XDの機能

XDでは、豊かなユーザーエクスペリエンスデザインプロトタイプ作成、共有、共同作業チームおこなうための強力な機能を多数ご用意しています。コミュニティ意見取り入れて製品のロードマップ形成し、新機能既存機能拡張毎月リリースしています。

新機能を見る

 

XDへのご意見がございましたらこちらまでご連絡ください

魅力的なエクスペリエンスをデザイン

基本のワイヤーフレームベースにして、時間をかけずに美しいデザイン仕上げることができます。UI外観定義する際には、ベクター描画ツール、カラー、文字スタイル、グリッド、ガイドなど使用できます。

コンポーネント

作成したデザインコンポーネントは、ひとつのXDドキュメント再利用できるだけでなく、他のドキュメントでも使用できます。マスターコンポーネント変更すると、すべてのインスタンス反映されて、個々のインスタンスプロパティが上書きされます。

states

ステート

ひとつのコンポーネントから様々なバリエーション作成し、それをホバー、タップ、無効、完了など各種ユーザー操作割り当てることで、作業の重複をなくし、デザイン意図を明確に伝えることができます。

Photoshopで画像を編集

XDで使用している画像をそのままAdobe Photoshop開いて編集できます。画像右クリックすると、その画像Photoshop開きます。編集を終えて「保存」をクリックするだけで、XDにも自動的編集内容反映されます。

リピートグリッド

ひとつのデザイン要素を選択し、一瞬でその複製を必要なだけ作成することができます。ひとつの要素を編集すればグリッド全体に変更が反映されます。要素間のパディング調整したり、.TXTファイル使用してグリッドデータ読み込むこともできます。

ベクター描画ツール

描画ツールとシェイプツール、形状モード、描画モード、その他ベクター編集機能を使用して、ワイヤーフレーム、アイコン、コンポーネントなどのデザイン要素を作業できます。

レスポンシブサイズ変更

グループ化されたオブジェクトやコンポーネントレスポンシブサイズ変更が自動でおこなえるため、異なる画面サイズ対応の作業が効率化できます。

Adobe Fontsの統合

もうフォント見つからなくて困ることはありません。XDドキュメント開くと、Adobe Fonts自動的有効化されます。

高精度なデザインツール

レイアウトと位置揃えには、アートボードガイド、レイアウトグリッド、位置の微調整サイズ変更ショートカット、相対測定機能活用しましょう。

Sketch、Photoshop、Illustratorからの読み込み

アドビが提供する他のデザインツールからファイルをXDに読み込んで作業できます。ファイルは自動的にXDファイルに変換されるため、ゼロからデザインする必要はありません。

アセットの書き出し

書き出す要素をマークして、一括書き出しを選択すれば、任意のプラットフォームにすばやく書き出せます。デベロッパーがダウンロードできるように、デザインスペックに含めることもできます。

エクスペリエンス魅力高めるプロトタイプ作成

静的なデザインインタラクションモーション、アニメーションなどを追加して、リッチユーザーエクスペリエンス生み出します。

states

インタラクション

複数のアートボード間をつないで、ユーザーエクスペリエンスのフローや印象を伝えることができます。様々なトリガーとアクションを使い、意図したとおりにユーザーエクスペリエンスを定義して共有しましょう。

 

states

トリガー

モバイルデバイスでよく使うタッチジェスチャー、キーボード入力、時間ベースのトランジション、ボイスコマンドやゲームコントローラーなど、XDではあらゆるエクスペリエンスのプロトタイプをリアルに作成できます。

preview

プレビュー

XDモバイルアプリのiOS版またはAndroidを使用して、実際のデバイスでエクスペリエンスをプレビューできます。デスクトップ版のアプリで変更を加えた後、対象デバイス上で正確さと有用性をテストできます。

自動アニメーション

アートボード間のマイクロインタラクションを作成できます。要素を複製してプロパティ(サイズ、位置、カラーなど)を変更すると、前後の変化が自動的に補間され、アニメーションが生成されます。

 

オーバーレイのサポート

コンテンツの上にオーバーレイ表示されるメニュー、ダイアログボックス、バーチャルキーボードなどのビジュアル要素をすばやく追加できます。

 

スクロール位置の維持

オブジェクトを同じ位置に固定し、ユーザーがスクロールしても動かないようにすることができます。プロトタイプのこの機能は、ヘッダー、フッター、その他の表示を固定するのに便利です。

 

After Effectsへの書き出し

デザインを書き出し、業界を代表するアニメーションツールであるAdobe After Effectsを使用してアニメーションをさらに追加することができます。

チーム全員でスムーズに共同作業

チームでアイデア出しをする場合でも、あるいはデベロッパーからフィードバックを受けたりデベロッパーとやり取りする場合でも、XDは制作過程のあらゆる段階でスムーズな共同作業を実現します。

states

共同編集

チーム全員が同時に同じドキュメントを使用して一緒に作業を進められるため、作業の重複を避けることができます。作業中は、他の人がドキュメントのどの部分で作業しているかが明確にわかります。

states

バージョン管理

デザインの制作過程をすべて確認できます。作業中に編集ヒストリーが自動的に保存されるため、いつでも前の編集段階に戻ることができます。重要なバージョンにマークしておけば、デザインを進めながらいつでも特定の段階に戻ることができます。

states

レビュー用に共有

共有可能なリンクを生成してデザインに対するフィードバックを取得したり、れらのリンクをBehanceやwebページに埋め込んだりすることができます。レビュー担当者はwebやモバイルから直接プロトタイプにコメントを書き込むことができます。

