムタイポグラフィのインスピレーションが得られるAdobe Stock
Adobe Stockと同期

Stock素材から文字デザインヒント得たり、Stock新しいカスタムフォントベースとして使用することもできます。

文字デザインの基本ステップ

Illustratorを使うと、以下5つの基本ステップで美しいフォントデザインが完成します。

ステップ

手書きでスケッチ:

文字を手書きします。

ステップ

データを読み込む:

文字をスキャンし、Illustratorで編集可能なベクターグラフィックに変換します。

ステップ

デザインを仕上げる:

文字の太さ、幅、傾斜などを調整し、自由に形を整えます。

ステップ

保存して出力:

プラグインを使用して字形を保存し、書き出します。

ステップ

書体デザインを活用:

最新のオリジナルフォントをさっそく次のデザインで使用しましょう。

タイポグラフィの基本テクニック

チュートリアルで、文字デザインをはじめるための基本テクニックを学べます。

Illustratorでテキストを追加、書式設定、スタイル設定する方法を説明します。
まずは基本から

デザイン使用するカスタムフォント作成する前に、Illustrator文字追加し、書式設定スタイル設定おこなう方法確認しましょう。

詳細を見る(英語) >

カスタムタイポグラフィのベースとなるシェイプのスケッチを練習します。
正確なペン描画の練習

ペンツールを使った描画を練習し、オリジナルフォントのベースとなるシェイプを描けるようになりましょう。

詳細を見る >

ベクター字形グラフィックの修正と仕上げの方法
微調整のポイント

ベクターグラフィック文字デザインしたあと修正し、オリジナルフォントとして完成させる方法説明します。

詳細を見る >


最適なプランをお選びください

Illustrator

Adobe Illustrator単体プラン
Creative CloudIllustrator単体プラン
月額2,480 (税別)

Creative Cloudコンプリートプラン

Creative Cloudコンプリートプラン
Illustrator含むすべてクリエイティブアプリ使えて
月額5,680 (税別)
詳細を見る › 

学生・教職員

学生教職員
最大65%OFF初年度特別価格。月額わずか
1,980円(税別)
詳細を見る   購入する

法人向け

法人向けCreative Cloud
ライセンス管理容易なる法人向けCreative Cloudグループ版
3,780 (税別)から
詳細を見る  | 購入する › 

Creative Cloud

フォトプラン、動画、デザイン、UX。思い浮かんだものはCreative Cloudで何でも形にできます。

詳細を見る