リピートグリッド

デザイン作業中に自動的に調整されます。

macOSとWindowsで利用可能

シンプルな制作環境

コンポーネントのデザインと編集作業はシンプルで、何度も微調整を繰り返す必要はありません。オブジェクトの追加、削除、サイズ変更をおこなえば、コンテンツに応じたレイアウトにより自動的にオブジェクトの位置と間隔が揃います。調整はスマートコントロールでおこない、すぐに作業を先に進めることができます。

微調整を自動化

オブジェクトの移動やサイズ変更などの簡単な編集は、コンテンツに応じたレイアウトで自動化しましょう。

いつでも柔軟に編集可能

調整はカンバス上で。固定構造やレイアウト構築はありません。

共有して作業を前進

デザインシステムにコンポーネントを追加すれば、ほかの人も対応しやすく、一貫性を保つことができます。

仕組み

1

コンポーネントを作成する

カンバスで複数のレイヤーを選択し、右クリックして「コンポーネントにする」を選択します。

パディングとスタックを有効にする

スイッチをタップして、コンテンツに応じたレイアウトのコントロールを有効にします。パディングでは背景レイヤーに応じて調整された値が保存され、スタックではオブジェクトが垂直または水平方向に均等に並びます。

コンポーネントを編集する

コンポーネントに含まれるオブジェクトを追加、削除またはサイズ変更すると、「コンテンツに応じたレイアウト」により自動的にレイアウトが調整されます。

技術を学ぶ、探す、詳細を見る

無料のヒント、ツール、チュートリアルでXDをマスターしましょう。

すぐに導入をご希望の場合

無料のAdobe XDスタータープランをダウンロードできます。macOSとWindowsで利用可能。