動画をすばやく簡単にトリミング

Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeなどが普及し、誰でも画像や動画ファイルをSNSへアップする時代になりました。撮影したビデオを切り取り・切り抜きし、簡単な動画編集にチャレンジしてみましょう。

今すぐ動画トリミングを試す

Adobe Spark Videoで動画をトリミング

Adobe Spark Videoを使えば、専門の編集スキルなしに動画をトリミングできます。操作は至って簡単。ビデオクリップをアップロードし、タイムラインを見ながら動画のコマをトリミングするだけ。また、Adobe Spark Videoを操作して、タイムラインに映像を再挿入することもできます。不要なシーンをトリミングするだけで、動画の完成度は飛躍的にアップするでしょう。

今すぐ動画トリミングを試す

Adobe Spark Videoで動画をトリミングする手順・方法

撮影した映像をアップロードする
「マイビデオ」ページから、赤い(+)ボタンを押して始めます。最初のフレームにはもう一つの(+)が付いているので、これを押すとタイムラインに動画の内容を挿入することができます。
思いのままに動画をトリミング
タイムラインに挿入したい動画ファイルを選択すると、トリミング画面がすぐにポップアップします。挿入したい動画のワンシーンの前後をスライダーで選択し、切り取りましょう。「完了」を押せば、そのままクリップが挿入されます。
追加編集をする
切り抜いたスライドを改めてトリミングしたい(長くしたり短くしたりしたい)場合は、そのスライドに移動し、「はさみのアイコン」をタップしましょう。「ビデオをトリミング」する画面が表示されるので、再挿入したい映像を改めて選択・切り抜きます。

今すぐ動画トリミングを試す

動画編集で必要なシーンだけを切り出す

映像の撮影では、必要なシーンだけを撮影することはまずできません。完璧な映像を撮るには、何度もリテイクする必要があります。とにかく映像は撮れる範囲で保存し、Adobe Spark Videoの使いやすいトリミングツールを使って必要なシーンを切り抜きましょう。動画のトリミングは、動画制作でもっとも簡単かつ効果的なプロセスです。