Icon: cc-express-logo

無料でホームページバナーを作成

テンプレートから独自のWebサイトバナーをほんの数分で作成しましょう。

今すぐWebサイトバナーを作成

https://main--express-website--adobe.hlx3.page/media_14fe5de97ca86aadd4a141d874322fa21f4650a75.mp4

Adobe ExpressでカスタムブランドのWebバナーをデザインしましょう。

Webバナーは、多くの機能を提供する用途の広いタイプのデザインです。Webバナーは、Webサイトやブログのヘッダーとして使用でき、電子メールでニュースレターのヘッダーとしても使用できます。 さらに、Webバナーは、オンライン広告やデジタル広告にも役立ちます。 単一のWebバナーデザインを作成すると、この例に合わせてサイズを変更したり、再利用したりすることができます。 Adobe Expressのプロ仕様のテンプレートギャラリーをブラウズして、色、写真、テキストなどを選び、バナーをカスタマイズします。 テンプレートの選択、カスタマイズ、共有という流れで簡単にできます。

今すぐWebサイトバナーを作成

Icon: Templates

Webサイトバナーの作り方

今すぐWebサイトバナーを作成

創造性を発揮して、印象に残るバナーを作りましょう。

Adobe Expressを使えば、枠にとらわれない発想で新しいデザインを作成できるようになります。 Adobe ExpressでWebバナーを作成、デザインを複製してサイズを変更し再利用します。バナーを215.9 × 279.4 mm (レターサイズ 8.5”×11”) のカンバスの上部に追加して、レターヘッドにすることもできます。 Facebook、LinkedIn、またはYouTubeページのソーシャルヘッダーとして使用できるようにサイズを調整することもできます。アナウンスをオーディエンスと共有するための無限の創造可能性が広がっています。

WebサイトバナーデザインはAdobe Expressにお任せください。

Adobe Expressの力で創造性を磨きましょう。プロ仕様にデザインされたテンプレートを探索して、発想を刺激したり、バナー広告を最初から作成したりできます。写真、アイコン、ロゴ、パーソナライズされたフォント、およびその他のカスタマイズ可能な要素を使用してデザインのテーマを確立しオーセンティックな印象を与えることができます。デザインを複製し、サイズを変更して、複数のタイプのアセット間で一貫性を持たせます。Adobe Expressを使用すると、ほんの数分でデザインを無料で簡単に作成、保存、共有でき、また共同編集者を追加、承認を得たり、カスタムメイドのWebバナーデザインを公開したりできます。

よくあるご質問をまとめました。

Webサイトのバナーには何を掲載すればよいでしょうか。
バナーの目的、バナーを見たオーディエンスにどのような行動をとってもらいたいかを考えてみましょう。Webサイトのヘッダーバナーは、画像と紹介文だけでよいかもしれません。広告バナーでは、メッセージ、CTA、注目を集める画像を掲載する必要があります。

Webサイトのバナーにリンクを貼るにはどうしたらよいでしょうか。

ハイパーリンクは、バナーをアップロードするプラットフォーム上で行われます。たとえば、ブログにバナーを追加する場合、デザインをブログプラットフォームにアップロードし、その過程でハイパーリンクを追加することになります。しかし、Adobe Expressを使用して、オーディエンスにバナーをクリックするよう促すボタンや強調されたCTAを作成することができます。
バナーをアニメーション化することはできますか。
もちろんです。アニメーションを使えば、オーディエンスの注目を集めることができます。数十種類のアニメーションオプションから選んで、デザインの中の画像やテキストに命を吹き込みましょう。また、GIPHYを利用したステッカーを追加すれば、より遊び心のあるアプローチになります。

Adobe Expressを無料で入手できますか。その場合、何が含まれますか。

はい。無料プランでは、数千のテンプレート、写真編集とエフェクト、アニメーション、2GBのストレージなど、多くのコア機能を提供しています。詳細やプランの比較は、価格ページをご覧ください。

Webサイトのバナーテンプレートを自分で作成することはできますか。

新規、既存を問わず、どのようなプロジェクトでも共有可能なテンプレートにすることができます。プロジェクトを開いて右上の共有オプションを選び、画面の指示に従ってWebサイトバナーのテンプレートを作成しましょう。作成したテンプレートはライブラリからアクセスでき、共同作業者と共有できます。