ファーストステップ

Adobe® InDesign® CC Serverを利用したソリューションの構築または販売に興味をお持ちですか?InDesign Serverを初めて使用するお客様の場合、アドビでは、製品を構築しているパートナーやトレーニング、コンサルティング、開発の専門知識を提供しているパートナーのネットワークを調べることを推奨します。ここでは、社内デベロッパーまたはパートナー向けのリソースを提供します。

 

学習と開発

まずはじめに、InDesign Server製品の詳細を評価し、InDesign Serverがお客様のソリューションにとって適切なテクノロジーであることを確認します。プラグインやスクリプトのプロトタイプ作成は InDesign上でおこなえます。また、C++およびスクリプティングに関する実務知識や、できればパブリッシングツールやデスクトップ版InDesign用のプラグイン開発経験など、お客様に十分な開発スキルがあるかどうかを確認します。こうしたスキルをお持ちでない場合は、既存のテクノロジーに関するコンサルティングやトレーニング、ライセンスについて、パートナー各社にお問い合わせください。
この ブログでは、InDesign Serverを使用した開発に関する様々な技術的質問に回答しています。
InDesign Serverを評価するにあたり、以下のリソースをダウンロードして読んでいただくこともできます。
 
LiveCycle Forms StandardとForms Pro ES4
LiveCycle Forms StandardとForms Pro ES4
InDesign Server SDK
InDesign Serverソフトウェア開発キット(SDK)には、InDesign Serverの概要が解説されています。「ファーストステップ」と「はじめに」のセクションでは、基礎的なサーバー環境におけるInDesign Serverのインストール手順および実行方法を詳細に紹介するとともに、SOAPを介してInDesign Serverと通信する方法についても簡単に解説しています。
ほとんどのデベロッパー向けリソースは、 Adobe I/Oで入手できます。
 
InDesign Serverスクリプティングガイドは、InDesign Server SDKに付属しており、InDesign Server用のスクリプトを記述するうえでの重要な情報が記載されています。一般的なスクリプト操作の基本例を紹介するとともに、InDesign用のスクリプトをInDesign Serverに移植する方法についても解説しています。
SDKに関するページでは、InDesign Serverでの開発に関する無料の入門webキャストもいくつか紹介されています。
InDesign ServerはInDesignと同じコードベースを採用しているため、大半のデベロッパーは、まずデスクトップ版のInDesignを使用して開発作業を開始しています。この場合、デスクトップ版でプロトタイプを試作してから、InDesign Serverを対象とした開発作業にステップアップすることができます。
 

独自のソリューションの開発をご希望のテクノロジーパートナーは、次の手順に従ってください。

CC Exchange Developer Programに参加する

●Debug InDesign Server、InDesign、Adobe InCopy®デスクトップ版、および期間制限なしの評価版(出力時に透かしが表示される)InDesign Serverにアクセスする

統合コンポーネントとしてInDesign Serverの販売をお考えの場合は、アドビの担当者またはアドビディストリビューターにご相談ください。

 

 

体験版ダウンロード

InDesign Server用のコードを記述する準備が整ったら、InDesign Serverのデバッグ版およびランタイム版ソフトウェアをダウンロードします。以下の手順でダウンロードします。
Font Folio 11.1の価格は?
Font Folio 11.1の価格は?
Font Folio 11.1の価格は?
Font Folio 11.1の価格は?
Font Folio 11.1の購入方法は?
以前のバージョンのFont Folioを持っている場合、Font Folio 11.1へのアップグレード価格は?
InDesign Serverをダウンロード
InDesign CC Serverの90日間無料体験版をダウンロードしてください。体験期間中のすべての出力に透かしが入ります。ライセンス購入後に提供されるシリアル番号を適用することで、製品版ライセンスに変更できます。InDesign Server体験版と共に上記の無料テクニカルドキュメントもダウンロードして参照してください。詳細なトレーニングやコンサルティングが必要な場合は、ソリューションパートナーとの協力を検討してください。
InDesign Server SDKはいつでも Adobe I/Oからダウンロードできます。
*重要:InDesign Serverの体験版を使用するには、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition(APTEE)を ダウンロードする必要があります。詳しくは、 リリースノートを参照してください。
以下のリンクから、すべてのバージョンのInDesign CC Serverを含むサイトに移動できます。ライセンスを購入していない場合は、すべて90日間無料体験版になります。
デベロッパー:CC Exchange Developer Programに参加する
Adobe CC Exchange Developer Programに加入すると、アドビ製品(InDesign Serverのリリース版とデバッグ版を含む)およびアドビデベロッパーサポートへのアクセスが提供されます。
 
 

ライセンス

Adobe InDesign CC Serverは、システムインテグレーター、サードパーティデベロッパー、ならびに社内開発チーム用にライセンス取得できます。
InDesign Serverエンジンの価格は、ソリューションの性質や用途、展開方法によって異なります。アドビの担当者またはソリューションパートナーに相談される際は、次の質問に対する回答をご用意ください。
●ライセンシーの社員のみがアクセスできる社内専用のソリューションですか?その場合、制限付きライセンスが適しています。
●ソリューションは外部の社員が使用できますか?貴社はホスティングサービスの提供を計画しているパートナーですか?それとも、貴社のネットワーク外の人にも利用可能なwebベースのソリューションの提供を計画している企業ですか?その場合、プレミアムライセンスを推奨します。
開発、テスト、およびステージング用のサーバーが必要ですか?その場合、開発ライセンスを推奨します。
 
価格などについて詳しくは、 ライセンスに関する情報のセクションを参照してください。
 
上記の項目についてさらに質問、または別の質問がある場合は、どうすればいいでしょうか?
上記の項目についてさらに質問、または別の質問がある場合は、どうすればいいでしょうか?
主な特長
● Adobe Readerソフトウェアのユーザーは、ローカルにデータを保存したり、注釈を追加したり、電子署名を適用したりできます。
● PDFフォームとドキュメントのwebサービスを統合します。
● 2Dバーコードフォームを作成、更新、デコードできます。
webサービスを通じてデータを取得し、主要アプリケーションに返します。