エフェクトを適用したビデオエディターの使用方法

ポストプロダクションでビデオを編集しながら、編集前のビデオを魅力的なコンテンツに変換するヒントとテクニックを学びます。

ビデオの撮影を完了したら、すぐに編集プロセスに進み、ビジュアルエフェクトの追加を開始します。ビデオ編集ソフトウェアを使用する場合は、ポストプロダクションプランを作成することが成功の鍵となります。ソーシャルメディアの共有や初めての映画制作に携わる場合は、次のヒントとテクニックを参考に編集作業を進めましょう。

成功するビデオ編集のヒント

編集前のビデオの編集を開始する際は、次のヒントを覚えておいてください。

適切なビデオエディターを選択する一部のビデオエディターでは、クリップの切り取りや組み合わせなどの基本的なタスクのみを実行します。クリエイティブ要素を追加したい場合は、「Adobe Premiere Pro」などのエフェクトを含むビデオエディターを選択しましょう。

ビデオエディターにファイルをアップロードして整理するこれには、ビデオファイルに加えて、オーディオファイルや静止画などのサポートファイルも含まれます。時間を節約するために各要素にわかりやすいラベルを付けます。

ムービークリップを最初から最後まで確認するエフェクトの追加を検討する前に、ビデオをご覧ください。特殊効果を編集、削除、追加する領域に関するメモを作成しましょう。

ビデオの品質向上についての計画を作成するメモから、魅力的なコンテンツを作成するために必要な要素やトランジションを検討すします。

効果のレイヤー化を開始するフィルター、トランジション、テキストオーバーレイ 、クリエイティブな要素など、様々な効果を 試し、1つずつレイヤー化してみましょう。

ビデオをもう一度見て、自分に問いかけるビデオの流れは?長すぎませんか?伝えたい内容を伝えられていますか?そうでない場合は、クリップとエフェクトを引き続き修正します。

さらなるビデオヒントを見つけるビデオ制作で編集や特殊効果を使い始めたら、**Premiere Proで**何ができるかを見つけてみましょう。