Adobe でPDF ファイルを確認、編集しましょう

Adobe Acrobat Reader なら無料かつ高機能のPDF 編集ツールを試すことができます。また、PDF 文書の編集、整理、圧縮に便利なAcrobat オンラインを使ってみましょう。

無料の高機能PDF エディターを使って、PDF文書を編集する

Adobe Acrobat を使ってPDF を作成、共有する

 

PDF 文書は仕事、コミュニケーション、共同作業に不可欠です。だからこそ、多くの人々や企業が、ファイルをカスタマイズするために高機能のPDF編集ソフトを求めているのです。共通のファイル形式を使えば、組織内でファイルを共有、記録を保存することができます。さらに、無料のAcrobat Reader モバイルアプリを利用すれば、PDF のプレビュー、署名、注釈の追加などが簡単にすばやくできるようになります。無料のPDF ビューアーで、PDF 文書への署名や、提出されたフォームの確認、履歴書のコピーの保存などの業務を合理化します。

 

PDF を使って仕事を始める

 

 

PDFエディターの長所

 

PDF への署名、テキストの編集、フォーム欄への注釈追加、PDFの共有などに加えた機能が必要な方はAdobe Acrobat Pro を試してみましょう。

 

 

PDF を簡単に作成する 

 

Microsoft Word文書でも、Excel シートやHTML web ページ、またはPowerPoint のプレゼンテーションでも、多くの種類のファイルを簡単にPDF にエクスポートすることができます。また、 PNG やJPEG 形式の写真を、PDF コンバーターを使ってPDF 形式で保存することができます。しかも、 PDF 形式はどのようなファイルに対しても互換性があるので、クライアントや契約相手など誰でも閲覧、確認することができ、また、簡単に電子署名を加えることができます。

無料のPDF 編集ツールを使ってPDF文書を作成しましょう。

PDF エディターで共同作業をする

 

使いやすさに重点を置いたAcrobat の注釈ツールなら、PDF ファイルへの書き込みや編集が簡単にでき、組織内でのコミュニケーションや共同作業の効率性が高まります。アイデアをより効果的に表現するのに役立つ、テキストボックスの追加、文字のフォーマット変更、付箋、シェイプ、筆ツールによる手書き文字の挿入などの機能を使って、ファイルに注釈を加え、その後共有することができます。共有ファイルには、他の共同作業者が付箋、ハイライト、ライン、シェイプ、そしてタイプライターツールで行った文字の追加や下線、取り消し線などのあるコメントを挿入できます。

 

 

圧縮して送信する

 

PDF文書を共有する準備ができましたら、Acrobat を使用し、ファイルを圧縮しても画質を損なうことなくファイルのサイズを縮小します。この圧縮機能を使えば、サイズの大きなファイルを扱う際に、作業時間やファイルの送受信にかかる時間を短縮できます。また、PDF をリンクとして送信し、共有することもできます

電話で話しながらコンピューターでPDF文書の編集をする人
コンピューターでPDF文書の編集作業をする人

Acrobat のオンラインPDF エディターを使う

 

PDF を有効に活用するもう一つの方法として、無料のオンラインエディターがあります。このオンラインエディターは、Web ページ上で使用する編集ソフトなので、Chrome、Safari、Firebox などのブラウザーから直接 PDF にアクセスできます。さらに、それぞれのOSで動作するWindows やMac コンピューター、iOS のiPhone、その他のモバイルデバイスでもこのツールを利用することができます。


Acrobat オンラインツール、またはAdobe Acrobat Pro の7日間無料体験版では、以下の機能を試すことができます。

  • PDF文書の変換
  • 複数のPDF ファイルを一つに結合する
     
  • PDF を複数の文書に分割する
     
  • 注釈やコメントのあるPDF 文書の編集や、機密性のある情報の墨消し
     
  • PDF 文書のサイズ変更と圧縮
  • PDF のページの回転
     
  • PDF のページの削除
  • PDF のページの並べ替え
  • PDF文書への入力と署名
  • PDF をパスワードで保護する

  • 追加のヘッダーやページナンバーを挿入する
Adobe Acrobat Pro でPDFを編集する

Adobe Acrobat Pro をさらに活用する

 

有料のAcrobat Pro にアップグレードすると、無料バージョンに比べて PDF文書をさらにコントロールすることができます。PDFフォームやファイルを最初から作成する、フォーマットを調整する編集機能を使う、署名欄を作る、といった方法を学びましょう。

 

また、Adobe Acrobat に内蔵された光学文字認識(OCR)で既存の文書を検索や編集が可能なファイルに変更することもできます。またPDFテキストを抽出し、編集や調整をすることもできます。

 

PDF文書の作成、編集、スキャンをより簡単に行うには、適切なソフトウェアを選ぶ必要があります。仕事でPDFの編集ツールが必要な方、あるいはファイルの圧縮や保存機能だけが必要な方にとって、Adobe Acrobat はそれらのニーズを余すところなく満たします。

 

PDF を最大限に活用する

その他のおすすめ

机でノートパソコンを使っている人

ワークフローの自動化で仕事をスムーズに進める

ワークフローを自動化し、時間を節約して生産性を素早く、簡単に高めましょう。

電話で話しながら、テーブルでノートパソコンを使っている人

コラボレーションツールを使って人のつながりを維持する

優れたコラボレーションツールと、組織がスムーズに共同作業をするのに必要な条件を見ていきましょう。

タブレット、携帯電話、ノートパソコンでPDF 文書を編集している状況のグラフィック

PDF の概要を学ぶ

PDF はドキュメント処理を変革し続けています。それでは 実際のドキュメント処理はどのような進歩を遂げているのか見ていきましょう。

Acrobat Sign のID認証機能

ID認証で文書を安全に守る

ビジネスを安全に、効率よく、自信を持って行えるように、高度なセキュリティと多要素認証を導入しましょう。

エンド・ツー・エンドのデジタル処理を行っていますか。

プロセスのどの段階であっても、Adobe Document Cloud を利用すれば、次の段階へスムーズに進むことができます。