Adobe Acrobat 2017 (永続版)のサポートは

2022年6月6日に終了しました

安心してお使いいただくためにも、サブスクリプション版への

アップデートを推奨します。

Adobe Acrobat Pro 2017のボックス

Adobe Acrobat 2017 (永続版)、およびAdobe Acrobat Reader (2017) のサポートは2022年6月6日に終了しました。これらの製品を引き続きご利用いただくことはできますが、ソフトウェアのバグやセキュリティに関するアップデートやお知らせが受けられなくなります。

 

また、2022年12月1日をもって、TLPライセンス(企業向け)Adobe Acrobat 2020 (永続版) アップグレード版の販売を終了します。教育機関向けAdobe Acrobat 2020 (永続版) アップグレード版製品は販売を行っておりません。引き続き通常版のご購入は可能です。官公庁向けAcrobat 2020も変更はございません。

 

安心してお使いいただくためにも、お客様には最新サブスクリプション版のAdobe Acrobat およびAdobe Acrobat Reader にアップデートすることを強く推奨します。

永続版製品の種類とサポート終了日

Acrobat Pro 2017 (永続版)

Acrobat Standard 2017 (永続版) 

2022年6月6

Acrobat Reader 2017

Acrobat Pro 2020 (永続版)

Acrobat Standard 2020 (永続版)

2025年6月1

Acrobat Reader 2020 

アップグレード版の販売終了日

Acrobat Pro 2020 (永続版) アップグレード版

 

Acrobat Standard 2020 (永続版) アップグレード版

2022年12月1日

●アップグレード版の販売終了に関する詳細はこちら

●Acrobat 永続版ライセンス(TLP/CLP)購入プロセスが変更になりました。詳細はこちら

サポートが終了したソフトウェアを使い続けるリスク

脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティバッチが提供されず、無防備で危険な状態に

予防接種が受けられない

脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティパッチが提供されず、無防備な状態のまま危険に晒されることになります。

攻撃者の標的となり、不正なプログラムを詰め込んだファイルを送られ、開いてしまう可能性もある

攻撃者の標的にされる

脆弱性は攻撃者の格好の標的となります。正なプログラムを埋め込んだファイルを送りつけ、開かせる、といった手口もその一例です。

不正なファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、社内や取引先のPCも悪影響を与えることも

ウイルス感染、そして拡大

不正に送りつけられたファイルなどからウイルスに染したPCを介して、時にはネットワークを通じて社内や取引先のPCにも悪影響を与える危険性があります。

Acrobatを安心してお使いいただくためにも、最新版のAcrobat (サブスクリプション版)へのアップグレードを推奨いたします。

サブスクリプション版なら、

永続版にはない様々なメリットがあります。

実は、サプスクリプションの方が、安全・安心!

常に最新機能が使える

年間の予算が立てやすくなります。CAPEX (設備投資)ではなく、OPEX(販管費)に

自宅のPCでも使えるので テレワークにも有効

台帳管理は不要に

なります。

レビューや署名をスマートに

Webのアドミン

コンソールにより、

ライセンス管理が容易に。

10本以上でボリューム

ディスカウントが

適用できます。

マルチデバイス対応

WindowとMacに

インストールできます。

(同時起動不可)

Acrobatのバージョンの確認方法

アプリケーションアイコンから簡単にバージョンを確認する方法を説明します。
ここでは、Acrobat XIを例にあげていますが、他のバージョンも基本的に同じ操作で確認できます。

Windowsの場合:

1 デスクトップのAcrobatショートカットアイコン❶を確認するか、またはスタートメニューから「すべてのアプリ」→「Adobe Acrobat XI Pro」❷でバージョンを確認できます。

※画面はWindows 10のものです。OSのバージョンによって画面が異なります。
windows

Mac OSの場合:

1「移動」→「アプリケーション」❶を選択し、「アプリケーション」フォルダーを開きます。

2「Adobe Acrobat XI Pro」フォルダー❷でバージョンを確認できます。

※画面はWindows 10のものです。OSのバージョンによって画面が異なります。
mac

ご購入のお客様の80%以上が選ぶ!

サブスクリプション版なら、永続版にはない様々なメリットがあります

常に最新機能が使える

常に最新機能が使える

ご利用期間中は最新のバージョンの機能とテクニカルサポートを追加コスト不要でご利用いいただけます。また、セキュリティ修正プログラムのアップデートを適用し常に安全な環境を維持できます。

自宅のPCでも使えるので テレワークにも有効

テレワークやBCPにも有効

追加費用なしで最大2台までのPCで使用可能。会社と自宅のPC(テレワーク)でも利用でき、ライセンス違反のリスクもありません。災害やシステム障害時でも業務を継続できるBCP対策にも有効となります。

レビューや署名をスマートに

ファイルの共有とレビューがスマートに

ドキュメントをクラウドで共有したり、複数人でコメントをリアルタイムに共有できる「共有レビュー」機能でコラボレーションがはかどります。

 

オンラインサービス

Acrobat オンラインサービスを利用すると、PDFの作成、編集、整理、共有、レビューなどの操作を、Webブラウザー上で行うことができます。デバイスにアプリがインストールされていないときや外出先での作業にも便利です。

 

詳しく見る

マルチデバイス対応

モバイル版アプリ

デスクトップで行っていた作業を、モバイルデバイスで継続できます。ファイルはクラウド上で同期しているため、どの環境からでも常に最新のファイルにアクセスすることが可能です。

 

詳しく見る

ストレージアカウントの連携

ストレージアカウントの連携

AcrobatのインターフェイスからBox、Dropbox、Googleドライブ、Microsoft OneDriveまたはSharePointアカウントのファイルに直接アクセスし、デバイスまたはユーザー間で簡単に共有できます。

電子契約機能でハンコレス

電子契約が簡単に行える電子サインが標準で付属しているので、契約や承認をペーパレス化することができます。署名を依頼された人は特別な契約や設定は不要で、ブラウザーとメールアドレスさえあれば数クリック署名を完了することができます。

Microsoft 365の投資を最大限に活用する

アドビとMicrosoftは協力関係を結び、ネイティブな連携機能を実現しました。Adobe Acrobatは、Microsoft 365、Teams、Dynamicsなどのツール上でPDFの作成、編集、共有を実現する連携機能を備えています。

 

詳しく見る

法人版まとめ買いのご相談は販売店でも承っております

常に最新機能が使える

会社名:株式会社大塚商会

部署名:プロダクトプロモーション部
アドビプロモーション課

お問い合わせ先:こちら

営業拠点:全国

自宅のPCでも使えるので テレワークにも有効

会社名:加賀ソルネット株式会社 EMカンパニー

部署名:営業部

お問い合わせ先:こちら

営業拠点:東京・大阪

会社名:

部署名:ICTデバイス企画本部 ITプロダクト企画部

お問い合わせ先 : こちら

営業拠点:全国

マルチデバイス対応

会社名:

部署名:営業支援部

お問い合わせ先:こちら

営業拠点:全国

ストレージアカウントの連携

会社名:株式会社Too

部署名:Too アドビチーム

お問い合せ先:こちら

営業拠点:東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、京都、福岡

会社名:

お問い合わせ先:こちら

営業拠点:全国

会社名:

部署名:ソフトウェア事業部

お問い合わせ先:こちら

営業拠点:東京

会社名:株式会社リコー
リコージャパン株式会社

お問い合わせ先: zjc_adobe_sales@jp.ricoh.com

営業拠点:全国

 

法人向け限定オファー