アクセシビリティ

Fireworksサポートセンター

ダウンロード

リリース用語のガイドライン

アップデータ、ポイントリリース、ホットフィックス — どのタイプのアップデートが必要かについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Fireworks CS5 11.0.2 アップデータ

このアップデートにはいくつかの重要な不具合と安定性の問題が修正されています。以下の問題が解決されています。

  • Photoshop ライブエフェクト、ベクターツール、レイヤーの命名やページの編集、非同期の保存、無名シンボルの編集、などの操作中の強制終了の不具合
  • 「メモリが不足しています」の状況の改善
  • 8ビットカラーの最適化の改善
  • 不要「_s1」スライス追加の命名問題
  • 「別名で保存」の保存場所の問題
  • その他の不具合

Mac OS X 用 Fireworks CS4 10.0.4 アップデーター

このアップデートでは、Adobe® Fireworks® CS4 ソフトウェアのクラッシュやデータ損失の既知の問題が解決され、一般的に Mac OS X で Fireworks CS4 を実行する際の安定性が改善されています。終了時に Snow Leopard でクラッシュする問題も解決されました。Fireworks CS4 Mac OS 版をご利用のお客様は、このアップデーターを使用されることをお勧めします。

全言語バージョンに対応:

Fireworks CS4 10.0.3アップデータ

2009年5月6日 このアップデートは、Adobe® Fireworks™ CS4 Mac OS版およびWindows版の安定性を大幅に改善するものです。このリリースでは、テキストがシフトする原因となるバグをはじめ、数多くの問題点が解決されています。Microsoft Office(2007および2008)アプリケーションからテキストをコピー&ペーストする際に起きていた問題も修正されました。 アップデータの詳細については、リリースノート を参照してください。

全言語バージョンに対応:

Adobe Fireworks CS4用Adobe AIR 1.5アップデート

2009年5月6日 Adobe® Fireworks™ CS4用のこのアップデータは、デスクトップにインタラクティブ体験をもたらすアドビのクロスオペレーティングシステムランタイム、Adobe AIR® 1.5のリリースに対応するためのものです。Fireworks CS4には、コーディング作業を行う前に、ユーザがAIRアプリケーションのデザインおよび機能性を作成・共有するための機能が追加されています。

このアップデートをインストールすることによって、Fireworksの中核的な機能が変更されることはありません。AIRファイルの生成機能のみ、アップグレードされます。このアップデートは英語、日本語共通で提供しています。

メモ:メニュー項目の「Create Air File」は、日本語版でも英語のまま表示されます。

このアップデートについて詳しくは、こちらのFAQを参照してください。


Adobe Fireworks CS3(1.0)アップデータ

2007年9月5日 この製品アップデータには以下のフィックスが含まれています。

  • 9スライス拡大・縮小機能の改善
  • Alien Skin Eye Candyプラグインの改善
  • AS3イベントのフルサポート
  • その他のバグフィックス

以下の言語版のFireworks CS3(1.0)アップデータがダウンロードできます。

Fireworks 4.0.2アップデータ

Fireworks 4.0.2アップデータは、Fireworks 4のリリース後に確認されたいくつかの不具合を解消します。このアップデータには、「サイズに合わせて拡大・縮小」を使用してバッチ処理を行う際に、高さまたは幅を指定するとエラーが発生する問題の修正も含まれています。この問題を解消するには、以下のインストーラをダウンロードし、インストールする必要があります。このアップデータを使用するには、あらかじめFireworks 4の製品版を購入・インストールしておく必要があります。

Search

サポートデータベース

トラブルや操作方法、サポート情報、よくあるご質問などをキーワードで検索

現行バージョン
Fireworks CS5
ダウンロード