Adobe Sparkでカラー写真を白黒に

カラー写真にフィルターを追加して、グレースケールに

今すぐ写真をモノクロ加工

カラー画像を白黒写真に一発変換

Adobe Spark Postは、スマホやPCブラウザで使えるグラフィックデザインツールです。アップロードした画像をSNS投稿にピッタリのサイズにトリミングしたり、スライディングスケールエフェクトを使ってイメージを強調したり、白黒フィルターを適用してカラー写真をモノクロ写真に加工したり。以下のクイックガイドに沿って、画像の色調を変換してみましょう。

今すぐ写真をモノクロ加工

写真をグレースケールに加工する方法

画像のアップロード
まずは、Adobe Spark Postのモバイルアプリで(+)ボタンをクリックし、フォトライブラリなどからカラー画像をアップロードします。写真をタップすると、メニューに「Look」タブが表示されるので、「グレースケール」フィルターを選択してください。これだけで、美しい白黒写真が仕上がります。もう少し手を加えたい場合は「強調」タブをタップし、コントラスト、明るさ、シャドウの各パラメーターを調整し、より最適なモノクロのトーンを探してみましょう。PCブラウザの場合は、写真をタップして「フィルタ」タブをクリックすると、フィルタメニューが表示されます。
白黒写真を書き出す・追加編集する
モノクロ画像が完成したら、そのままSNSに投稿したり、スマホやPCにデータを保存したりすることができます。さらにポスターのように仕上げたい場合は、写真の上にテキストやグラフィックを追加・再編集してみましょう。「レイアウト」オプションを使って、複数のモノクロ画像をコラージュすることも可能です。
デザインの再検討と修正
Adobe Spark Postはデザインを自動保存するので、いったん終了してもあとから追加で編集することができます。気に入らない変更があった場合は、編集をさかのぼって元に戻しましょう。1つのオリジナル写真をつかって、いくつもの画像編集バリエーションを作ってみるのも楽しそうです。

今すぐ写真をモノクロ加工

オンラインで写真をカスタマイズして自分のものに

Adobe Spark Postの画像編集ツールを使えば、デジタルで共有したり印刷したりできる画像やグラフィックを簡単に作成できます。無料アプリにもかかわらず簡単に高度な編集ができるので、繰り返し使って編集テクニックをどんどん磨いていきましょう。自分だけの編集スタイルを確立し、ユニークなイメージ画像づくりをお楽しみください。