Premiere Proの機能

いつでもイメージどおりの仕上がりに

カラーのバランスをすばやく調整し、様々なカメラで撮影したショットをなじませて、シーンに統一感を持たせます。カラーグレーディングツールを使えば、ストーリーをドラマティックに演出し、感情を込め、見る人の視覚に訴えることができます。

カラーをコントロール

フレームを際立たせながらも統一感を出し、深みのある影から明るい空まで、多彩な色使いで見た目にも楽しい作品に仕上げましょう。

動画の画質を調整し、編集作業をスムーズにスタート

自動トーンマッピングを使えば、新しい映像素材をドロップするだけでプロジェクトのカラーに合わせて自動調整されるため、画質の良い状態から編集をスタートできます。

シーンの色味に統一感を

自動カラー補正を使えば、露出、ホワイトバランス、コントラストの基本的な補正を瞬時におこなえます。カラーマッチでは、自然な肌の色を維持し、ショット間のカラーを自動調整します。シャドウ、ミッドトーン、ハイライトを調整するならカラーホイールを使いましょう。比較表示にすれば、左右に並べて違いを確認できます。

カラーを操り雰囲気を演出

自然で統一感のある色使いは、ほんの始まりにすぎません。自然な彩度、彩度、色かぶりを調整するツールを使って、プロジェクトに合った雰囲気を演出しましょう。特定の色を分離する、コントラストを微調整する、周辺光量補正を適用してクリップのエッジをフェードさせ、被写体を際立たせるなど、様々なことができます。

独創的に仕上げる

Lumetri Lookでフィルムストックを適用すれば、時代を感じさせないシネマティックな印象の映像に仕上げることができます。また、ルックアップテーブル(LUT)で独自のカラーグレードにカスタマイズして保存すれば、クリップに独特な雰囲気と統一感が生まれます。

高度なカラーツールならではの多彩な機能

Lumetri Colorでは、きめ細かい設定を簡単に編集できます。ベクトルスコープ、ヒストグラム、パレード、波形など、ハードウェアアクセラレーション対応のLumetriスコープで、カラーと輝度のレベルを高精度でモニタリングできます。

よくある質問

カラー補正とカラーグレーディングの違いは何ですか?

カラー補正は、問題を修正し、ショットのバランスを調整する処理です。自然な色味を引き出して、全体に統一感を持たせるのが目的です。カラーグレーディングは、カラーとコントラストを調整し、クリエイティブなスタイル要素を加える処理です。

Lumetriとは何ですか?

Lumetriは、プロ品質のカラーグレーディングおよびカラー補正ツールで、Premiere Proの編集タイムラインで直接映像をグレーディングできます。

カスタムLUTをPremiere Proにインポートできますか?

はい。カスタムLUTのインポートについて詳しくは、こちらを参照してください。

動画を編集する前にカラー補正をおこなう必要がありますか?

はい。プロジェクトのすべてのショットに同じカメラと照明を使っていても、ポストプロダクションの段階で、カメラの設定に合わせて色相、彩度、明るさも変わっていることに気づく場合があります。アーティスティックな処理をおこなう前のステップとして、カラー補正で映像の色味を均質にし、統一感を持たせる必要があります。

アドビのカラー補正ツールの使い方はどこで学べますか?

アドビが提供するカラーワークフローのためのツールの使用について詳しくは、こちらを参照してください。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proの多彩な機能

最適なCreative Cloudプランをお選びください

Premiere Pro単体プラン

3,280 円/月 

Premiere Rush、100GBのクラウドストレージ、Adobe Fonts、Adobe Portfolioが含まれます。
詳細を見る

Creative Cloudコンプリートプラン

7,780 円/月 (税込)

Premiere Proを含む20以上Creative Cloudアプリをご利用いただけます。
製品一覧を見る | 詳細を見る

学生・教職員向け

   (税込)

Premiere Pro含む20以上Creative Cloudアプリが、71%以上割引価格ご利用いただけます。
詳細を見る

法人版

5,080 円/月(1ライセンスあたり) (税込)

Premiere Proを含むすべてのCreative Cloudアプリが使えて、法人専用の機能も含まれます。
詳細を見る

電話でのご注文:0120-921-104