FAQ

1. Adobe Embedded Print Engineは、なぜそれほどまでにPDF印刷にフォーカスしているのですか?

現在では、電子メールやWebサイトで文書を共有する手段として、またモバイルデバイスから文書を印刷する手段として、PDFが幅広く使用されています。この数年間でスマートフォンやタブレットを使用した文書の保管や印刷が急増しています。PDFをモバイルデバイスからプリンターに送信するケースは増え続け、特に、iOSのAirPrint、AndroidのMopria、すべてのプラットフォーム共通のGoogle Cloud Print、OEM独自の様々なAndroid印刷サービスなど、各種の新しいサービスが増えています。現在では、モバイル印刷はローエンドデバイスの印刷では事実上の標準ワークフローになっています。


上記のいずれのケースにおいても、プリンターがPDLとしてPDFをサポートしている場合、コンテンツをPDF形式で送信する方がラスター形式よりもはるかに良い結果が得られます。これにはいくつかの理由があります。まず、モバイル印刷などの、使用する帯域幅が制限されている印刷の場合、使用するデータ量が少ないPDFの方が効率的です。次に、PDFはデバイスの解像度に合わせて印刷され、最終段階までユーザーのコンテンツがそのまま維持されるため、モバイルデバイスでラスター形式を生成する場合と比べて印刷品質が大きく向上します。すなわち、操作性に優れ、印刷品質が高く、信頼性が向上するPDFが、次世代のモバイルおよびクラウドベースの印刷に最適なPDLであると言えます。

2. Adobe Embedded Print Engineはどのようなライセンス条項のもとで提供されますか?

Adobe Embedded Print Engineはオフィス印刷分野で業界をリードするネイティブPDFおよびPostScript RIPであり、メモリ量の少ないシングルコアプロセッサーの小規模オフィス向けプリンターから、数ギガバイトのRAMが搭載されたマルチコアプロセッサーの企業用の複合機(MFP)に至るまで、様々なニーズに対応しています。アドビは、お客様が様々な条件で成功するために異なるビジネスモデルを使用して特定のマーケットセグメントまたは地域ごとに様々なデバイスを製品化していることを理解しています。これを念頭に置き、Adobe Embedded Print Engineを使用した製品を市場に展開するお客様を長期にわたってサポートし、ともに成長することを目指して、要望に沿った条件を提示することを心がけています。

3. 新しい技術であるAdobe Embedded Print Engineを採用するにあたり、どのような課題に備えるべきですか?

Adobe Embedded Print Engineは、Adobe Creative CloudアプリケーションやAdobe Acrobat Reader DCを支えている堅牢で実績のあるアドビのコアテクノロジをベースにしています。Adobe Embedded Print Engineはこれらのテクノロジをプラットフォームに組み込み、あらゆるオフィス印刷デバイスを強化します。大手プリンターメーカーは、既にAdobe Embedded Print Engineをベースとした様々なデバイスを製作しており、発売の準備をしています。お客様がAdobe Embedded Print Engineの採用を決定した際には、アドビは、詳しいテクニカルワークショップ、豊富な資料、世界水準の継続的なサポートを提供します。

4. Adobe Embedded Print EngineでAirPrint認定をできますか?

Apple社は、Apple社のデバイスから印刷するための認定基準を満たすプリンターとMFPにAirPrint認証を提供します。この基準では、AirPrintワークフローに関連して様々な角度からデバイスのテストを行います。これらの基準の1つは、これらのデバイスでRIP処理され、印刷されるPDFの品質とパフォーマンスです。アドビはApple社と協力し、Adobe Embedded Print EngineのAirPrint認定を取得しました。つまり、Adobe Embedded Print Engineを組み込んだ印刷デバイスであれば、AirPrint認定取得時の主要なデバイステスト項目であるPDFの印刷品質とパフォーマンスを心配する必要はありません。

5. 既存のRIPからAdobe Embedded Print Engineへの移行にはどれだけの労力がかかりますか?

従来のアドビのRIPテクノロジを使用している場合でも、クローンテクノロジを使用している場合でも、Adobe Embedded Print Engineに移行するのは当然の選択です。Adobe Embedded Print Engineを採用することの多くの利点をご覧になるには、ここをクリックしてください。

従来のアドビRIPからAdobe Embedded Print Engineに移行する場合は、移行作業が可能な限り円滑になるようにしています。インターフェイスの変更は最小限であり、移行に必要なすべての文書とサポートをアドビが提供します。開発期間は、移行が必要な既存のカスタマイズの内容によって決まります。当社のチームは、これらのカスタマイズをAdobe Embedded Print Engineに移行して、新しいアーキテクチャとコア技術を活用するお手伝いをします。

アドビ以外のテクノロジからAdobe Embedded Print Engineに移行する場合は、詳しいテクニカルワークショップ、豊富な資料、世界水準の継続的なサポートにより、移行が円滑かつ迅速に行われるようにします。

6. Adobe Embedded Print Engineをベースにしたプリンターの開発以外の追加要求をサポートしてもらえますか?

アドビには、世界をリードするプリンターメーカーが様々な分野でクラス最高のデバイスを構築できるように支援してきた世界水準のエンジニアチームがあります。アドビが提供するメリットは、お客様やエンドユーザーのニーズに合わせたエンドツーエンドのソリューションを提供します。このため、お客様のプリンタープラットフォーム向けのAdobe Embedded Print Engineにさらなる価値を付加することができます。