開発用に共有

開発用に共有

デザインスペックのリンクを開発者に送信すれば、デベロッパーはそのデザインスペックに含まれるアートボードのシーケンスとフロー、ダウンロード可能なアセット、カラー、文字スタイル、計測値、CSSコードスニペットなどをコードベースに直接コピーできます。

 

編集用に招待

他のデザイナーを招待し、ドキュメント上で共同作業できます。XDでは全員が最新のバージョンにアクセスできるよう、簡単に統一できます。

非公開招待

ユーザー指定の関係者のみを非公開で招待し、共有した作品へのアクセスを制限することができます。誰がプロトタイプをレビューして注釈を付けることができ、誰がデザインスペックにアクセスできるかをコントロールできます。

クラウドドキュメント

作品をクラウドドキュメントとして保存すれば、共同作業者とすぐに共有して、同じ原本を使用できます。クラウドドキュメントは自動的に更新されるため、作品が失われる心配はありません。

プレビュー用に録画

プレビューをクリックすると、MP4ファイルに録画され、それをチーム内や関係先と共有できます(macOSのみ)。

アプリ連携

XDでは、Jira、Airtable、Slack、Microsoft Teamsなど、使い慣れた共同作業アプリや生産性アプリとの連携が強化されています。

デザインシステムを容易に拡張

XDでデザインシステムを作成、管理することで、チーム全員の作業を迅速化し、あらゆるエクスペリエンスでブランドの一貫性を維持できます。

 

クラウドドキュメント

作品をクラウドドキュメントとして保存すれば、共同作業者とすぐに共有して、同じ原本を使用できます。クラウドドキュメントは自動的に更新されるため、作品が失われる心配はありません。

リンクされたアセット

共有クラウドドキュメントで使用されているカラーや文字スタイル、コンポーネントをアセットパネルに追加できます。リンクされたアセットに変更が加えられると、それがユーザーに通知され、反映するかどうかを選択できます。

 

 

Creative Cloudライブラリのサポート

PhotoshopやIllustratorなど、他のAdobe Creative Cloudアプリで作成されたラスター画像、ベクターグラフィック、カラー、文字スタイルにXD内からアクセスして適用できます。

ニーズに合わせて拡張可能なプラットフォーム

XDはオープンプラットフォームで構築されているため、任意のツールを自由に統合できます。豊富なプラグインを利用したり、独自に開発したプラグインを使用して、アプリの機能を拡張することも可能です。
詳細を見る

 

image

アプリ連携

アプリ間を行ったり来たりする必要はありません。XDはSlackやJira、Microsoft Teams、Zeplinなど人気のアプリと連携。クリエイティブワークフローが加速します。

XD

リンクされたアセット

共有クラウドドキュメントで使用されているカラーや文字スタイル、コンポーネントをアセットパネルに追加できます。リンクされたアセットに変更が加えられると、それがユーザーに通知され、反映するかどうかを選択できます。

Brackets

Creative Cloudライブラリのサポート

PhotoshopやIllustratorなど、他のAdobe Creative Cloudアプリで作成されたラスター画像、ベクターグラフィック、カラー、文字スタイルにXD内からアクセスして適用できます。

最適な作業環境を選択可能

XDはクロスプラットフォームに対応し、多言語をサポート。オペレーティングシステムにとらわれずに共同作業をおこない、あらゆるデバイスでエクスペリエンスをプレビューし、言語を選択して作業することができます。

 

image

macOSとWindowsをサポート

Adobe XDは、Windows 10(Universal Windows Platform)macOSに対応しています。

XD

付属のモバイルアプリ

iOS版Android版アプリが付属しているため、インタラクティブなエクスペリエンスのプロトタイプを実際にモバイルで確認できます。

Brackets

多言語対応

サポートされている言語は、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語、韓国語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語です。

お客様に最適なプランを見つけてください

XDスタータープラン

無料

アクティブな共有プロトタイプ数、1

アクティブ共有デザインスペック数、1

Adobe Fonts無料プラン(一部フォントセットのみ)

2GBのクラウドストレージ

XD

1,180 /月(1ユーザー)

(税別)

プロトタイプ数、無制限

デザインスペック数、無制限

Adobe Fontsポートフォリオプラン(全フォントライブラリ)

100GBクラウドストレージ

XDグループ版

1,980 /月(1ユーザー)

(税別)

プロトタイプ数、無制限

デザインスペック数、無制限

Adobe Fontsポートフォリオプラン(全フォントライブラリ)

100GBクラウドストレージ

グループ版限定のビジネス向けの機能

導入のオンラインセミナー

webベースAdmin Console

高度なテクニカルサポート


大規模な組織での購入にはお電話でご注文ください:0120-613-884