本格的ムービーの作成に必要なすべてがここに

Premiere Elements 2020の機能


 

制作を始めましょう

パーソナル作品を自動作成
起動するだけで、お持ちの写真とビデオから美しいスライドショーやコラージュが自動的に作成されます。Adobe SenseiのAI技術を活用。*
ホーム画面から始める
新しいホーム画面には、新機能の使い方や、作品づくりに役立つチュートリアルやヘルプが表示されるので、やりたいことがすぐに始められます。
 

ステップバイステップのガイド付き編集

プロ並みに仕上がる23種類のガイド付き編集機能
驚くようなムービー、ビデオ作品、エフェクトも、ステップバイステップ式ヘルプを使えばかんたんに作成でき、アレンジも思いのままです。
ダイナミックなタイムラプスビデオの作成
一連の写真またはビデオから、アクションシーンがスピードアップするタイムラプスを作成できます。
写真の空をアニメーション化
静止画の空から動きのある背景に置換しましょう。思わず目をとめる効果があります。
ビデオに合わせてフレームを埋める
縦長のクリップや写真を横長のビデオ(またはその逆)に合わせて、シームレスに表示します。ビデオに合わせて黒いバーが埋まります。
窓ガラス効果
ビデオにオーバーレイを追加して、映像の動きをガラス越しに見ているような印象的なワイプを作成します。
ルミナンスフェードトランジション
最も暗い色から最も明るい色にフェードインすることにより、シーンの移り変わりをドラマチックに演出できます。
モーションタイトル入りのフリーズフレームを作成
躍動するシーンの一瞬を止めて、印象的なモーションタイトルを追加できます。
楽しいバウンスバック(再生・逆再生)エフェクトの作成
ステップバイステップのガイドに従って、ビデオの一部のシーンで再生と逆再生を繰り返すエフェクトを作成できます。できあがった作品は、アニメーションGIFまたはビデオクリップとして書き出せます。
アクションカメラ映像をすばやく補正
アクションカメラ映像の補正もガイドを使えば簡単。高度なトリミング、カラー補正、レンズの歪みの補正ができ、見違えるような映像になります。
アニメーションをSNSに投稿
ショートビジュアルストーリーを作成し、テキストまたはアニメーションテキストを付けて、ソーシャルサイトに投稿します。†
プロ並みのタイトル、特殊効果でドラマチックに
注目度抜群のエフェクトとタイトル
スローモーションとファストモーションエフェクトを作成、タイトルテキスト内に映像を表示、複数のクリップにエフェクトを一括適用、モノクロシーンの中で1色だけを鮮やかに浮き立たせます。
 

驚きの自動編集機能

粗いビデオを改善
暗いところでビデオを撮影しましたか?光量不足でノイズの入った映像はノイズを軽減エフェクトをドラッグ&ドロップするだけでクリアになります。
自動化で創造力を発揮
写真およびビデオの自動化でかんたんに編集できます。お好みでオリジナリティを加えることもできます。Adobe SenseiのAI技術を活用。
ムービーファイルをすばやく作成
HEIFとHEVCサポートを拡張
Windows、macOSのいずれでも、HEIF写真ファイルとHEVCビデオファイルの読み込みと編集ができます。
クイック編集モードで簡単にムービーを制作
ビデオのトリミングも手順に従うだけ。シーンラインを活用し、クリップ、写真、タイトル、音楽などを組み合わせれば、オリジナルムービーが完成します。
顔検出で人物に注目
スマートトリム、パンとズームで利用できる自動顔検出機能により、特定の人物を常に画面中央に表示することができます。
スマートトリミング
状態の良くない映像素材を自動的にカットし、良い部分のみを残しましょう。スマートトリミングを使えば、ビデオのスタイルにもとづきベストシーンのみを自動的に選んで編集できます。Adobe SenseiのAI技術を活用。
スナップ写真の場面
「あの場面を写真で残したかった」ということがありますね。ビデオ素材から、とっておきの瞬間を自動的に抽出できるようになりました。Adobe SenseiのAI技術を活用。
ムービーに合わせて音楽をリミックス
音楽ファイルがムービーの長さに合わせて自動的にリミックスされます。リミックスでは違和感のない自然なサウンドが再現されるので、音楽のムードが壊れるようなことはありません。
手ぶれを補正
アクションカメラなどの撮影でありがちなぶれを自動的に補正し、美しい映像に仕上げることができます。
魅力的なビジュアルの作成
動きに追随するモーションタイトル、映画風アレンジ、エフェクトを加えます。クリップのカラー補正も、写真のカラー補正と同じくらい簡単にできます。
最高品質のサウンドを創出
オーディオで雰囲気を強調
サウンドを簡単に微調整し、50以上の楽曲と250以上の効果音でビデオに感動をプラスできます。
写真合成のワザを応用
写真合成のワザを応用
別のクリップのカラーやテクスチャを適用したり、署名や著作権情報を透かしとして追加したりできます。
スマートな機能が作業を効率化
スマートな機能が作業を効率化
ムービー全体を対象に、カラーや明るさの微調整、不要なビデオクリップの削除、さらにはプロ品質のサウンドを実現するオーディオのバランス設定など、手間のかかる作業を自動化できます。
かすみを減らす
動きに追随するモーションタイトル、映画風アレンジ、エフェクトを加えます。クリップのカラー補正も、写真のカラー補正と同じくらい簡単にできます。
HDを超える4Kの美しさ
HDを超える4Kの美しさ
高解像度の4Kムービーを編集、再生。美しさを極めた映像表現が可能です。‡
VFRのサポート
VFRのサポート
Premiere Elements可変フレームレート(VFR)をサポートしています。
 

