テレワーク成功の鍵

自宅で行う仕事が増えてきている中、オフィスで仕事をすることは、もはや必須条件ではなくなってきました。リモートワークに慣れる方法を探る。

ソファに座りノートパソコンでテレワークをする人

デジタルノマドになる

 

在宅勤務でも、キャンピングカーで北米を旅しながらでも、アマゾンの熱帯雨林のジャングルロッジにいても、コラボレーションツールがあれば、どこにいても大抵の場合、リモートワークが可能です。ただし、従来の職場から自宅やその他の仕事環境に移る場合、生産性を維持することは難しいかもしれません。

 

勤務時間に柔軟性のある仕事に魅力を感じ、デジタルコミュニケーションのスキルがある場合、完全にリモートワークにしてみたらどうなるか、考えてみましょう。リモートワークの仕事を探し始める前に(または  キャンピングカーを購入する前に)、リモートで仕事をすることの長所と短所を考察し、アドバイスを受けましょう。

 

Adobe Acrobat のモバイルアプリで探る

自宅のノートパソコンでテレワークをする人

リモートワークは働き方の選択肢の1つになれるのか?

 

コロナウイルスのパンデミック下で、多くの企業がリモートワークを余儀なくされるようになる以前、多くの会社がリモートワークの利点を鑑み、自宅勤務可能な職種を定めてきました。コンピューター、Wi-Fi、コラボレーションアプリ、ビデオ会議などが、従業員の間の地理的な距離の橋渡しをしています。しかも、ロケーションが重要な要素でなくなった今、企業はより適切な人材を求めて、従業員の居住地を地元から世界の各地へと広げることができます。

 

リモートワークにより、企業は建物やオフィスの管理費を節約することもできます。こうした背景から、創業したての会社から技術系会社、コールセンターに至るまで多くの企業がリモートワークを注目している理由の1つでもあります。在宅勤務は単なる時代の流れで生まれた働き方ではありません。実際、2015年の調査によると、在宅勤務にした場合の生産性が13% の伸び率になっています。

 

 

リモートワークの注意点


正社員の職からパートタイムやフリーランスの仕事まで、以下のことを念頭に入れて仕事を探します。

 

 

仕事に対する精神面の重要性

 

リモートワークでは、勤務時間を柔軟に変更できます。しかし、従来の9時から5時までの勤務時間以外に、仕事をするという好ましくない習慣がついてしまう可能性もあります。また、雇用主が海外にいる場合、その国の時間帯に合わせて勤務時間を変える必要性が出てきます。そのため、自ら仕事のスケジュールを決めてそれを守ることが重要になってきます。このことがワークライフバランスを保つ鍵であり、また、上司や同僚との連絡を保つ重要な方法でもあります。自分がいつ仕事をしているかいないかを、他の人が確実に知っているようにすれば、勤務時間を守ることができるようになります。

RV内でテレワークをする人の写真2枚

接続を確実に

 

インターネットに接続していなければ、世界中どこにいても時間通りに仕事ができません。在宅勤務、またはホテルで同僚と共に仕事をしている場合、コンピューターやその他のデバイスの接続状態が良好であるか確認する必要があります。マネージャー、雇用主は、リモートワーカーの接続状態が仕事に影響を及ぼしていないことを承知していなければなりません。

 

注意:海外で仕事をする場合は、携帯電話の料金プラン、国際データ通信料金、通話料金を調べる必要があります。

 

 

妨げとなるものをなくす 

 

オフィス以外の場所で仕事をする場合、 仕事の環境をコントロールできないことがあります。仕事上の電話を確実に聞き取るには、ヘッドフォンが最適です。また公園や人の多い喫茶店で仕事をする場合、ヘッドフォンは雑音を削減してくれます。仕事用に使うデバイスでは、SNS アプリを削除して、仕事に集中できるようにします。

 

 

予期せぬ出来事に対処する

 

集中力をそらす妨げの他に、リモートワークでは予期せぬ出来事も起こります。予備のバッテリやハードドライブを用意し、停電やWi-Fi の状態が悪い時でもオフラインで仕事ができるよう必要なファイルを保存します。ほとんどの携帯電話は、モバイルホットスポットとして使うことができます。困った時にはそれが使えるように、データ使用料の料金プランを確認します。

 

 

雇用条件を理解する

 

会社によっては、リモートワーカーやフリーランサーの処遇が異なります。人事課に連絡をし、リモートワークに関わる税金、健康保険の手当、その他の手当てについて理解しておきます。

タブレット、携帯電話、ノートパソコンのグラフィックに表示されるAdobe Acrobat DCのさまざまな機能

Adobe Acrobat Pro DCで、どこにいても作業が可能

 

適切なツールがあれば、リモートワークを素早く、簡単に行うことができます。Acrobat には必要な機能がすべて備わっています。

  • コラボレーション: 編集可能がPDFを共有し、どの組織とも、いつでもどこでも共に仕事ができます。
     
  • コミュニケーション: PDFにメモ書きやコメントを付けることができます。さらに、文字をハイライトする、線を引いて文字を消す、など多くのことができます。
     
  • 編集: ファイルで直接PDFを編集し、メモをリアルタイムで描くことができます。
     
  • 返答: PDFのフォームに「入力と署名」ツールで情報を入力すれば、返答が届くので仕事が滞ることはありません。
     
  • 署名: Acrobat Pro DC のAdobe Sign を使えば、電子署名機能でどのような書類にも素早く自分の名前を署名でき、また相手に署名を求めることもできます。
     
  • スキャン: Adobe Scan を使えば、Acrobat のデジタルストリームで紙の書類や画像などを簡単に加えることができます。

デスクトップ、デバイスの種類に関係なく、Acrobat のワークフローにアクセスできます。旅行で移動中でも、山歩きの途中のランチ休憩の時でも、書類が確実に移動し、各組織とのコミュニケーションを取ることができます。

 

リモートワークが自分に合っていると考えたのであれば、接続に必要なツールを揃えてリモートワークの準備を整えましょう。

 

Acrobat でできることすべてを試してみる

その他のおすすめ...

同じテーブルでノートパソコンを見ている親と携帯電話を見ている子ども

在宅勤務の生産性を向上

在宅勤務でも仕事の生産性を常に高く保ちましょう。

机の前に座ってノートパソコンで文書をチェックしている人

ホーム文書管理ソフトウェアで確実に管理する

ホーム文書管理システムを使って、ホームオフィスをすっきりと整理整頓しましょう。 

タブレット、携帯電話、ノートパソコンで、PDF 文書を編集しているグラフィック

PDF の概要について

PDF文書はビジネスの世界を変革し続けます。自分の仕事はどのように変革できるでしょうか。

電話で話しながら、机でノートパソコンを使っている人

コラボレーションツールを使いオンラインで共同作業

コラボレーションツールの利点を知り、組織がスムーズにコラボレーションできるようにします。

エンド・ツー・エンドのデジタルプロセスを進める方法

Adobe Document Cloud なら、いつでもどこでも作業を進めることができます。