Icon: cc-express-logo

プレゼンテーション資料をデザイン

テンプレートからわずか数分で独自のプレゼンテーションを作成。

今すぐ作成

https://main--express-website--adobe.hlx3.page/media_172be8c2bea07fbfca8104240eca703b42ca7b605.mp4

プレゼンテーション資料のテンプレート

プロ仕様のAdobe Expressアプリのプレゼンテーション資料テンプレートからアイデアを見つけてから、テンプレートを選んでリミックスやカスタマイズをしてみましょう。情報を入れたり、画像を追加したり、アイコンで情報を整理したりすることができます。作成したプレゼンテーション資料は、電子メール、リンク共有、またはソーシャルプラットフォームにアップロードしてデジタルで共有できます。テンプレートを選んで、カスタマイズして、共有するだけの簡単な作業です。初心者、未経験者でも簡単に使えるAdobe Expressを是非ご利用ください。

今すぐプレゼンテーションを作成


Icon: Templates

プレゼンテーション資料の作り方

今すぐプレゼンテーションを作成

オリジナルプレゼンテーション資料を作成しましょう。

Adobe Expressを使えば、枠にとらわれない発想で新しいデザインを作成できるようになります。プロフェッショナルにデザインされたプレゼンテーションテンプレートで準備を整えた後、Adobe Expressを活用して創造的に楽しみましょう。Adobe Expressを使ってグラフ、チャート、インフォグラフィックを作成し、ポスターに追加してプレゼンテーション資料をサポートすることもできます。また、Adobe Expressのロゴメーカーを使って、プロジェクトのロゴやブランディングを作成することもできます。色や書体、さらには文書のサイズを調整して、デジタルで必要な印刷物を作ることができます。指先に無限の創造可能性が広がっています。

今すぐプレゼンテーションを作成

プレゼンテーションデザインはAdobe Expressにお任せください。

Adobe Expressの力で創造性を磨きましょう。プロ仕様にデザインされたテンプレートを探索して、発想を刺激したり、プレゼンテーションを最初から作成したりできます。写真、アイコン、ロゴ、パーソナライズされたフォント、およびその他のカスタマイズ可能な要素を使用してデザインのテーマを確立しオーセンティックな印象を与えることができます。デザインを複製し、サイズを変更して、複数のタイプのアセット間で一貫性を持たせます。Adobe Expressを使えば、無料で簡単にデザインを作成、保存、共有することができ、協力者を追加したり、承認を得たり、プレゼンテーションを他の人に見せることができます。

今すぐプレゼンテーションを作成

プレゼンテーション資料デザインでよくあるご質問

プレゼンテーション資料のスライドはどのようなサイズにすればよいでしょうか。
多くのプレゼンテーションでは、より狭いワイドスクリーンサイズ(16 : 9)、つまり1920 px × 1080 pxが使用されます。標準的なスライド(4:3)は、1024 px x 768 pxの大きさです。どちらの形式を選んでも、サイズ変更ツールを使っていつでもスライドのサイズを変更できます。
どのようなプレゼンテーション資料を作成できますか。
営業用プレゼンテーション、ウェビナー用プレゼンテーション、マーケティングおよびピッチ用デッキ、基調講演、学校のプロジェクト、チュートリアル、または単なるお楽しみのためのプレゼンテーションを作成することもできます。創造的な機会は無限にあります。
プレゼンテーション資料のページを複数作成するにはどうすればよいでしょうか。
プレゼンテーション資料の1ページをデザインして、プロジェクトを複製して、最初のページをテンプレートとして次のページを作成しましょう。好きなだけページを追加しましょう。

プレゼンテーション資料のテンプレートを自分で作成することはできますか。

新規、既存を問わず、どのようなプロジェクトでも共有可能なテンプレートにすることができます。プロジェクトを開き、右上の共有オプションを選択して、画面の指示に従って独自のテンプレートを作成しましょう。作成したテンプレートはライブラリからアクセスでき、共同作業者と共有することもできます。
Adobe Expressは無料で利用できますか。その場合、何が含まれますか。
はい。Adobe Expressには、写真編集ツールやエフェクトなどのコア機能と数千もの無料テンプレートが含まれる無料プランがあります。プランと価格の詳細については、こちらをご覧ください。