魅力的な作品づくり

パーソナル作品を自動作成
起動するだけで、お持ちの写真とビデオから美しいスライドショーやコラージュが自動的に作成されます。Adobe SenseiのAI技術を活用。
目を見張るスライドショー
ワンクリックでベストショットを自動的にピックアップ。ショートビデオと組み合わせてスタイリッシュなアニメーションスライドショーができ、カスタマイズも可能です。
コラージュの作成
たくさんの思い出が詰まった写真やビデオからダイナミックなコラージュを作成できます。
洗練されたムービーがたちまち完成
素材とテーマを選べば、自動編集であっという間にムービーが完成。インスタントムービーなら、BGM、タイトル、特殊効果などもすべておまかせです。
メモリアルムービーの制作はおまかせ
メモリアルムービーの制作はおまかせ
ビデオストーリーを使用すれば、ストーリーのタイプを選び、チャプターごとに素材を指定するだけ。後は自動で、あっという間に本格的な作品が完成します。
 

手間なく写真を整理

スマートタグでビデオをすばやく検索
夕焼け、誕生日、犬や猫など、ビデオの被写体にもとづいて、自動的にタグが付けられます。Adobe SenseiのAI技術を活用。
顔で検索
読み込む際にビデオの中の顔が自動的に認識され、人物単位で仕分けられます。後から人物をタグ付けし、検索するのに便利な機能です。Adobe SenseiのAI技術を活用。
自動的に整理
たくさんのフォルダーの中の撮りっぱなしのビデオを、日付、被写体、人物、撮影場所、イベントごとに自動的に整理。
検索がさらに簡単に
検索がさらに簡単に
人物や撮影場所、イベント、アルバム、お気に入りなどを組み合わせて検索すれば、見たいビデオがすぐ見つかります。
 

思い出を楽しく共有

楽しいバウンスバック(再生・逆再生)エフェクトの作成
ビデオの一部の再生と逆再生を繰り返すエフェクトを作成します。できあがった作品は、アニメーションGIFまたはビデオクリップとして書き出せます。
アニメーションをSNSに投稿
ショートビジュアルストーリーを作成し、テキストまたはアニメーションテキストを付けて、ソーシャルサイトに投稿します。†
作品を公開
作品を公開
ビデオは、YouTube、Vimeo、ご自分のWebサイトなどにすばやくアップロードできます。標準DVDライターでHD品質のビデオをDVDに書き出すことも、高品質の4Kでビデオを公開することもできます。†‡
多彩な形式で最適なムービーを簡単に書き出し
多彩な形式で最適なムービーを簡単に書き出し
Premiere Elementsの推奨設定を使うだけで、iPad、4K、HDテレビ、従来のTV方式(4:3)に加え、ワイドスクリーン(16:9)などでも美しく再生できるビデオを書き出せます。‡
* 本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)に連携またはアクセスできる場合があります。オンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー( www.adobe.com/go/terms_jpを参照)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。サポート対象の4Kカメラは、GoProHero 4 Black、Samsung S8、DJI OSMO X3、DJI Mavic Pro、DJI Phantom 4、iPhone 8+、iPhone Xです。