映画の台本の書き方

次の映画制作を何から始めればいいか悩んでいますか?アイデアを映画に合った台本に書き起こす方法をご紹介します。

ログラインのリストを作成します。

ログラインとは、映画の基本的なアイデアで、インシティング・インシデント(誘因となる出来事)+主人公+工程+結果、という公式が成り立ちます。例えば、次の夏の大ヒット作品の冒頭の短くワクワクするようななフレーズ(「In a world…」)などを思い浮かべてみましょう。

複数のログラインのリストを作成し、友人や家族、他人と共有すれば、よりよいアイデアに絞り込むことができます。

ビートシートを作成する

アイデアが浮かんだら、ビートシートを作成します。ビートシートは、ストーリー全体を構成するプロットポイント(ビートとも呼ばれます)のリストです。

各ビートがストーリーに関連し、オーディエンスの興味を引くものになっていることを確認します。ビートが気に入らない場合は、それを削除します。ビートシートは(最後にはやはり自分のアイデアを気に入るまで)添削しながら完成させましょう。

アウトラインを作成する

アウトラインは、台本を完成させるためのロードマップのようなものです。ビートシートを見て、各プロットポイントの詳細を記入していきます。アウトラインが細かいほど、後で映画の台本を書く際に楽に速く書けるようになります。

台本を書く

アウトラインを細部まで準備したら、最後に映画の台本を書きます。あなたの頭に思い浮かんだアイディアを紙に写し込み、ストーリーに命を吹き込みましょう。

これで確かに完成ではありますが、最初の下書きを仕上げてもプロセスの終わりとはなりません。下書きを友人、家族、マネージャー、または他の人に読んでもらい、フィードバックを受け取りましょう。次に映画の台本ができる限り良いものとなるよう、書き直しを繰り返します。これで、映画を作成する準備が整いました

大々的なアイデアを映画に変える方法について、役に立つヒントをお探しですか?**Adobe Premiere Pro**を使って、映画の台本をページからスクリーンへと仕上げることができます。