主要コンテンツ管理システムとの統合

Adobe Experience Manager
Adobe Experience Manager(AEM)6.1、6.2、6.3、6.4
Microsoft Office SharePoint Server
Microsoft Office SharePoint Server 2010、2013、2016
EMC
EMC Documentum Server 6.7、7.2
CMS/CCMS:CMS
統合先FrameMakerのバージョン:2019 release、2017release、2015 release
CMS/CCMS:CMS
統合先FrameMakerのバージョン:2019 release、2017 release、2015 release、12、11
CMS/CCMS:CMS
統合先FrameMakerのバージョン:2017 release、2015 release、12、11
お問い合わせ:Ashish Mathew Cherian、インサイドセールス、ディレクター
+91 9650024040 | amathewc@adobe.com
お問い合わせ:Ashish Mathew Cherian、インサイドセールス、ディレクター
+91 9650024040 | amathewc@adobe.com
お問い合わせ:Ashish Mathew Cherian、インサイドセールス、ディレクター
+91 9650024040 | amathewc@adobe.com
統合方法:
XML Documentation for Adobe Experience Managerは、企業クラスの強力なDITA CCMSです。オーサリング、Webベースのレビュー、共同作業、翻訳、プロジェクト管理、デジタルアセット管理、レポート、マルチチャネルパブリッシングなど、企業コンテンツワークフローの重要なプロセスをすべて効率的に管理できます。
Experience Managerとシームレスに統合されたFrameMaker (2019 release) をお試しください。FrameMakerのリポジトリ検索機能を使用すると、Experience Managerのリポジトリ内を検索できます。FrameMaker の新しいレビューコメントポッドを使用すると、レビューコメントの同期、表示、返信をリアルタイムで行えます。更新された環境設定ダイアログボックスでは、Experience Manager のファイルのチェックインとチェックアウトを設定できます。
統合方法:
Windows SharePoint Service(WSS)およびMicrosoft Office SharePoint Server(MOSS)によって提供されるフロントページRPCとWebサービスインターフェイスを使用して、FrameMakerとやり取りします。
統合方法:
EMC DocumentumのDFS(SOAベースのインターフェイス)を活用し、Documentum Contentサーバーと連携します。

Bluestream
Bluestream XML Content Solutions
DITAToo
DITAToo
Vasont Systems
Vasont CMS、Vasont SaaS CMS、Vasont DITA CMS
CMS/CCMS:CCMS
統合先FrameMaker のバージョン:2015 release、12、11、10、9、8、7.2
CMS/CCMS:CCMS
統合先FrameMakerのバージョン:2015 release、12、11
CMS/CCMS:CCMS
統合先FrameMakerのバージョン:2017 release2015 release、12、11、10、9、8、7.2
お問い合わせ:Scott Prentice、Leximation
お問い合わせ:Tiffany Aldous、営業部長
問い合わせ:Suzanne Mescan、マーケティング部長
717-764-9720 x392、直通 717-793-3900 smescan@vasont.com
統合方法:
統合はLeximation, Inc.のDITA-FMxプラグインとXDocsFMxコネクターを通じて実現します。XDocsリポジトリとFrameMaker間のシームレスな相互運用性を可能にします。FrameMakerのGUIから直接CCMSコンテンツにアクセスし、簡単に参照、チェックイン、チェックアウトできます。
また、この統合ではFrameMaker Serverを経由したXDocsからの自動パブリッシングをサポートします。
統合方法:
DITAToo DITA CCMSはネイティブのFrameMaker FDKを使用してFrameMaker と統合します。DITAToo とFrameMaker の緊密な統合により、FrameMaker ユーザーインターフェイスから主要機能を実行できます。例えば、リポジトリ全体のナビゲート、チェックインとチェックアウト、リポジトリ内のファイルやフォルダーの移動と名前変更などを実行できます。DITAToo はすべての関連リンクを自動的に更新して、DITA トピックやマップが使用されている場所の表示、依存ファイルのチェック、フォルダーの作成、リポジトリへのトピックとマップのアップロード、バージョン履歴の表示などを可能にします。
統合方法:
Vasont Universal Integrator(VUI)Extensionは、FrameMakerとVasont CMSの完全統合を可能にします。これにより、組織は多言語コンテンツを複数のメディアチャネル向けに開発、管理、提供することができます。FrameMaker用VUIを使用すれば、Vasont CMSユーザーは、ツールバーのメニューオプションからVasont CMSの機能に簡単にアクセスしながら、構造化コンテンツを開発することが可能です。ライターやエディターの方は、FrameMaker のユーザーインターフェイスから、Vasont CMS に保存されたテキスト、画像、マルチメディアを探したり、再利用したりできます。また、製品を交互に切り替えることなく、ワークフロータスクにアクセスして、作業に優先順位をつけて、スケジュールに沿ってプロジェクトを進めることもできます。
詳しい情報:XDocsFMx
詳しい情報:DITAToo

