お客様の持続可能性の推進を支援

 

アドビ製品使用することで、クリエイティブ表現、文書プロセスの管理、優れたカスタマーエクスペリエンス提供実現できるだけなく、天然資源保護にも貢献できます。Adobe Creative Cloud、Document Cloud、およびExperience Cloudでは、物理的ソフトウェア製造、梱包、流通関する環境負荷発生しません。しかも、これはほんの序の口すぎません。

クリエイティブワークフローとデジタルデザインによる環境負荷の削減

 

Adobe Creative Cloudなら、クリエイティブ部門地理的分散していても仮想空間共同作業進めため、仕事ために他の場所出向く必要性減らすことができます。アドビ3Dデザインおよびイマーシブテクノロジー使用すれば、デザイナーコストかさむ写真撮影物理サンプル代わりフォトリアル3DデザインAR作成することで、二酸化炭素排出さらに削減できます。またConservation Internationalよう組織では、気候変動する意識向上行動改善促すために、Creative Cloud使用して訴求力高いビジュアルストーリー作成しています。

クリエイティブワークフローとデジタルデザインによる環境負荷の削減
クラウドベースのソリューションで無駄を削減

クラウドベースのソリューションで無駄を削減

 

Adobe Document Cloud利用することより、紙の文書プロセス発生する非効率的無駄減らすことができます。例えば、紙のワークフロー代えてAdobe Sign使用すれば、取引を100万件完了するごとに水を2,700万ガロン(約1億リットル)以上節約し、ごみを150万ポンド(約680トン)、CO2e2,340万ポンド(約1万トン)削減できます。米国ハワイ州Document Cloud使用して、毎年876万節約しています。

 

アドビの環境資源保護計算ツール使用すると、紙の使用を減らした場合に環境へ負荷どの程度削減できるがわかります。こちらよりお試しください。

デジタルエクスペリエンス管理でビジネスの持続可能性を向上

 

Adobe Experience Cloudでは、デジタルチャネルお客様とのエンゲージメント高めるエクスペリエンス構築し、環境負荷かかる紙のやり取り出張減らすことできます。

デジタルエクスペリエンス管理でビジネスの持続可能性を向上

環境保全への取り組み

環境保全への取り組み

環境に対するアドビの取り組みついて詳しくは、持続可能性関するポリシー参照してください。