オリジナルのメニューを無料で作成

独自のレストランメニューをわずか数分で作成。デザインスキルは不要です。

今すぐオリジナルのメニューをデザイン

魅力的なメニューをAdobe Creative Cloud Expressで作成

レストランのメニューは、お客様が料理を注文したときにイメージを伝えるものです。考え抜かれたデザインのメニューは、お客様の食欲を刺激し、満足のいく食事の選択を可能にします。Creative Cloud Expressでは、プロ仕様のスタイリッシュでカスタマイズ可能なメニューテンプレートを使って、レストランの個性をアピールすることができます。

今すぐオリジナルのメニューをデザイン

メニューの作り方

無料で開始
デスクトップまたはモバイルデバイスでCreative Cloud Express(無料)を開き、メニューの作成を開始しましょう。
プロのデザイナーが手がけたテンプレートを閲覧
数千もの優れたメニューテンプレートを閲覧したり、白紙の状態から作成したりすることもできます。
注目を集める画像を掲載
お持ちの写真をアップロードしたり、ライブラリにあるストック画像やデザインを追加したりできます。
テキストをカスタマイズ
Adobe Fontsライブラリにある18,000以上のライセンスフォントから選択しましょう。曲線やグリッド、美しいフォントの組み合わせなど、メニューに最適なテキストテンプレートが見つかります。
メニューを共有
公開ボタンを押すと、お持ちのデバイスにメニューがダウンロードされます。印刷したり、オンラインで共有したりすることもできます。

どうしてCreative Cloud Expressでメニューを作るべきなのでしょうか。

お店のブランド、スタイル、料理を引き立てるメニューを作ることは、お店の成功に欠かせません。Creative Cloud Expressは、お客様の心に響くメニューをデザインし、地域の他店との差別化を図ることができるので、ビジネスにも有利です。

メニューデザインはCreative Cloud Expressにお任せください。

Creative Cloud Expressの力で創造性を磨きましょう。プロ仕様にデザインされたテンプレートを探索して、発想を刺激したり、メニューを最初から作成したりできます。写真、アイコン、ロゴ、パーソナライズされたフォント、およびその他のカスタマイズ可能な要素を使用してデザインのテーマを確立しオーセンティックな印象を与えることができます。デザインを複製し、サイズを変更して、複数のタイプのアセット間で一貫性を持たせます。Creative Cloud Expressを使用すると、ほんの数分でデザインを無料で簡単に作成、保存、共有できます。

よくある質問をまとめました。

メニューはどのような大きさにすればよいでしょうか。
メニューのサイズには様々な選択肢があります。メニューテンプレートには、レストラン用の標準メニューサイズ(215.9 mm x 279.4 mm)、イベントやウェディング用のメニューカード(127 mm x 177.8 mm)、カスタム用のトールメニュー(101.6 mm x 241.3 mm)などがあります。また、独自のカスタムサイズを入力することも可能です。メニューに記載する情報量と、メニューが置かれる場所(プレースセッティング、ディスプレイラック、カードホルダーなど)を考慮して、サイズを選びましょう。
良いメニューデザインとはどのようなものでしょうか。
読みやすさを優先し、次にメニューの美しさを優先しましょう。読みやすいフォントを選び、整理されたセクションを作り、セクションとセクションの間や端には余白を多く取り、オーディエンスが簡単にデザインを見て回れるようにします。そして、色や画像、ボーダーなどを使って、デザインに変化をつけてください。最後に、商品のタイトル、説明、価格などの校正を忘れずにしましょう。
メニューに画像を使用することはできますか。
もちろんです。お手持ちのデバイスから画像をアップロードするか、コレクションから画像やデザインアセットを選択してください。フィルターや背景の除去などの画像編集ツールを使って、写真を最高の状態に仕上げることができます。
Creative Cloud Expressを無料で利用できますか。その場合、何が含まれていますか。
Creative Cloud Expressは誰でも無料で利用できます。無料プランには、数千種類のテンプレート、数百種類のロイヤルティフリーのAdobe Stockの画像、基本的な編集とフォトエフェクトなどが含まれています。プランと価格の詳細については、こちらをご覧ください。
メニューのテンプレートは自分で作ることはできますか。
Creative Cloud Expressでは、既存のプロジェクトでも新規プロジェクトでも、共有テンプレートにすることができます。これらのテンプレートはライブラリにコピーされ、ライブラリにアクセスできる人なら誰でも、これらのテンプレートから新しいプロジェクトを開始することができるようになります。