BMPとPNG

BMPとPNGは、どちらも大容量で高画質な画像ファイル形式です。BMPは圧縮していないRAWファイルですが、PNGは圧縮して小さくし、管理しやすくすることができます。ここでは、BMPとPNGの主な相違点を紹介します。

BMPとPNGのマーキー画像

学習内容

 
  • BMPファイルとは
  • PNGファイルとは
  • BMPファイルとPNGファイルの違い
  • BMPとPNG:よくある質問

 

 

BMPファイルとは

BMPとはビットマップの略で、画像を表示するデバイスに依存せず、正確に画像を表示できるファイル形式です。画像の各ピクセルを独立して扱い、高画質で高精細な画像を維持できます。そのため、BMPファイルは非常にサイズが大きい傾向がありますが、その分、編集がしやすくなっています。

 

BMPファイルの詳細を見る

 

 

PNGファイルとは

PNGは、Portable Network Graphicの略です。当初PNGファイルは高品質な画像をインターネットで転送する形式として開発されましたが、大容量で汎用性が高く、可逆圧縮という利点があります。そのため、品質を損なうことなく、サイズを自由に変更できます。一般的によく使用されるファイル形式は他にもありますが、PNGファイルはグラフィックデザイナーに人気があります。 

 

PNGファイルの詳細を見る

 

 

BMPファイルとPNGファイルの違い

BMPとPNGには多くの共通点があり、どちらも同じ年に開発および公開されたラスターファイル形式です。両者の大きな違いは圧縮の有無です。

 

BMPファイルは非圧縮で、可逆(ロスレス)です。大容量ファイルで、高精細な再現ができます。これに対して、PNGファイルは圧縮され、可逆です。PNGを圧縮または圧縮解除しても、情報は失われません。ファイルサイズが小さく、圧縮機能があるPNGは、使いやすいファイル形式です。

 

BMPとPNGのその他の違いについて確認しましょう。

 

忠実度の高い画像 

BMPファイルは、ファイル内の各ピクセルをレンダリングするため、「実画像」と呼ばれることもあります。自動的には圧縮されません。そのためファイルサイズが大きく、一連のBMPファイルを集めると、急速にメモリと保存領域を消費します。 

 

PNGファイルも高品質な画像を表示しますが、BMPと異なり、圧縮を使用します。アイコンやロゴ、線画、4コマ漫画、埋め込みグラフィックなど、シンプルなグラフィックに適しています。

 

ファイルサイズ

同じ画像やコンテンツであれば、BMPの方がPNGよりもファイルサイズが大きくなります。どちらも可能な限りのディテールと情報を保持しますが、PNGファイルは自動的に圧縮されています。また、重ねて圧縮してさらにファイルを小さくすることもできます。BMPファイルはピクセル単位で処理するため、最大4GBのサイズ制限があります。

 

一般的な用途

BMPは最大限にディテールを再現した、高品質な画像を保存します。公開当初は、これが編集用に最適でした。その後、BMPよりも編集に適したファイル形式が開発されたため、現在ではほとんどの人が保存用にBMPファイルを使用しています。

 

PNGファイルの当初の目的は、web上で画像を移動しやすくすることでした。小さいイラスト、スケッチ、描画、ロゴ、アイコンなどに適したファイル形式で、多くのwebサイトで使用されています。グラフィックデザイナーは、単体のグラフィックによくPNGを使用します。

 

ロゴやアイコンのように、単一の被写体の境界がはっきりしていて、周囲に大きな空間がある場合には、PNGの透明機能が特に便利です。これにより背景をレンダリングする際に、レイヤーと共に、またはレイヤーとして使用できます。

 

圧縮

BMPとPNGは、どちらも可逆(ロスレス)ファイル形式です。そのためどちらのファイル形式も、圧縮後に元の品質を完全に復元できます。

 

BMPはシンプルなアルゴリズムで画像を効率よく圧縮し、サイズを小さくできます。PNGファイルはすぐに小さいファイルサイズに圧縮され、さらに複数回の圧縮ができます。

 

品質

BMPファイルは、ピクセルの処理方法やRAW形式であることから、若干品質が高くなります。しかし、BMPとPNGの品質には大きな違いはありません。

 

印刷

BMPとPNGは、どちらも紙とインク対応に制限があるため、印刷には適していません。特に、CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、キー/ブラック)カラースケールは正しく出力できません。

 

 

BMPとPNG:よくある質問

BMPファイルはどのプログラムで開けますか?

BMPファイルは、様々なOSとデザインプログラムに対応しています。Adobe PhotoshopAdobe Illustratorも含まれます。

 

BMPはPNGよりもサイズが大きくなりますか?

同一の画像が含まれるファイルの場合、BMPの方が若干大きくなります。しかし、BMPファイルは上限サイズが固定されているため、通常4GBを超えることはありません。これに対してPNGにはサイズの制限がないため、140GB以上になることもよくあります。

 

BMPとPNGでは、色の処理方法に違いはありますか?

どちらもほぼ同じです。約16,777,216色を画素に割り当てることができます。同時に、BMPファイルの方がパレットが小さく、限定されていて、より効率的です。どちらの形式も白黒画像の処理は得意です。

 

BMPとPNGではどちらのファイル形式が便利ですか?

BMPファイルは、PNGファイルと比べて急速に使われなくなっています。BMPファイルは高品質で編集が容易(特にMicrosoftのプログラムを利用する場合)ですが、編集と保管目的では他の画像ファイル形式の方が人気があります。PNGファイルは、高品質な画像や小さいシンプルなデザインに適し、特にインターネット上で画像を表示するのに便利です。

BMP、PNGと他のファイル形式との比較

BMPとJPEGファイルの画像

BMPとJPEG

BMPと人気のあるJPEGの違いを確認しましょう。

PNGとTIFFファイルの画像

PNGとTIFF

高画質で高精細な画像に適したファイル形式について説明します。

JPEGとPNGファイルの画像

JPEGとPNG

よく使用されるオンライン画像ファイル形式の用途の違いを確認しましょう。

PNGとSVGファイルの画像

PNGとSVG

汎用性の高い、高解像度の画像ファイル形式です。