Schema ST4
SCHEMA ST4
Schema ST4
Sirius CMS
FCT Tim
TIM
CMS/CCMS:CCMS
統合先FrameMaker のバージョン:2017 release、2015 release、12、11
CMS/CCMS:CMS
統合先FrameMakerのバージョン:2017 release2015 release、12、10、11、9、8、7.2、7.1、7.0、6.0、5.5.6
CMS/CCMS:CCMS
統合先FrameMaker のバージョン:2017 release、2015 release、12、11、10
お問い合わせ:Sebastian Göttel、営業およびマーケティングVP
0049-911-586861-0 | sebastian.goettel@schema.de
お問い合わせ:Torsten Kuprat、CEO、Sirius CMS開発責任者
0049-911-37 66 75-21 | info@acolada.de
お問い合わせ:Kerstin Schlegel、マーケティング責任者
+49 7738 92 94-0 | schlegel@fct.de
統合方法:
SCHEMA ST4 とFrameMaker との緊密な統合により、コンテンツの編集および文書のパブリッシングが可能です。FrameMakerのエディターインターフェイスを使って、ユーザーはCCMSでコンテンツを作成したり、既存のコンテンツコンポーネントやメディアアセットを再利用できます。
統合方法:
Sirius CMSでは、FrameMakerを統合してXML/SGMLエディターおよびパブリッシングツールとして使用できます。FrameMakerユーザーは、XMLまたはSGMLを使用するにあたって、Sirius CMS アセットデータベースの画像を自分の文書で再利用できます。また、通常FrameMakerでは使用できないフォーマットの画像を扱うことも可能です(PowerPointのスライドを画像として使用するなど)。さらにSirius CMSは、XMLまたはSGML以外の、バイナリ形式のFrameMakerファイルにも対応しています。DITAユーザーはDITAを引き続き使用できます。Sirius CMSではFrameMakerを使用したDITAコンテンツの編集、パブリッシングが可能なだけでなく、コンテンツと画像に対してSirius CMSの最高の管理機能を使用できます。
統合方法:
TIM が提供するコンテンツ管理システムは、FrameMaker との統合を強化します。TIMにはFrameMaker (2017 release) およびFrameMaker XML Author用の統合インターフェイス(プラグイン)が用意されています。モジュールおよび文書レベルでの構造化コンテンツ管理やメンテナンスを行うためのエディターとしてFrameMakerを使用できるほか、複合かつ自動化されたパブリッシング機能としても使用できます。また、エディターではプラグインを介して、コンテンツ管理システム、TIM など、FrameMaker の各種機能を直接使用できます。例えば、モジュールの変更と保存、画像データベースへのアクセス、技術資料やデータシート、製品カタログの検索や更新から自動生成まで行うことができます。

 

 

 

 


DitaExchange
DitaExchange
CMS/CCMS:CMS
統合先FrameMaker のバージョン:2017 release、2015 release
お問い合わせ:Kent Sorensen、CEO 兼社長
統合方法:
Windows SharePoint Service(WSS)およびMicrosoft Office SharePoint Server(MOSS)によって提供されるフロントページRPCとWebサービスインターフェイスを使用して、FrameMakerとやり取りします。
ご意見をお寄せください