Adobe Acrobat 2017 (永続版)のサポートは
2022年6月6日に終了します

Acrobat 2020(永続版)のサポートは

2025年6月1日に終了します

Adobe Acrobat 2017 (永続版)のサポートは
2022年6月6日に終了します

Acrobat 2020(永続版)のサポートは

2025年6月1日に終了します

Adobe Acrobat 2017 (永続版)、およびAdobe Acrobat Reader DC (2017) のサポートは2022年6月6日に終了します。Acrobat 2020(永続版)のサポートは2025年6月1日に終了します。

これらの製品を引き続きご利用いただくことはできますが、ソフトウェアのバグやセキュリティに関するアップデートやお知らせが受けられなくなります。

安心してお使いいただくためにも、お客様には最新サブスクリプション版のAdobe Acrobat DCおよびAdobe Acrobat Reader DCにアップデートすることを強く推奨します。

永続版製品の種類とサポート終了日

Acrobat Pro 2017 (永続版)

Acrobat Standard 2017 (永続版) 

2022年6月6日

Acrobat Reader 2017

Acrobat Pro 2020 (永続版)

Acrobat Standard 2020 (永続版)

2025年6月1日

Acrobat Reader 2020 

Acrobat Pro DCのすべての機能を、7日間無料でお試しいただけます。

Acrobatのバージョンの確認方法

アプリケーションアイコンから簡単にバージョンを確認する方法を説明します。
ここでは、Acrobat XIを例にあげていますが、他のバージョンも基本的に同じ操作で確認できます。

Windowsの場合:

1 デスクトップのAcrobatショートカットアイコン❶を確認するか、またはスタートメニューから「すべてのアプリ」→「Adobe Acrobat XI Pro」❷でバージョンを確認できます。

※画面はWindows 10のものです。OSのバージョンによって画面が異なります。
windows

Mac OSの場合:

1「移動」→「アプリケーション」❶を選択し、「アプリケーション」フォルダーを開きます。

2「Adobe Acrobat XI Pro」フォルダー❷でバージョンを確認できます。

※画面はWindows 10のものです。OSのバージョンによって画面が異なります。
mac

サポートが終了したソフトウェアを使い続けるリスク

脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティバッチが提供されず、無防備で危険な状態に

予防接種が受けられない

脆弱性が見つかっても、それを修正するセキュリティパッチが提供されず、無防備な状態のまま危険に晒されることになります。

攻撃者の標的となり、不正なプログラムを詰め込んだファイルを送られ、開いてしまう可能性もある

攻撃者の標的にされる

脆弱性は攻撃者の格好の標的となります。不正なプログラムを埋め込んだファイルを送りつけ、開かせる、といった手口もその一例です。

不正なファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、社内や取引先のPCも悪影響を与えることも

ウイルス感染、そして拡大

不正に送りつけられたファイルなどからウイルスに感染したPCを介して、時にはネットワークを通じて社内や取引先のPCにも悪影響を与える危険性があります。

Acrobatを安心してお使いいただくためにも、最新版のAcrobat DC (サブスクリプション版)へのアップグレードを推奨いたします。

ご購入のお客様の80%以上が選ぶ!

サブスクリプション版なら、永続版にはない様々なメリットがあります

常に最新機能が使える

常に最新機能が使える

ご利用期間中は最新のバージョンの機能とテクニカルサポートを追加コスト不要でご利用いいただけます。また、セキュリティ修正プログラムのアップデートを適用し常に安全な環境を維持できます。

自宅のPCでも使えるので テレワークにも有効

テレワークやBCPにも有効

追加費用なしで最大2台までのPCで使用可能。会社と自宅のPC(テレワーク)でも利用でき、ライセンス違反のリスクもありません。災害やシステム障害時でも業務を継続できるBCP対策にも有効となります。

レビューや署名をスマートに

ファイルの共有とレビューがスマートに

ドキュメントをクラウドで共有したり、複数人でコメントをリアルタイムに共有できる「共有レビュー」機能でコラボレーションがはかどります。

 

オンラインサービス

Acrobat オンラインサービスを利用すると、PDFの作成、編集、整理、共有、レビューなどの操作を、Webブラウザー上で行うことができます。デバイスにアプリがインストールされていないときや外出先での作業にも便利です。

 

詳しく見る

マルチデバイス対応

モバイル版アプリ

デスクトップで行っていた作業を、モバイルデバイスで継続できます。ファイルはクラウド上で同期しているため、どの環境からでも常に最新のファイルにアクセスすることが可能です。

 

詳しく見る

ストレージアカウントの連携

ストレージアカウントの連携

Acrobat DCのインターフェイスからBox、Dropbox、Googleドライブ、Microsoft OneDriveまたはSharePointアカウントのファイルに直接アクセスし、デバイスまたはユーザー間で簡単に共有できます。

電子契約機能でハンコレス

電子契約が簡単に行える電子サインが標準で付属しているので、契約や承認をペーパレス化することができます。署名を依頼された人は特別な契約や設定は不要で、ブラウザーとメールアドレスさえあれば数クリック署名を完了することができます。

Microsoft 365の投資を最大限に活用する

アドビとMicrosoftは協力関係を結び、ネイティブな連携機能を実現しました。Adobe Acrobatは、Microsoft 365、Teams、Dynamicsなどのツール上でPDFの作成、編集、共有を実現する連携機能を備えています。

 

詳しく見る

法人向け限定オファー

 

Acrobat DC 2017 (永続版) 以前の永続版製品をご利用いただいてるお客様には、バリューインセンティブプラン(VIP)により、低コストでAcrobat DCにアップグレードいただける機会をご用意いたしました。詳しくは、以下の連絡先または、アドビ製品販売パートナーまでお問い合わせください。 
平日の14:30までのお問い合わせは当日中に弊社からご連絡差し上げます。

0120-921-104

法人向け限定オファー