Adobe Embedded Print Engineの概要

対象となるマーケットセグメント

対象となるマーケットセグメント

単一機能プリンターから、オールインワンプリンター、マルチ機能プリンター、エントリレベルのラージフォーマットプリンターまで。

どこからでも印刷可能

デバイス

デバイス

クラウド

クラウド

オペレーティングシステム

オペレーティングシステム

アプリケーション

アプリケーション

バンドル形式

バンドル形式

- プリンター組込み型RIP

RIP並列化方式

RIP並列化方式

- 同一MFP内で複数RIPインスタンスによる並列処理

対応PDL

対応PDL

- ネイティブPDF(最新PDF
仕様に対応)
- ネイティブPS(PostScript
言語レベル3)

推奨CPU

推奨CPU

- Intel Atomおよび同等のプロセッサー
ARM Cortex

最低CPUコア数

最低CPUコア数

- 1

オペレーティングシステム

オペレーティングシステム

- 各種LinuxとThreadX
(32ビット、64ビット)

-
カスタムの組み込みプラットフォーム
(専用プラットフォームを含む)
で使用可能

ハードディスク

ハードディスク

- 別途ご購入

メモリ要件

メモリ要件

- RIPインスタンスごとのメモリサイズ
:14.35 MB
(PDFと
PostScriptを含む)

出力カラーモデル

出力カラーモデル

- カラーモデル:デバイスCMYK、
デバイスRGB、デバイスグレー

- ビット深度:1、2、4、8ビット
(各ピクセルのチャネル当たりのビット深度)

- 解像度:最大2,400dpi

バンドル形式

対応PDF規格

- PDF/A—PDF/A-1a, PDF/A-1b、
PDF/A-2a、PDF/A-2b、PDF/A-2u、
PDF/A-3a、PDF/A-3b、PDF/A-3u

- PDF/UA—PDF/UA-1

- PDF/E—PDF/E-1

フォント

対応フォント

- すべてのPostScriptフォント(タイプ0、タイプ1、
タイプ2、タイプ3、タイプ32、タイプ42)

- CIDフォント(タイプ0、1、2、4)

- Adobe Multiple Masterフォント(
プリンター内に存在しない参照先フォントをエミュレートするための
フォント)

- TrueTypeフォント(タイプ42のフォントとして
カプセル化)

ラスター転送方式(面順次/線順次)

ラスター転送方式(面順次/線順次)

- バンド化

- バンド化フレーム(ハイブリッド)

- フルフレーム

ジョブチケット指定方式

ジョブチケット指定方式

- PS、PJL、OEMカスタムコマンドを介したジョブチケット指定方式

RIPが対応する面付けレイアウト

RIPが対応する面付けレイアウト

- Nアップ、小冊子面付

カラーマネジメント、透明効果、スクリーニングなどの機能

カラーマネジメント、透明効果、
スクリーニングなどの機能

- PostScript用のカラーレンダリング辞書とカラースペース配列のサポート

- PDF用のICCプロファイルのサポート

- サードパーティ製のカラーマネジメントシステムをプラグインするためのインターフェイスのサポート

- OEMで制御可能な解像度での透過性処理

- オブジェクトベースのカスタムハーフトーンに対応

- サードパーティ製のハーフトーンスクリーン用のインターフェイスのサポート

- トナーの節約

- タグプレーン