主な機能

以下の表でバージョンごとの機能比較をしていただけます。合わせてColdFusion Standardの新機能をご確認ください。

ColdFusion Standard Edition(2018リリース)

ColdFusion Standard Edition(2016リリース)

ColdFusion 11 Standard Edition

パフォーマンス監視ツールセット サーバーのモニタリング

Code Profiler

データベースモニタ

外部サービスモニタ

コネクタの自動調整

ドキュメントサービス

PDFアーカイブ

PDF編集

PDFサニタイズ

ファイル間でのコメント交換

標準化されたPDFメタデータ

PDF添付ファイル

PDFスタンプのサポート

Microsoft Office 2010 PowerPointファイルの生成

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

Microsoft Office 2010 WordおよびPowerPointからPDFファイルへの変換

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

MS Office 2010 Excelのサポート

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

PDFフォームの処理

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

PDFドキュメントの操作

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

サーバーサイド印刷

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

オンラインプレゼンテーションの生成

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

HTMLからのPDFファイルの生成

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

構造化レポート

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

モバイル開発

クライアントサイドデータベースの統合

CFMLベースのモバイルアプリケーション開発

デバイスの検出

ネイティブデバイスAPI

オンデバイスデバッグ

リモート監視

クライアントサイドデータベースのアクセス

カスタムタグフレームワーク

アプリケーション開発

CFSCRIPTの完全サポート

コマンドラインインターフェイス

メンバー関数

QueryExecuteとElvis演算子

ソーシャルログインのサポートとソーシャルプラグインの統合

JSONとXML用のカスタムシリアル化機能とシリアル化解除機能

オブジェクト関係マッピング(ORM)

高度なキャッシング(ehcache)

Ajax UIコンポーネント

Ajaxフレームワーク

イメージ操作

RSSフィードおよびAtomフィードの作成と取り込み

ZIPとJARの各アーカイブファイルの操作

データベースの分析

サーバー側チャートのカスタムスタイル

サーバー側チャート作成とグラフ作成

ColdFusionコンポーネント(CFC)

XMLサポート

XPathサポート

Webサービス(SOAP)

RESTの組み込みサポート

ファイル操作

.NETアセンブリのサポート(DLL)

Java、サーブレット、およびEJBの接続性

JDBCとODBC

FTPサーバーとSFTPサーバー

仮想ファイルシステム(RAM)

仮想ファイルシステム(ZIP、JAR、FTP、SFTP)

マルチスレッドCFML(CFTHREAD)*

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

データベースクライアントの接続管理

追加のデータベースの種類のサポート

データベース例外処理

データベースのフェイルオーバーサポート

改良版スケジューラーエンジン

スケジュール済みタスクのグループ化

スケジュール済みタスクの優先順位

クロージャのサポート

CFCオートコンストラクター

CFCメソッドチェーン化

クエリとリストのfor-inサポート

Hotfixインストーラー

ColdFusion Administratorでのアップデートの即時通知

CFScriptのサポート

FlexおよびAdobe AIRレイジーローディング

高度なプロトコルのサポート

ゲートウェイアーキテクチャ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

データ管理サービス

データサービスメッセージング

エンタープライズIMゲートウェイ(SametimeおよびXMPP)

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

非同期CFMLゲートウェイ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

SMSゲートウェイ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

JMSゲートウェイ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

TCP/IPソケットゲートウェイ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

ディレクトリ監視機能ゲートウェイ

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

エンタープライズ版

64ビットサポート

HTML5 WebソケットのPort80サポート

HTML WebソケットのSSLv3サポート

HTML5チャート

組み込みHTML5ビデオプレーヤー

HTML5からAdobe Flashテクノロジーへのフォールバック、およびその逆

HTML5ビデオプレーヤーでのスキンサポート

HTML5ビデオプレーヤーでのイベントおよびJavaScriptインターフェイスのサポート

CFMAPを使用した地理的位置の機能

HTML5の入力の種類のサポート

サーバー上でのWebソケットプロトコルのサポート

機能制限あり

Webソケットを使用したパブリッシュおよび購読用のインターフェイス

機能制限あり

機能制限あり

機能制限あり

HTML5チャートのカスタムスタイル

統合ソリューション

埋め込まれたApache Solrフルテキスト検索エンジン

Adobe LiveCycle Data Services ESの統合

Eclipseベースのデバッグ

Flash Remoting

Adobe DreamweaverとEclipseの拡張機能

ユーザー定義関数

Microsoft SharePointのWebパーツ

Microsoft SharePointのシングルサインオン

Javaポータルの統合(JSR-168、JSR-286、WSRP)

電子メールサーバー(POPおよびIMAP)

Microsoft Exchange 2010のサポート

Microsoft Exchangeサーバーの統合

ディレクトリサーバー(Active DirectoryおよびLDAP)

Apache Tomcatの統合

改良されたAdobe Flashビデオプレーヤー

Javaの双方向の統合

カスタムパスから読み込まれるJavaクラス

CFCからのJavaダイナミックプロキシ

JavaクラスからCFCを呼び出す機能

ColdFusion Builderとの密接な統合

セキュリティ

Windows NTドメイン認証

XSSおよびCSRFから保護するための組み込み機能

ログインメカニズム

セッションCookieの管理

サーバーマネージャとモニター

デスクトップベースのサーバーマネージャ

Webベースのサーバー管理

管理API

コンパイル形式アプリケーションのデプロイ(ソースなし)

サーバーモニタリングダッシュボード

 

* - Standard Editionでは、CFTHREADを介して生成可能なスレッドの最大数は10です。CFTHREADで11以上のスレッドが生成されると、そのスレッドはキューに登録されます。Enterprise Editionにはこのような制限はありません。

— ColdFusion Standard Editionの機能制限:Enterpriseの各機能は、Enterprise Feature Router(EFR)を介して実行されます。これらの機能はStandard Editionで実行されます。ただし、EFRを介して実行される機能は、いずれも一度のリクエストにつき1つずつ処理されます。

ColdFusionサポーサポートマトリックス(英語)

ColdFusion購入ガイド(英語)