Illustrator Photoshopの違い:最適な選び方

ベクターを使うアプリとピクセルを使うアプリの違い、およびグラフィックデザインと写真の編集を単一のワークフローでスムーズに行えることを理解します。

IllustratorとPhotoshopで作成されたアートワークの違い

それぞれ異なるアプリとその画像

Adobe Creative Cloudは、グラフィックデザイナーや写真家にとって、自分達のビジョンを実現するのに必要な制作と編集のアプリです。Adobe Creative Cloudには、作品を作成するためのグラフィックデザインソフトウェアと、写真や動画、映像を最高に仕上げるための編集ツールが含まれています。

 

AdobeのPhotoshop とIllustrator は、どちらを使っても画像を処理しますが、これら2つのアプリは互いに異なるアプリなのです。Photoshop とIllustrator の大きな違いは、それぞれのプログラムが使うファイルの種類と、編集対象がグラフィックか写真かという点にあります。

 

Illustrator の使い方

Illustrator はグラフィックデザイン用のアプリです。グラフィックデザイナーはIllustrator を使って、ベクターグラフィックを作成します。ベクター画像とグラフィックは、ピクセルを使わず、数学フォーミュラに基づいて点、線、形、曲線を描いています。そのため、画像の質を維持しながらサイズを大きくしたり小さくしたりすることができます。そのため、ベクターによるアート作品は、ディテールを失うことなく、大小どのようなサイズにも合わすことができます。

画像1:隣合わせになった3人の顔が描かれた美しいベクターイラストレーションを使ったアート作品。画像2:隣合わせになった3人の顔がナプキンに描かれた美しいベクターイラストレーション。画像3:隣合わせになった3人の顔が掲示板に拡大されて描かれた美しいベクターイラストレーション

ベクターアートは、大きなバナーからポケットサイズの名刺に至るまで、あらゆるサイズに対応できます。看板やバナーに印刷するためのグラフィックをデザインするのであれば、Illustrator が最適なアプリと言えるでしょう。

 

バーチャルのブラシとインクを使って作成する 

Illustrator を使用するデザイナーであれば、スタイラスやデジタルドローイングツールを使って、フリーハンドでグラフィックや画像を描くことができます。アーティストの感覚や独自のスタイルは、個性的な画像を作り出すための重要な要素です。Illustrator なら、バーチャルのブラシ、ペン、インクやその他の効果的なツールをさまざまなデジタル表面で使うことができます。

 

Photoshop の使い方

Photoshop は業界標準の写真編集アプリになっています。小さな部分のレタッチから、印象的なフォトアートまで、確かな力となるアプリです。Photoshop は写真の切り抜き、写真の構図の調整、光の調整など編集者が被写体を想像できる限りの最高の仕上がりにするために使います。また、熟練したアーティストなら、コラージュの作成や写真の合成に使うことができ、また、画像を重ねる、またはそれぞれ違う写真ファイルから自分だけの画像を作成することもできます。

「ミュロンの円盤投げ」のデジタル画像の色調整
野原に立って空に銀河を描いている人のデジタル画

Photoshop の画像はラスターグラフィックです。Photoshop はベクター画像と違い、ピクセルをベースとしています。ラスター画像はベクター画像より、さらに細かく色や影を表すことができます。また、テクスチャのディテールをよく表現できるなど緻密な編集をすることができます。

 

Illustrator Photoshop を同時に使う

Illustrator とPhotoshop は共にAdobe Creative Cloudに組み込まれており、同時に使えるようにプログラムされています。Photoshop のファイルにIllustrator で作った画像を取り入れ、ベクターファイルで作った画像をラスターファイルに統合させることができます。その逆も可能で、Illustrator で作成したグラフィックデザインをより大きなPhotoshop の写真プロジェクトに簡単に収めることができます。Creative Cloudに組み込まれている他のアプリを使えば、動画編集やアニメーションも1つのデジタルワークスペースの中に入れることができます。

 

ファイルをリンクして簡単に変更する

Illustrator のファイルはPhotoshop のファイルとリンクさせることができます。これらの2つのファイルは基本的には独立したファイルであるにも関わらず、 Illustrator のファイルを Photoshop のファイルの中で見ることができます。

       

例えば、Illustrator でベクターグラフィックを作り、それをPhotoshop の中で黒いTシャツを着た人のファイルにリンクさせます。

Illustrator とPhotoshop を同時に使って、Tシャツのロゴはそのまま残し、Tシャツの色だけ変えることができます。

2つのファイルはリンクしているので、 Illustrator のファイルで変更したことは、Photoshop のファイルでもベクターの部分にその変更箇所が表示されます。Illustrator のベクターグラフィックに変更を加えると、 Photoshop のファイルでも変更されるわけです。

       

この処理を複数のファイル間で行うことができます。例えば、日曜大工ストアのWebページで、Tシャツ、コーヒーカップ、ステッカー、その他の商品に同じロゴを施すことができます。ロゴが作成されたIllustrator のファイルにPhotoshop の商品画像が関連づけられます。この方法は、複数の文書やテンプレートなどで、ロゴや全く同じグラフィックを使わなければならない場合にも便利です。

 

Illustrator とPhotoshop についてさらに学ぶ

Illustrator で作成した画像をPhotoshop にインポートする方法や、さらにはベクター画像を変更する方法も試してみましょう。ベクターとラスター両方のファイルを使って作品を作れば、両方の特徴を引き出すことができ、素晴らしい画像を次々と生み出すことができるでしょう。

紹介されている製品

デザインについてさらに学ぶ

Illustrator

Adobe Illustrator単体プラン

印刷、web、ビデオ、モバイルに向けた高品質なアートワークやイラストを作成
7日間の無料体験の後 2,728 /月(税込)

InDesign

Adobe InDesign単体プラン

印刷やデジタルメディア向けに洗練されたレイアウトを作成
7日間の無料体験の後 2,728 /月(税込)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)